つい最近まで最下位に沈んでいましたが、ここ2試合は連勝と調子を取り戻しつつあるAC長野パルセイロ。ただ、前半戦で負けが込んだのが影響し、5勝6分8敗と未だ負け越し。勝ち点21で15位につけます。一つでも順位を上げるために勝利が必要な今節の相手はFC東京U-23。4勝6分9敗の勝ち点20で17位につけるチームです。U-18の選手の出場も多く、パルセイロとしてはプロの意地を見せたいところです。


では、観戦記を始めます。ずいぶん時間が空いてしまいましたが、今回もよろしくお願いいたします。













電車とバスを乗り継いで約1時間。15時ちょっと前に1週間ぶりの長野Uスタジアムに到着しました。バスから降りてイヤホンを外すと、打楽器のアンサンブルが聞こえてびっくりしましたね。


IMG_2549

この日は最高気温が35.7℃まで上がり、長野市は3日ぶりの猛暑日になったといいます。空も青空の横に入道雲が覗くなどTHE夏という陽気でした。


IMG_2551

一般入場開始ちょっと前にはライオーが外に出てきて、サポーターと触れ合っていました。熱いのにわざわざありがとうございます。


IMG_2553

ナーーーセバンニャー ババリンティワワー


IMG_2554

ナーーーセバンニャー ワガガギィーーティワワー

あ、映画『ライオン・キング』公開中です。私はあまり好きじゃなかったんですけどね。いや、映像は凄いんですよ。ただ、お話が完コピだったのが受け付けなかっただけで。


チケットゲートをくぐり、ホーム入場ゲートへ向かうと、そこには


IMG_2556

北沢マロwithリズムオーケストラの皆さんが演奏をしていました。去年も何回か演奏してくれましたが、今年は初めてで事前告知もなかったはず。サプライズ的にUスタを明るく盛り上げてくれました。初めて来たFC東京U-23サポーターも驚いたのではないでしょうか。


IMG_2559

確認できた限りでは16時20分ごろまで休憩を挟みながら演奏を続けてくれていました。退屈しない時間をどうもありがとうございました。また機会があれば。


IMG_2560

この日のゴール裏にも手書きの横断幕が貼られていました。応援団体がFrenteさんになってから毎試合掲出されていますね。


IMG_2563

この日は日陰からの観戦。やはりシーズンも半ばとだけあって芝生も所々剥げてきてしまっていますね。特にゴール前の一帯が明らかに違います。


IMG_E2564

この日のマッチデープログラム。サマーナイトZOOに興味がそそられます。


IMG_E2565

選手インタビューはルーキーの#31リュウ選手。水谷コーチのもとでどんどん学んで成長していってほしいですね。試合に出ていない#31リュウ選手よりもっと取り上げるべき選手がいるとは思わなくもありませんが。


IMG_2566

外ではたくさんのゲーフラが手に取ってもらえる時を待っていて、


IMG_2568

ライオーもサポーターのお出迎えをしています。


IMG_2570

IMG_2571

IMG_2572

両手を握ってサポーターと突き合わせる。これが本当のライオンのグータッチ。ナーーーセバンニャー。いつもより登場時間短かったですけど、それもしょうがないでしょう。暑い中お疲れ様です。






IMG_2573

IMG_2574

この日のラインナップです。


IMG_2575

二人、手を繋いでいるように見えるのがキュートですね。


この日はグッズ売り場で1000円以上の買い物をすると、その後のビンゴゲームに参加できるという催しがありました。なので、1000円分買い物をせねばと少し迷った結果、買ったものがこちら。


IMG_E2580

クリアファイル(300円)、マッキー2本(500円)、GAMBA BOYのキーチェーン(400円)で、計1200円です。実用性で選びました。事務職なので。東京ドロンパは売切れてましたけど、GAMBA BOYのキーチェーンがまだ残っていてラッキーでしたね。


