Subhuman

ものすごく薄くて、ありえないほど浅いブログ。 Twitter → @Ritalin_203



こんにちは。これです。今回のブログも映画の感想になります。


今回観た映画は『サヨナラまでの30分』。 北村匠海さんと新田真剣佑さんの4作目の共演作です。実は私この映画の撮影にエキストラとして参加させていただいたんですよね。楽しかったですよ。俳優さんも間近に見れましたし、色々な格好をすることができましたし。


それはさておき感想を始めたいと思います。拙い文章ですがよろしくお願いします。 



CA18EE09-7290-4A6E-8AAC-FA25DB7F86FB




ー目次ー

・見どころの多い撮影
・俳優さんと音楽が素晴らしい 
・上書きと喪失からの再起




ーあらすじー

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。
実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。
「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。
アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、
「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。
すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——。

(映画『サヨナラまでの30分』公式サイトより引用)



映画情報は公式サイトをご覧ください。






 

・見どころの多い撮影


まずこの映画で注目すべきは、その青春映画としての強度ですよね。アキとカナのキスやバンドの楽しそうなセッションなど、青さや若さを感じさせるシーンが多数。しかもそれらが全く嘘っぽくないのが凄いところ。これは色々なところで言われてますけど、撮影の今村圭佑さんの功績が大きいと思います。


今村さんといえば『帝一の國』や『新聞記者』などの撮影で知られる名カメラマン。個人的にも、2018年のベスト4『志乃ちゃんは自分の名前を言えない』や2019年のベスト2『ホットギミック』といった映画は大好きで、密かに気になっている方ではありました。


そして、その撮影技術はこの映画でも健在。まず特筆すべきはオープニング。ここではECHOOLやアキとカナの5年間を音楽に乗せながらダイジェストで流すわけですが、ここの快感がまず半端ない。アキとカナのアップから少し引いてみたりと変幻自在、的確な撮影でセリフがなくても彼ら彼女らの積み重ねた年月が分かるという離れ業を披露していました。荻原監督の演出や編集の力もありますが、映画に引き込むという意味ではこれ以上ない働きをしていたと思います。


さらにその後も俳優さんたちに寄り添うカメラワークが次々披露されます。密着しているというわけではなく丁度いい距離感。新田真剣佑さんや北村匠海さんら俳優さんたちをかっこよく魅力的に撮影することに成功していて、もうこれだけで満足感を覚えるほどです。後ろにいた女性も見終わった後に


さらに、月明かり差し込む部屋で連弾をする颯太とカナ満天の星空のもとで背中合わせに寄り添う颯太とカナなど印象的なシーンも多数。撮影によって映画はここまで左右されるのかと驚きました。もちろん今村さんだけじゃなく指示を出した荻原監督も凄いですけどね。


個人的に印象に残ったのが、俳優さんをぐるりと映すカメラワーク。臨場感があって、それが俳優さんの魅力を最大限にまで引き出すことに繋がっているのかなと感じました。



60EBEC38-21D9-4E48-8975-8C124D374243










・俳優さんと音楽が素晴らしい

 
もちろん俳優さんの演技自体も素晴らしくて。特に主演の北村匠海さんと新田真剣佑さんは両者ともベストアクト級の演技でした。


まず北村匠海さん。素の颯太と颯太と入れ替わったアキの二役を演じていました。『影踏み』に続く一人二役でしたが、この映画では両者の差異がより際立っていた印象です。颯太のボソッとした自信なさげな喋り方と、アキの軽やかな性格の切り替わりが一瞬にして完了していて出色の存在でした。


さらに、物語が進むにつれて颯太自身にも新たな一面が見えてきますし、アキに対して声を荒げるシーンの迫力は凄かった。そしてフェスの出番の前の複雑な演技も見事にこなしていて、一人で三役も四役もやってましたね。その演じ分けが抜群に良くて、この映画のMVP最有力候補だと思います。もう一人の自分を見る目つきが特に好きでした。


