こんにちは。これです。今回のブログも映画の感想になります。


今回観た映画は『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』。私はデジモンをあまり通ってきておらず、テレビシリーズも子どもの頃にキッズステーションで断片的に見ていたぐらいで、そもそもどちらかというとポケモン派な人間です。ただこの映画は予告編が公開された時から観たいなとは思ってはいたんですよね。それで、このタイミングではるばる松本まで行って観てきた次第です。


で、観たところ名作だと感じました。デジモン派ポケモン派関係なく楽しめました。ただ少し気になったところもなくはなかったんですよね。


それでは感想を始めたいと思います。なおこの映画を観るのにした予習は『ぼくらのウォーゲーム』と最初の劇場版、そしてテレビシリーズ(無印)の第1話ぐらいです。つまり全然詳しくありません。それも踏まえてお読みいただければ幸いです。拙い文章ですが何卒よろしくお願いします。



F13BB00B-BEC7-458A-B8B4-10D2B6BB7397




ー目次ー

・序盤から懐かしさを感じるシーンが満載
・かつてのデジモン世代にダメージを与える展開
・大人になることとデジモンと別れること
・100%の救済を与えないことに意味がある




ーあらすじー

太一とアグモンたちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から十年以上が経過した2010年。
世界中の“選ばれし子どもたち”は徐々にその存在が認知され、現実世界にデジモンがいる風景も珍しくなくなっていた。

太一は大学生となり、ヤマトたちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。
そんな中、世界中の“選ばれし子どもたち”の周囲で、ある事件が起こり始める。
太一たちの前に現れたデジモンを専門に研究する学者・メノアと井村は、”エオスモン”と呼ばれるデジモンが原因だと語り、助力を求めてくる。

事件解決に向けて、太一たち選ばれし子どもたちが再び集結。

しかし、エオスモンとの戦いの中でアグモンたちの“進化”に異変が起こる。その様子を見たメノアは、太一たちに衝撃の事実を語る。選ばれし子どもが大人になった時、パートナーデジモンはその姿を消してしまう――。エオスモンの脅威は、次第に太一の仲間たちにも及んでいく。

戦わなければ仲間を救えない、しかし無理な戦闘はパートナーとの別れを早めていく事に。

ずっと一緒にいると思っていた。

一番大切な存在と別れてでも戦うのか?

“選ばれし子ども”が大人になるということ――。

変えられぬ宿命を前に、太一とアグモンの”絆”が導き出す、自分たちだけの答えとは?

(映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』公式サイトより引用)



映画情報は公式サイトをご覧ください。




※ここからの内容は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。




・序盤から懐かしさを感じるシーンが満載


この映画ってもう序盤から飛ばしてくるんですよね。いきなり建物の電灯が点滅する描写は『ウォーゲーム』を彷彿とさせますし、オーロラも無印1話のオープニングを思い起こさせます。さらに、敵役として登場したキャラクターがパロットモンという。最初の劇場版に登場したデジモンがここで21年ぶりの再登板です。さらに、挿入歌も1話の終盤で流れた和田光司さんの「Brave Heart」。これでもかと昔のシチュエーションを登場させるという。いやー、本当サラッとですけど予習しておいてよかったですね。キャッチーなバトルシーンと合わせて掴みは完璧です。


この映画のメインターゲットってたぶん20代後半~30代の方だと思うんですよ。デジモンブーム直撃世代ですね。私が観た回もその年代の人で大多数が占められていましたし。で、その方たちに満足を提供するには、昔のシチュエーションを出して当時のことを思い出させてもらうのが一番手っ取り早いんですよね。とりあえず気持ちよくなってもらって、観客と作品との距離を縮めるというか。その試みはもう大成功ですよ。少なくとも私はオープニングで流れた「Butter-fly」で、もう泣きそうになりましたもん。ただ、終わってから振り返ってみるとこの展開自体が伏線となっているような気がしました。