IMG_2581

マスコットたちもだいぶ溜まってきました。ただ、逃してしまったマスコットも多いのでこれは半分くらいですね。


ビンゴ大会が始まるまでは15分ぐらい時間があり、この日出店していた須坂市のブースへ向かいます。

IMG_2582

観光パンフレットの配布ブースの隣にはタコス屋さんがあったので、遅めのお昼ご飯です。

IMG_2583

4種類あったメニューの中からチキンタコス(500円)を注文です。

IMG_2587

こぼれそうな大量のレタスはシャキシャキした食感。トマトソースはピリ辛く、トルティーヤの生地は歯ごたえがあります。チキンの存在感がやや薄かったのが気がかりでしたが、美味しくいただきました。












時刻は15時30分を過ぎました。外には23個の景品が並んでいます。


IMG_E2590

ぐったりとしていて暑そうです。

IMG_2597

サポーターもテントで涼んでいる方が多数でした。呼びかけでようやく数人が前に出ていく状況でしたね。


IMG_2589

IMG_2592

15時35分頃にビンゴ大会は開始。アプリで無作為に抽出された番号が読み上げられていきます。ビンゴマシーンを回すのではないのですね。


IMG_2595

番号が読まれてちょくちょく当選者も出始めた頃、私は並んでいた晴天さんのかき氷イチゴ味(500円)を手に入れました。他の人が食べているのを見て美味しそうに感じたので購入したんですが、どうですかこれ。イチゴシロップがたっぷりかかってさらにイチゴの果肉と練乳ものって。美味しくないわけがないですよね。実際期待を裏切らない味でしたし、機会があればまた食べたいです。


IMG_2598

IMG_2599

ビンゴゲームはFC東京U-23のサポーターが#13山口選手提供のバッグを当てたり、


IMG_2606

パルセイロサポーターの女性が#27竹下選手のスパイクを貰ったりしていました。わりとちゃんとした景品が揃っていましたね。


IMG_2605

ただ、私に景品が当たることなく、ビンゴ大会1回目は終了。リーチまでは行ったんですけど、あと一つが読まれず。惜しかったです。


IMG_E2607




ビンゴ大会も終わり、外ではやることがなくなったので、スタジアムの中に戻ります。


DSCN2375

パルセイロTVではこの日は須坂市がPR。市唯一のスキー場である峰の原高原リゾートの方が喋っていました。現在は峰の原高原リゾートではバーベキューを楽しめるそうです。昨シーズンからは日本で唯一のスノーボード施設も登場したようですね。

DSCN2376

DSCN2377

DSCN2378

パルセイロTVの最後はAC長野コールで締めますが、普段するコールをしないでみると、想定以上にスタジアムは静かでした。県民性ですかね。今日ちょっとやばいなと感じました。




中くらいの量のタコスとかき氷ではお腹は膨れず、この日はもう一品スタグルを追加することにしました。


IMG_2608

バックスタンドに出店しているスイーツオンスイーツさんの


IMG_2609

チョコバナナクレープ(500円)です。チョコチップがわんさか乗っていて、王道の味。スタジアムで食べるクレープはいいですよね。甘いものばかり食べて生きていたい。


クレープを食べ終わって少しした後、ピッチにGKが登場し、ウォーミングアップが開始されました。


DSCN2379


DSCN2383

DSCN2387

フィールドプレイヤーの選手も登場です。


DSCN2389

DSCN2391


DSCN2393

この日アップで感じたのですが、スタメンのCB3人が個別で練習するようになっていたんですよね。ロングボールの跳ね返しが主でしたが、初めてのことだったので新鮮でした。


DSCN2395

そうそう新鮮と言えば、前節からゴール裏にライオーの大旗が登場しているんですよね。他のクラブにもマスコットの大旗があるクラブはありますが、イラストではなく実写を採用したクラブは珍しいのではないでしょうか。和みますね。