その北村匠海さんに肩を並べる活躍を見せたのがアキを演じた新田真剣佑さん。アキはとにかくポジティブなキャラクターで、自信が迸る口ぶりが印象的でした。一生体を貸すと言われた時のはしゃぎっぷりといったら。


でも、アキって颯太がスイッチを押さなければ、この世に存在することができないので受け身なキャラクターでもあるんですよね。主張しているんだけど主張しすぎないというその塩梅が絶妙でした。上書きされていると分かってからの影が出てきたところも、そういう雰囲気がバンバン出ていて良きでした。


また、この映画では他の俳優さんたちも軒並みよかったですよね。例えばこの映画のヒロイン・カナを演じた久保田紗友さん。最初の拒絶っぷりはハマってましたし、そこから徐々に颯太に心を許していくグラデーションが上手い。ソウタとの連弾のシーンのいじらしさといったらなかった。これからも注目していきたい女優さんがまた一人増えました。


さらにギター・ヤマケンを演じた葉山奨之さんはバンドのことを誰よりも想っている感じが、ベース・森を演じた清原翔さんは皆を見守る父性さえ感じさせる雰囲気が、ドラム・重田を演じた上杉柊平さんはやや粗暴な中に覗かせる熱情がそれぞれ良かった。筒井道隆さんや牧瀬里穂さん松重豊さんらも、若いキャストを支える安定した演技を披露していましたし、相乗効果で映画の魅力が何倍にも上がっていましたね。俳優さんたちの演技だけでも満足度はかなり高いです。



C63E092D-1A12-4C04-92DC-0DC88B67BDCF




この映画は“青春音楽映画”と銘打たれています。となると音楽が映画の出来を大きく左右しますが、この音楽もまた最高でした。andropの内澤崇仁さんがプロデュースした楽曲群はどれも耳に残るものばかり。これらの良質な劇中歌が映画の盛り上げに大きく寄与していましたね。


ある歌はオープニングで疾走感たっぷりに。またある曲はギターの弾き語りで始まり徐々に盛り上がっていく。ピアノの伴奏でしっとりとさせつつ、最後にはフェス向きのシンガロングもあるバラード。どの曲を取ってもシーンにバッチリ合っていて映画を加速させていっていました。


さらにそれを歌う北村匠海さんと新田真剣佑さんの歌声も素晴らしい。北村匠海さんはそっと側にいるみたいな歌声で、DISH//で積み重ねてきたものを感じます。また、新田真剣佑さんもその格好いい風貌から発せられる優しい歌声はギャップがあってやられそうになりました。いいです。実にいいです。


それらも含めて個人的に1番好きなのはやっぱり最後の「真昼の星座」ですかね。北村匠海さんと新田真剣佑さんの両方のボーカルが聞けて眼福ならぬ耳福。さらに、「この声を この言葉を この歌を ずっと」というのがECHOOLの願いのように響いて、またテーマにも合っていて感動しました。エキストラに参加させていただいた2日間で聴き浸った曲ですが、映画のマジックで全く新鮮に聴こえたのも嬉しい驚きです。


このように、『サヨナラまでの30分』には撮影、演技、音楽など素晴らしい点は多々あり、これはすぐにでも観てほしいのですが、私が一番好きなのはこの映画が描いたテーマなんですよね。それは「上書き」という言葉に集約されると思います。



8D266691-C812-4C50-92D4-15999CD79C57












※ここからの内容は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。


・上書きと喪失からの再起


カセットテープを再生することで颯太と入れ替われることに気づいたアキ。そこからはソウタの体を借りて思いのまま。面接では得意のトークを生かして喋り倒して、バンドメンバーを焚きつけてECHOOLを再結成させるように仕向けます。


最初は戸惑っていた颯太でしたが、アキのバンドに懸ける思いに感化されたのか徐々に心を許していきます。自分でも知らない一面も引き出されて、颯太自身にも前向きな変化が現れます。