そして、オープニング明けの太一やヤマトの現況は観ていて辛いものがありましたよね。特に太一。デジモンとの戦いをしているおかげで、就職活動もろくに進んでませんし、卒論のテーマも決まっていません。コンビニで弁当を選んでビールと一緒に家に帰る姿は、心をブスブス刺されました。何もパチンコ店でバイトさせることないでしょう。一番ダメージを与える方法を選んでやがる。何も変わらないアグモンたちとの対比がより残酷です。


おそらくこの映画を観に来る人の多くは、デジモンと共に育ったかつて子供だった人たちだと思います。太一やヤマトと同じように。だから、この映画の特徴ってキャラクターに自分を重ね合わせやすいことなんですよね。感情移入が容易なんです。なので、観ている人たちは太一たち、あるいは自分たちが置かれたこのやるせない現実からの救済を求めるという。そういう構造になっていると思います。


さて、現実では世界規模で児童連続気絶現象が発生。太一たちは、光子郎の会社に集まりその原因を探ります。ここで登場したのが、デジモン研究を進める科学者・メノアとその助手・井村。メノアに声を当てた松岡茉優さんは、何作か声優の経験があるので、分かっている感じがして安心して観てられましたね。ルー大柴さんみたいなしゃべり方には少し笑ってしまいましたけど。



D653A0A8-8BD5-40D4-8306-A510AB706D81












・かつてのデジモン世代にダメージを与える展開


メノアは気絶した児童には"選ばれし子どもたち"という共通点があるといい、その原因を未知のデジモン・エオスモンと特定します。そのエオスモンは人間の意識を何らかの形でデータに変え、奪ってセーブしているというんですね。


そして、太一、ヤマト、光子郎、タケルの4人がデジタルワールドへ。エオスモンと対峙します。進化するエオスモンに苦戦しながらも、グレイモンとガルルモンが合体しオメガモンになって(ここ『ウォーゲーム』で見たやつだ)、エオスモンを倒すあと一歩のところまで行きます。しかし、とどめを刺さんとするところで、オメガモンの合体は解けてしまい、エオスモンには逃げられてしまいます


その理由は、デジモンとのパートナー契約の関係。予告でもありましたよね。「無限の可能性が失われたとき、デジモンとのパートナー契約も消える」って。つまり、大人になるにはデジモンと別れなければいけないということです。


この展開もですね、かつてデジモンを楽しんでいたのに、いつの間にか離れてしまった人や、別のものに興味が移って、デジモンとの関係が希薄になった人にも向けられているのではないかと私は感じました。すなわちメインターゲットの多くですね。映画がやるから久々にデジモンのことを思い出したという人は、この展開に胸を痛めたのではないでしょうか。大人になって何かを得るということは、何かを失うということでもありますからね。ここでも太一たちに自分を重ねて、ハラハラする人は一定数いそうです。ポケモン派の私ですらそうでしたからね。


その後は、02のキャラクター(だと思う。たぶん)に、ヤマトがメノアと井村の身辺調査を頼む一方で、太一とアグモンはずっと一緒だということを再確認します。で、調査の結果、どうも井村が怪しいと。銃を受け取ったりしていましたしね。


しかし、それはミスリード。となるとこの映画のゲストキャラクターは二人しかいないわけですから、必然的にメノアが黒幕ということになります(井村はFBI捜査官でメノアを調査していました)。実はエオスモンを作り出したのもメノアで、"選ばれし子どもたち"の意識を奪っていたのもメノアでした。この真相が発覚してからのメノアの変化はよかったですね。あの目ゾクゾクしましたもん。



D6CEEC82-D5CB-486D-A96D-550C6910AE31












・大人になることとデジモンと別れること


それはさておき、太一とヤマト、そしてアグモンとガブモンはメノアのいるデジタルワールドに飛び込みます。そこは真っ暗闇な世界。無印?に出てきたと思しき列車は氷漬け。暗闇の中にメノアが一人立っています。メノアの目的は"選ばれし子どもたち"を救うこと。そして、その方法は彼ら彼女らの意識をデジタルワールドに封じ込めて、子供のころのデジモンといたときの記憶にずーっと浸らせておくというものでした。このあからさまな懐古主義をメノアは"理想郷"や"ネバーランド"と呼んでいました。