一方、その頃スタジアムの外では#26遠藤選手のトークショーが行われていました。

IMG_2611

IMG_2612

憧れの選手はさんざん悩んだ挙句、元日本代表の長谷部誠選手だそうです。


IMG_2613

けっこう喋り慣れていて、他の選手に比べて軽快なトークを展開していましたね。なお、隣では#10宇野沢選手#31リュウ選手のサイン会が行われていましたが、私が行った時にはもう終わってしまっていました。


DSCN2398

なお、ピッチ内ではまだアップが行われています。






DSCN2399

ゴール前のまだ養生中の芝生。寒冷地仕様の芝生は夏に弱いんですかね。


DSCN2400

選手のアップ終了後にはリスペクト宣言。前節はなく、この日もないと思われましたが、スタジアムにはいきなり高校サッカー選手権大会のテーマ曲が流れます。それに合わせて前後左右から人が飛び出し、ピッチの上へ。そして真ん中で踊り始めました。


DSCN2401

なお、この時乱入者と勘違いしたのか、それとも演出なのか分かりませんが、警備員の方が一人の男性を押さえつけていました。演出だったらいいんですけど、もしそうじゃなかったら打ち合わせちゃんとしとこうよ。


DSCN2403

IMG_2615

IMG_2617

人数はどうやって集めたのかと思うほどどんどん増えていき、50人ほどの集団に。フェアプレーフラッグとライオーも登場し活況を呈していきます。パルセイロってこういうことするクラブでしたっけ。


DSCN2404

DSCN2406

DSCN2408

そしてなんとそのままリスペクト宣言に突入。宣言自体はシンプルなものでしたが演出を加えた新しいリスペクト宣言でした。




どうやらこれはフラッシュモブだったようです。私はフラッシュモブ、クソだなと思っていたんですけど、恋愛が絡まなければ普通に楽しく見れますね。変化をつけていてよかったと思います。自分では絶対にやりませんけど。


DSCN2409


では、変化球のリスペクト宣言が終わったところで両チームのスターティングメンバーです。







002


パルセイロは前節からスタメンの変更はなし。連勝中の11人で挑みます。フォーメーションは3-4-2-1。


一方のFC東京U-23は前節からスタメン7人を変更。OA枠やここまで11得点を挙げている#24原選手などが不在で、U-18所属選手が9人と非常に若いチームです。パルセイロとしてはこれは負けられない。フォーメーションは4-2-3-1です。


ここでスタジアムもスタメン発表ですが、この日はスタジアムDJのポリさんがゴール裏まで来て発表してくれました。本当にやっているのかとゴール裏もいつもより盛り上がります。


DSCN2412

DSCN2411

DSCN2414

DSCN2415

DSCN2417


スタメン発表が終わった後はいつも通り、入場前の選手の様子が流れていよいよ選手入場です。

DSCN2418

DSCN2419

DSCN2422

この日のパルセイロサポーターは200人ほど。大きな声援で選手を鼓舞します。


DSCN2421

一方のFC東京U-23サポーターはこの日はトップチームの試合がなかったこともあり、100人ほどが来場していました。ばらばらに散らばって座っています。


DSCN2423

DSCN2424

DSCN2425

DSCN2427

DSCN2429

DSCN2430

円陣を組んで…


DSCN2431


前半キックオフ!


DSCN2432

DSCN2436


前半の立ち上がりはパルセイロがペースを握ります。サイドに3人4人と集めて密集を作って崩す、という基本方針はこの日も変わらず。サイドのCBにボールが入ったときには両WBがタッチライン際まで開き、ボールを引き出します。そして、シャドーや#39斎藤選手が裏に流れて、ボールを受けてクロスというのがパターンで、その流れからCKを多く獲得していました。