ただ、颯太がECHOOLとの関わりを深めていくなかでアキが入れ替われる時間は徐々に短くなっていきました。ここで登場するのが上書きというキーワードです。


カセットテープでアキになっている間、颯太の人格は俯瞰しています。そこでアキとの過去の思い出を垣間見ます。その謎を颯太はカセットテープがアキの記憶そのものであったと理解。カセットテープはアキが何度も上書きしながら使っていたものでECHOOLの歴史がそのまま詰まっていました。


しかし、ところどころで誰とも知らずに押される録音ボタン。カセットテープにはその分颯太とカナ、ECHOOLの思い出が上書きされ、アキの記憶は短くなっていました。だからアキが入れ替われる時間も短くなっていったというわけですね。ここでカセットテープの中の出来事と映画の中の現実とがリンクしていきます。それは喪失からの再起です。


アキは1年前に交通事故で亡くなってしまいました。それを機にECHOOLは一度解散。メンバーはそれぞれの道に進んでいきます。しかし、「1秒でも何かしていないとアキのことを思い出してしまう」というカナをはじめとして、ECHOOLを解散してもどこかアキの幻影に付き纏われています。



E341B7CB-9940-4019-ACB0-A4730C7B05D7



思えば、人生において喪失はつきものです。出会いがあれば別れもあるとは使い古された言葉ですが真理でしょう。親はいつか死にますし、もちろん自分も。そうでなくても彼氏彼女と別れたということも喪失に含まれるでしょう。


喪失に対する周囲の反応は様々です。それこそ苦しんでる悲しんでる遺族を慰めようと声をかけてくる人もいるでしょう。ただ、颯太のようにそれが却って負担になってしまうこともある。まぁ放っておけばいいというわけではないので難しい問題ですけどね。


まさか遺族に対して「死んだ人のことは忘れなさい」という人はゆめゆめいないと思いますし、いたとしたら相当デリカシーがない。でも、彼氏彼女と別れたという相談に対して「忘れてしまえば」と答える人がいるのはなぜでしょうか。まだ若いんだからなんて言って。最後の恋愛になるのかもしれないのに。


でも、忘れられるわけがないんですよ。その人のことを深く想っていれば想っているほど、ふとしたときに思い出して悲しむことになる。振り返ってばかりで前に進めない自分を責める人もいるかもしれません。そうなったら再起からは離れていく一方です。


そこにこの映画は忘れなくてもいいというんですね。カセットテープが上書きされても元々のデータを残しているのと一緒です。記憶は積み木ように積み重なっていて、その上にまた新しい積み木を置いていけばいい。前に進むことは別れた相手に対する裏切りにはならないんですよ。だって思い出は上から見た積み木みたいに、真昼の星座のように目には見えなくてもそこにあるから。


だからこの映画ではアキがいなくなってしまうという終わり方なんですけど、バッドエンドではないんですよ。だってECHOOLの礎には絶対にアキがいて、それはなくならないから。彼ら彼女らの中にはアキがいつづけるんですよね。上書きされても消えない記憶のように。いなくなることをアキ自らが選択したのがまた良いですよね。颯太にこれからを託すというバトンタッチの意味合いもあって最高に好きです。



6C666BA1-2878-4BFF-B386-382079904225



さらに良いのがこの映画が余計なエピローグなくスパッと終わったことなんですよね。ECHOOLが、颯太が歌い終わったところ、盛り上がりが最高潮のところで終わってる。でも物足りなさは全く感じない。


それはなぜかというとこれからもECHOOLが続いていくことが、その礎にはアキがいることが容易に想像できるから。もうその先まで物語と歌で語り尽くしてる。だから、これからも頑張ろうなという再確認のようなエピローグはいらないわけです。


先にも述べたように人生に喪失は付きものです。大人はもちろんですが、若い人でさえも、学生時代に仲良かった友達と離れ離れみたいな喪失は経験していると思います。なのでティーン向け青春映画と間口を狭めず、ぜひ多くの方に観ていただきたいです。積み重ねることの大切さを描いていて来するものがあるのではないかと。


3BACC9A1-935F-461C-9CAA-231D71DA8226













以上で感想は終了となります。映画『サヨナラまでの30分』。あらゆる要素が素晴らしい今年ここまでで一二を争う傑作映画だと思います。興味のある方は是非ご覧ください。オススメです。