DSCN2437

DSCN2440


さらに、パルセイロはこの暑い中でも前線からのチェックを敢行。#39斎藤選手とシャドーの選手が相手のボランチへのパスコースを塞ぎ、CBから縦パスを入れさせません。ただ、パルセイロのボランチの選手までもが前線までプレッシャーをかけてしまうと、後ろにスペースが出来てしまうので、底は注意したいところですね。奪取することが出来れば大きなチャンスになるんですが。


DSCN2435

この日からCK等のチャンス時に画面には分かりやすくCHANCEと表示されるようになりました。山雅をはじめ多くのクラブが行っている取り組みがパルセイロでも導入されましたね。アリーナ様ありがとうございます。


DSCN2441

DSCN2445


また、この日のパルセイロは繋ぐ意識が高く、#1小澤選手もCBにパスをするシーンが多く見られました。前線へのロングボールもそこまでなかったように思えます。暑さで選手が走るよりボールを走らせた方が良いという考えでしょうか。ただ、FWの選手が裏へ動き出しているのにそこへボールを出すというシーンはあまり見られなかった印象です。涼しくなってくればもっと増えるのかな。


DSCN2447

また、前後半の中ごろに一回ずつ設けられる飲水タイムの表示もこの日が初登場。水色の爽やかなトーンを基調とし、サポーターへの呼びかけも行うなどかなりの好印象です。


DSCN2451

DSCN2452


パルセイロはサイドに重点を置いて攻撃しますが、FC東京U-23は中央突破を志向します。SHもSBも絞らせて、#52久保選手や2列目の選手が裏を狙ってきます。しかし、前半のパルセイロはボールの出どころであるボランチにきっちりと寄せることが出来ており、危険なシーンはほとんどなかった印象です。トップ下にいた#19宮崎選手もボランチが下りて見れていましたしね。


DSCN2457


IMG_2626


前半はほとんどパルセイロのペースで進むも、シュートが大きく枠外に飛んでいくなど最後のところの精度が不足し、ゴールには至りません。前半はそのまま0‐0で終了。特典が奪えなかった以外はおおむね良好な前半だったので、後半も同じように続けることが期待されます。




DSCN2461

この日のボランティア参加者数は31人でした。会場からは拍手も聞こえます。いつもありがとうございます。












DSCN2462

DSCN2463



両チーム選手交代のないまま後半キックオフ!


後半になるとFC東京U-23が盛り返します。スタミナで優位に立ち、前への圧力をかけてきました。パルセイロのプレスが弱まったことも関係し、ボランチからスルーパスが出るようになり、パルセイロは何度かあわやというシーンを迎えますが、#1小澤選手の好守もあり、すんでのところで耐えます。


DSCN2464

DSCN2467


一方、パルセイロは後半になって自陣左サイド、FC東京U-23の右サイドを中心に攻め続けます。ここで目立っていたのが#8堂安選手で、サポーターの目の前で突破を見せスタジアムを沸かせていました。突破した後の精度はあまり良くなかったですが。それにショートパスをつないでパルセイロは突破しようとするので、わずかなミスが命取りになりますし、ゴールライン際で1対1を仕掛けるのは分が悪めです。サイドに人数をかけるあまりゴール前にあまり人もいませんし。いつもピッチ内アップでクロスに対して2人入っていく練習をしてますけど、そのシーンは試合であまり見られることはないので、ここは改善してほしいところです。


DSCN2470

DSCN2473


後半19分に#39斎藤選手に替えて#9津田選手を、#8堂安選手に替えて#13山口選手を投入してゴールを奪いに行くパルセイロ。#13山口選手の投入により、#18内田選手が右サイドに#25有永選手がシャドーに移るのは最近よく見られるパターンです。しかし、パスを回していながらも、相手をあまり動かせていないため、チェックを受けてクロスの精度は下がり気味。力が入りすぎて中央を越してしまうシーンも多く見られました。シュートもそうです。フリーになれていないため、相手のチェックを受けてシュートコースを消され、打ったシュートは枠外に。攻めてシュートも打てていますが、得点の気配はあまり感じられませんでした。