お読みいただきありがとうございました。

 
おしまい


 

☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆

 

 



こんにちは。これです。今回のブログも映画の感想になります。


今回観た映画は『ジョジョ・ラビット』。第二次世界大戦下のドイツを舞台に、ナチス信奉者の少年と、ユダヤ人の少女のボーイミーツガールを描いた映画です。ナチスやヒトラーを描いているということで、賛否両論あるこの映画。ただ、アカデミー賞の作品賞にノミネートされているからには悪い映画ではないはず。そう思って、重い腰を上げ、眠い目をこすりながら観に行ってきました。そして、観た結果、非常に好みの映画となっておりました。


それでは、感想を始めたいと思います。拙い文章ですがよろしくお願いします。




fia





映画情報は公式サイトをご覧ください。




※ここからの内容は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。











この映画の舞台は第二次世界大戦下のドイツ。鏡の前に立つ10歳の少年ジョジョのシーンから始まります。鏡に向かってナチスに誓いを立てるジョジョ。彼を演じたのは、今作が映画初出演となるローマン・グリフィン・デイビスという少年。ビジュアルだけ見れば、すぐ調子に乗りそうな少年でしたが、反対に心根は優しく、随所随所の葛藤するシーンはこの映画の見どころの一つでした。また、終盤の戦争に対する反応も、絶望よりも先に戸惑いが来ていてよかったと思います。


これから訓練を受けようというジョジョですが、内心は不安で一杯。空想上の友達、イマジナリーフレンドに話しかけます。そのイマジナリーフレンドは、なんとヒトラー。ナチスの元凶をこんなにもポップに召喚するなんて、タブーを恐れない勇敢さです。このヒトラーを演じたのは、今作で監督・脚本も務めたタイカ・ワイティティ。最初はコミカルな演技をしていましたが、物語が進むにつれて口調がどんどんと扇情的になっていったのは上手かったですね。顔のインパクトも上々でした。


この映画って最初は明るくポップなんですよね。最初のダンスは思わず笑ってしまうほどでしたし、オープニングにビートルズの「I Wanna Hold Your Hand」を持ってきたのも楽しい演出でした。また、ジョジョとヒトラーが並走するシーンもあり、そこの勢いもなかなかでした。


でも、やっていることはわりときついんですよね。ジョジョは道行く人に「ヒトラー万歳」と挨拶していますし、それが普通になってしまっているのは、現代から見ると狂っていると感じずにはいられません。途中、30回ぐらい「ヒトラー万歳」が連呼されるシーンがありましたからね。笑ってはいけないと思いつつもあまりのしつこさが滑稽に感じてしまいます。


さらに、10歳かそこらの少年に軍事の訓練をさせるのは、日本も人のことは言えないですけど、やっぱりイカレてますし、銃を握らせたり、手榴弾を投げさせたり狂気の沙汰ですよね。さらに、戦地に行くことができない女性にもできることがあるといって産めや殖やせやを奨励しています。極めつけは、大昔ユダヤ人は魚と交尾していたなど、ナチズムに則った間違った価値観の植え付け。戦時下の異常事態がテンポよく映されて、ただ観ているだけなら楽しんですけど、恐怖を感じてしまうほどでした。




fic




しかし、ジョジョは心根の優しい少年。訓練でウサギを殺すというなかなかきつい訓練がありましたが、ジョジョは殺せず逃げ出してしまいます。周囲からは「ジョジョ・ラビット」と呼ばれからかわれてしまいますが、ここでジョジョが殺してたら、彼の中での殺しのハードルが低くなっていたことを考えると本当に良かった。


落ち込むジョジョでしたが、ヒトラーに発破をかけられて走り出します。手榴弾の訓練中に教官から手榴弾を奪い投げますが、木に跳ね返って手榴弾はジョジョの足元で爆発。ここ爆発のシーンがジョジョが、絞り出されたマヨネーズみたいにぴゅーっと横跳びしていて、謎におかしかったので、もうちょっとどうにかならなかったのかなとは感じました。


あと、教官を演じたのはサム・ロックウェルで、同日公開の『リチャード・ジュエル』に続いての出演。全然違う厳しめの演技を見せていましたね。個人的には『リチャード・ジュエル』のサム・ロックウェルの方が好きですけど。


ここでジョジョは負傷してしまい、顔にあざがつき訓練を続けることは不可能になります。ポスターを貼ったり、ビラを配ったりするジョジョ。使えるものは何でも使えとばかりに、子供でも容赦なく動員するところに戦争の恐ろしさを感じましたし、反ナチス運動をしていた人たちが見せしめとして、縊首されたまま広場に放置されていたのはなかなかくるものがありました。


実は、ジョジョの母親のロージーも反ナチス運動をしていて。戦争には負けると冷笑的な見方をしているんですよね。このロージーを演じたのが、世界的大スターのスカーレット・ヨハンソンでしたが、この映画の面白いところって途中までスカーレット・ヨハンソンが結構やりたい放題やっていることなんですよね。


暖炉から炭を取って口周りにつけて、父親のふりをするところは、彼女のオンステージといった感じで思わず笑ってしまいました(父親は外国の戦場に行っていて2年ほど返ってきていない設定)。靴ひもを結べないジョジョをからかうのも面白かったですし、自転車で並走するところなんて良い母親過ぎて、きつめの世界観の中でしたけど、少しほんわかしました。匿っているユダヤ人の少女エルサに優しくしていたのもポイント高い。スカーレット・ヨハンソンのいろいろな表情が観られるので(途中までは)、彼女のファンなら見て損はないと感じました。












訓練に行けないジョジョは、家で過ごす時間が多くなります。そのときキッチンから謎の物音が。訓練の最初に貰ったナイフを駆使して開けてみると、そこには少女がいました。最近『パラサイト』で見た展開や!とも思いましたが、ロージーが意図的に匿っていたので違いますね。彼女の名前はエルサ(アナ雪?)。ナチスが迫害しているユダヤ人の少女でした。彼女を演じたトマーシン・マッケンジーはジョジョをリードするお姉さんっぽいサバサバした雰囲気を備えていて、そこが芯の強いエルサにはまっていましたね。


と、ここからはジョジョとエルサの中が深まっていくという展開なのですが、正直このあたりあまり覚えていないんですよね……。ウトウトしてしまっていて。作品に全く罪は無く、100%私のせいなんですが、今日は一日中眠くて。これを書いている今も眠いですし、一秒でも見逃してしまったのは悔しかったですね。目が覚めたらスカーレット・ヨハンソンのオンステージで、そこのインパクトはすごかったんですけど......。


ただ、結構ロマンティックだなというのは覚えていて。エルサにはフィアンセがいたんですけど、ジョジョはこのフィアンセのフリして手紙を書いて読むんですよね(『ラストレター』?)。最初はエルサを傷つけようとして「別れよう」という手紙を書くんです。ヒトラーにも「なかなかの悪だな」と言われるくらい。ただ、ここでジョジョの優しさが出てしまって。実際にエルサが凹んだのを見ると、「やっぱり別れない」という手紙を書くんですよ。なんていいやつなんだと微笑ましくなっちゃいましたね。好きなシーンです。結構ロマンティックな一面もあるんですよね。この映画は。


この映画が、二人を通して描きたかったのは、やっぱり人対人で向き合うことの大切さなのかなと感じます。ドイツ人とかユダヤ人とかじゃなくて、一人の人間として接すること。これがなかなか難しいですし、できないから戦争になってしまうんですよね。私の記憶が正しければ、ジョジョがエルサに「ユダヤ人?」と聞いたシーンでは、エルサが答えを返さずに次のシーンになっていましたし、エルサもジョジョのことを「ただの10歳の男の子」と見ています。二人の間では人種の垣根はだんだんと取り払われていきます。それはすごく理想的なことではあるんですが、フィクションは理想を描くべきだと思っている私にとってはこの展開は大歓迎でした。




fie




なんで理想的なのが良いかというと、この映画が終盤になるにつれてどんどんときつい展開になっていくからなんですよね。これはネタバレになってしまうんですけど、映画の途中で反ナチス運動を展開していたロージーはナチス党に捕まって、広場の真ん中で縊首させられてしまいます。ここロージーの顔を映さずに、ふらふら揺れる下半身のみを映していたのがショックでしたね。意地の悪い演出です。だからこそ、途中で引いて全体像を見せるシーンは個人的にはいらなかったのかなと感じてしまいました。