DSCN2477

DSCN2478


ただ、FC東京U-23もユース所属選手が多かったため、技術的にやや劣り、こちらもゴールにまでは至りません。両チーム決め手に欠くジリジリとした試合展開の中、後半36分に#19三上選手に替えて#7妹尾選手が投入されます。相変わらず左サイドを攻めるパルセイロ。斜めの角度的に厳しいゾーンからシュートを打ち続けますが、ゴールをかすめるシーンが続きます。


DSCN2480

DSCN2481

この日の入場者数は3051人。なんとか3000人を越えました。もっと欲しいですけど。


DSCN2483

DSCN2488


このまま試合終了かと思われた後半44分。#24新井選手#9津田選手に縦パスを入れます。#9津田選手は相手選手を2人引き付けて、その間に#7妹尾選手が裏に抜け出す。#9津田選手#7妹尾選手にパスを出し、これをフリーになった#7妹尾選手が落ち着いて決めて、パルセイロが試合終了間際に先制しました。久しぶりに飛び上がって喜びたくなるほどうれしいゴールでしたね。#7妹尾選手はこれが待望の加入後初得点です。たくさんの選手に覆いかぶさられる様子からも、このゴールの価値と#7妹尾選手の苦労が計り知れました。





DSCN2486

DSCN2490


そして、そのままパルセイロは後半アディショナルタイム3分もしのぎ試合終了。パルセイロが1-0で3連勝を飾りました。3連勝は2016シーズン以来3シーズンぶりということで、10位に終わった2018シーズンはともかく、5位だった2017シーズンも達成していないのは意外です。ただ、試合内容はパスが繋がらないシーンも多く、あまり良いとは言えません。でも、もっと内容が良くても負けた試合も今シーズンにはあったわけで、シーズンを通してみるとトントンになるようにできているかもしれないですね。







DSCN2492

DSCN2493

DSCN2494

ヒーローインタビューは#7妹尾選手。歓喜の言葉にまだゴールの興奮冷めやらぬゴール裏も沸きます。


IMG_2630

IMG_2631


最後は全員で勝利のラインダンス・シャナナをして、この日はおしまい。選手にもゴール裏にも興奮と安堵の笑顔が広がります。課題は依然山積していますが、勝つのはやはり嬉しいですね。


IMG_2634


ありがとうございました!






〈ハイライト動画〉










選手コメント(Jリーグ公式)

J3順位表(Jリーグ公式)

2019 明治安田生命 J3リーグ 第20節 vs FC東京U-23|試合結果(長野公式)

試合結果(東京公式)

AC長野が3季ぶり3連勝(信濃毎日新聞)











これで3連勝を達成したパルセイロでしたが、順位は相変わらず15位のまま。しかし、第20節終了時点では7位の福島から15位のパルセイロまでが勝ち点3差の中にひしめいており、次節勝てば一気に順位を上げられる可能性があります。そんな次節の相手はザスパクサツ群馬。現在6試合負けなしで、10勝5分5敗の勝ち点35で自動昇格圏内の2位につける強敵です。さらに、




という絶好調ぶり。ふわふわした好調のパルセイロとは違いますね。ただ、仮にまだJ2昇格を諦めていないのならば、勝たなくてはならない相手です。8月31日(日)19:00~アウェイ・正田醤油スタジアム群馬での試合で、長野から近いこともあり、多くのパルセイロサポーターの来場が予想されます。強敵の群馬を倒して4連勝を達成したいですね。


また、次回のホームゲームは9月8日(日)17:00~。長野Uスタジアムで福島ユナイテッドFCとの対戦です。福島は現在8勝3分8敗の勝ち点27で7位。パルセイロとしてはここも勝って順位逆転と行きたいところ。私は現時点では行けるかどうか不透明ですが、都合のつく方はぜひとも応援のほどをよろしくお願いします。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


おしまい





☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