母親を失って、どうしようと途方に暮れるジョジョとエルサ。これに追い打ちをかけるように市街地戦が始まります。銃弾の雨あられが降り注ぐ戦場。道に倒れ込む死傷者。子供ですら容赦なく銃を渡されて、戦場へと駆り出されていきます。前半で「これはないだろ」となった軍服案まで登場させるブラックユーモアもありましたね。


個人的に一番辛かったのが、手榴弾を巻き付けられて「敵に抱きついておいで」と送り出される少年兵でした。ここ本当にさりげないシーンなんですけど、自爆攻撃を表していて、ああこんなことが特別視もされないで行われていたのかと胸が痛くなりましたよ。戦争の悲惨さ、痛々しさ、そして無意味さが伝わってきました。


この悲惨な戦争のシーンがあるからこそ、ジョジョとエルサの関係が希望として映るんですよね。人種差別や優生思想なんて関係なく、人間として向き合う。それでも分かり合えない時はありますが、きっと分かり合えるかもしれないという願いですよね。だからこそ、戦争が終わってエルサが自由に外に出ることができたラストシーンは胸を打ちました。ようやく解放されたというカタルシスがありつつ、本当はこうならなければよかったのにという悲しさがありました。それをひっくるめて踊るのは感動的でしたし、最後のリルケの詩もスーッと心に沁み込んでくるようでした。絶望は終わりではないっていう言葉良いですね。


そして、このラストシーンの前が、ジョジョが再び鏡の前で語るシーンになっているのも好きなポイント。10歳半というところでまずビビっときましたし、エルサと過ごした時間がジョジョを成長させていたことが窺えます。実はこの映画ってめちゃくちゃ真っ当な少年の成長物語でもあるんですよね。あまりに真っ当でビックリしましたけど、これは評価されるのも分かるなぁと。実際、私も大好物ですしね。この手の物語は。ナチスを扱うという難しさもあったこの映画。始まる前は身構えていましたが、着地点が鮮やかで好きな映画となりました。


でも、だからこそ言っておきたいことが。最後のヒトラーの登場要ります?あれはイマジナリーフレンドからの卒業と、優生思想を始めとしたナチズムからの解放を表していると思うんですけど、ただそれは鏡の前で喋るシーンだけで十分表現できていると思ったんですよね。文字通りケリをつけるのはいいんですけど、想像以上のスピードでぶっ飛んでいったので、少し笑ってしまいました。ここ個人的には少し蛇足に感じてしまって、惜しいなぁと思うポイントでした。全体で見ると十分好きな映画ではあるんですけどね。




fib
















以上で感想は終了となります。映画『ジョジョ・ラビット』。ナチスを扱っているという難しさはありますが、すごく真っ当なボーイミーツガールであり、少年の成長物語でもあるので、個人的には好きな映画でした。機会があればぜひどうぞ。


お読みいただきありがとうございました。


おしまい 


ジョジョ・ラビット(オリジナル・サウンドトラック)
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2020-01-17



☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆







こんにちは。これです。冬だというのにこちらは全然雪が降りません。これも地球温暖化の影響でしょうか。降っていると忌々しいものですが、いざ降らないとなると少し心配です。


それはさておき、今回のブログも映画の感想になります。今回観た映画は『リチャード・ジュエル』。巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作です。「実話」と銘打たれたこの映画、反応も上々だったので、さっそく観に行ってきました。気になるところはあったものの、好きな映画でしたよ。


では、感想を始めたいと思います。拙い文章ですが、よろしくお願いします。




fha




―目次―

・メディアのイメージが固定化されすぎている気がする
・リチャードは私たちと変わらない「人間」だった





―あらすじ―

 1996年、警備員のリチャード・ジュエルは米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。
 事件を未然に防ぎ一時は英雄視された彼だが、現地の新聞社とテレビ局がリチャードを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変。さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、リチャードの人格は全国民の目前でおとしめられていった。
 そこへ異を唱えるため弁護士のワトソンが立ち上がる。無実を信じ続けるワトソンだが、そこへ立ちはだかるのは、FBIとマスコミ、そしておよそ3億人の人口をかかえるアメリカ全国民だった――。

(映画『リチャード・ジュエル』公式サイトより引用)





映画情報は公式サイトをご覧ください。








※ここからの内容は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。









・メディアのイメージが固定化されすぎている気がする


まず、この映画を観て私が感じたことは、メディアのイメージが固定化されすぎているということです。民衆に事実を伝えるという大義名分を盾にして、その裏では当事者のことなど考えずに、プライバシーのない過熱報道を繰り返す。去年、『フロントランナー』という映画を観たときも思いましたが、メディアが思慮のない悪者扱いされることが多すぎると思うんです。まるでマシーンのように、マイクを向けカメラのシャッターを切る。そこに記者の意思など介在していないかのようです。


それは、この映画でもそうでした。この映画では新聞社に勤めるキャシーがメディアの代表として登場します。キャシーは同僚に"殺し"の記事が一面になることを茶化すように謝り、いい"ネタ"はないかと探しています。事件が起こった際も現場に居合わせ、「犯人が興味深い人物ならいい」と発言。FBI捜査官から情報を聞き出し、リチャードが容疑者であるように書き立て、スクープをすっぱ抜いたことで部内から称賛を浴びています。二人の死人が出ている事件だというのに。


そこからは、FBIの決めつけによる捜査とメディアの過熱報道がジュエルたちを追い詰めます。どこに行くにもカメラがついて回り、容赦のないフラッシュと質問の嵐にリチャードたちの精神はやられ、母親は参ってしまいます。そこからの反撃は面白かったのですが、私はこの展開を正直ありがちと感じてしまったんですよね。現代のSNSで毎日繰り返される現象を見ているようで、食傷気味で。でも、何度も繰り返して描かなければならないほど、事態はマズくなっているのかもしれないです。




fhd




昨今は新聞やテレビなどのオールドメディアの力が弱まってきて、SNSなどの新興メディアが大きな力を持つようになりました。報道番組のクルーがバズったツイートに使用許可を求めてきて、ツイート主がそれを断るといった光景はよく目にします。でも、根本にあるものは変わっていなくて。それは民衆の興味関心なんですよね。


この映画で、テレビや新聞がなぜアトランタ爆破事件を取り上げたかというと、そこには民衆の興味があるからですよ。知りたいという需要があるからですよ。メディアは需要に対して供給をしていたにすぎず、押しかける記者たちからは民衆の好奇の目が透けて見えるようです。一貫して映画の中に民衆が描かれていなかったのが余計怖い。つまり、メディアは民衆の操り人形に過ぎなかったというわけですね。この映画では。そこが観ていて少し疑問だったんですけど、これも昨今のSNSの影響を考えるとしょうがないのかなって。


SNSで日常的に行われることと言えば、犯人捜し及びバッシングだと私は思います。事件の報道があったときには必要以上に犯人を責め立てる。あたかも私法に則った法執行人のように。そして、悪者のいない問題でも、自らの方に照らし合わせて犯人を捜しては叩く叩く。それは、この映画でメディアが行ったことと何ら変わりなく、むしろメディアという媒体を介さずにダイレクトに意見を述べることができるようになったおかげで、事態はより深刻化していると思います。SNSが好奇のもとに、人を叩く道具と化していると感じるのは私だけでしょうか。


そして、叩く対象は「興味深い人間」であれば、なおのこと良しです。『ジョーカー』の感想でも書きましたけど、「無敵の人」という言説があるじゃないですか。あれ、なんで「無敵の人」というかと言うと、同じ人間じゃないと思いたいからなんですよね。自分たちから切り離された、ある種動物のように「無敵の人」を定義することで、自分たちとは違う存在だという安心感を持って叩けるわけです。



fhc














・リチャードは私たちと同じ「人間」だった


では、この映画のリチャードはどうだったのでしょうか。リチャードは一応働いてはいますが、33になっても母親の元で暮らしています。「大人なら親元から自立すべきだ」という価値観に照らし合わせれば、リチャードは異常ということができるでしょう。ここで、リチャードは「パラサイトシングル」や「子供部屋おじさん」などと類型化され、そうでない「一般人」たちからは切り離されてしまいます。それは「無敵の人」となんら変わらない言説です。


しかし、リチャードは「一般人」と何ら変わりないことが、この映画では描かれます。「一般人」と変わりないように、リチャードも自らの正義を持っていました。法執行人になるという正義感は繰り返し語られ、それは危うさをも感じさせるものでした。実際に、以前勤務していた学校ではその正義が行き過ぎて、首になっていますしね。もし、SNSをやっていたら勢い余って叩きに参加しそうなくらい。


このリチャードを演じたのは、ポール・ウォルター・ハウザー。『アイ,トーニャ』や『ブラック・クランズマン』で、浅薄な考えを持つ憎まれ役なんだけど、どこか憎めないキャラクターを演じていましたが、主役になったこの映画では印象が一変。考え方こそマシになってはいましたが、正義のもと何をするかわからない怖さが全編に渡ってありました。それは虐げられてきた人間にしか出せない怖さで、一挙手一投足からその怖さを存分に感じられる熱演だったと思います。


リチャードはその容貌から「デブ」と呼ばれて、虐げられてきました。。その中でもただ一人、リチャードのことを「人間」として接したのが弁護士であるワトソンです。この映画の冒頭は中小企業庁でリチャードとワトソンが会話する場面なんですけど、そこでスニッカーズを通じて友情を深めていく二人の様子がとても好きでして。この映画は、不都合に立ち向かう男二人の友情ドラマとしても見ることができ、なかなかの熱さを感じましたね。ワトソンを演じたサム・ロックウェルも意志の強さを感じて良きでした。




fhb




第一発見者というだけで爆弾犯の嫌疑をかけられたリチャード。メディア(SNS)の往来はやむことはありません。でも、この映画ではリチャードがワトソンとともに、メディアや国民に対して反撃をするんですよね。リチャードの犯行は不可能だと劇中で証明がなされます。リチャードの母親は涙ながらに息子の無実を訴え、リチャードはFBI捜査官に証拠もないのに疑うことの不健全さを突きつけます。それは虐げられたものの反撃であって、犯人を異常者として特別視する「一般人」の観念をひっくり返すようで、痛快なものでもありました。最後は食い入るように映画を観ている私がいました。


つまりこの映画は、ある人を類型化し、特別視して、分断するSNSの性質に歯止めをかけたいのかもしれません。確かに、映画の中では事件は解決しました。しかし、現実のSNSでは人を変え、毎日のようにリンチの再生産が続いています。様々なメリットがあるSNSですが、こういった問題が繰り返される以上、これからも同じような物語は生まれることでしょう。20年以上前の話なのに、現代と変わらない普遍性を持った映画だと感じました。メディアのイメージの固定化も、SNSに関わる私たちの危険な現状を浮かび上がらせるためには必要だったのかもしれませんね。それがイーストウッド監督が伝えたかったことなのかなと思います。




fhf













以上で感想は終了となります。映画『リチャード・ジュエル』。現代のSNSにも通じるメディアの恐ろしさを感じさせるなかなかの社会派作品となっていました。それでも、あまり重くなく観ることができるので、観ようかどうか迷っている方には観ることをお勧めします。面白いですよ。


お読みいただきありがとうございました。

おしまい
 





☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆






このページのトップヘ