確かに、子供のころのデジモンといた記憶は"選ばれた子どもたち"にとって、そして観客にとっては懐かしく美化されたものでしょう。やるせない現実において、綺麗な回想に浸っていたいという気持ちに浸っていたいというのも分かります。メノアだって昔、パートナーデジモン・モルフォモンとの別れを経験して、そんな思いをほかの子供たちにもうさせたくない。救済したいと思って動いていたわけですし。


というわけで、多くの観客とキャラクター達を同化させるという試みがここでもなされていますが、違うのは、大人になってしまった観客はもう前に進むことを選んでしまったことでです。フィクションみたいに立ち止まることも戻ることもできません。だから、当然太一とヤマトには前に進むことを期待するわけですよ(少なくとも私はしました)。そして、観客の期待通りに、パートナーとしていられる時間が短くなっても戦う二人とデジモン。前に進むことを選んだ多くの観客との同化がここでもなされます。


なんとかエオスモンを倒すことに成功する太一とヤマト。しかし、一体倒して喜んだと思ったのもつかの間、次から次へと、まさにうじゃうじゃとエオスモンが増殖します(ここも『ウォーゲーム』で観た)。数の暴力の前に成すすべがない二人とデジモン。エオスモンは各地の"選ばれし子どもたち"の意識を攫いに行きますが…。


と、この感想で言及するのはここまでにしておきたいと思います。全部書いちゃったら映画を観る楽しみがなくなってしまいますしね(もう既に大分なくなっている気がしないでもないけど)。この後の展開も良かったですし、最後は感動したんですけど、映画が終わって凄く気になったことがあるんですよね。観終わった直後は少しやるせなく感じて、疑問だったんですけど、考えてみたら、その引っ掛かりを残すことこそがこの映画の意味だったのかもしれないなって感じます。


その気になったことは二つ。

・空が参戦しないこと
・ラストバトルに「Butter-fly」が流れないこと



です。この2点について最後に見ていきたいと思います。



BF160FA5-82A8-403A-8B3C-DCE5CB468EF1













・100%の救済を与えないことに意味がある


思えば、この映画の空って独特な立ち位置なんですよ。戦わずにピヨモンとの時間を大切にしたいという。いや、でもそんなこと言って大事な場面で助太刀に来るんでしょ?とか思っていたんですけど、本当に最後まで何にもしないんです。ただ「信じているから」と言うだけで。


まあこれはみんながみんな戦えるわけじゃない、一緒にいるという決断をとるキャラクターもいる。それは消極的な決断ではなく、自分の意志で決めたことで。戦うだけがデジモンと一緒にいる意味じゃないということを表現したかったのかなと。今作の主人公はあくまで太一とヤマトだからねって。一応は理由をつけて納得することができます。でも、不思議なのは最後に「Butter-fly」が流れなかったことですよ。


だって、どう考えても「Butter-fly」かける流れだったじゃないですか、最後は。予告編であれだけ「Butter-fly」推しといて、オープニングも1番だけで切って期待を煽らせておいて、モチーフに蝶を散々登場させたり。そもそも私がこの映画を観に行った動機だって「ラストバトルで流れるButter-flyを聞いて感動したい」っていうものでしたし。それがしっとりとした別の曲。曲も演出も全く悪くなく、むしろ良いんですけど、ただどうしても期待からは外された感じはしました。


みんながみんな私と同じことを思っているなんてことを言う気はとうていないですけど、たぶんこの二つの展開って観客の期待から外れる展開だと思うんですよね。求めているものとは違うと思うんですよ。ただ、この映画においては外したことに意味があるのかなと感じます。


だって、現実って100%上手くいくことはないじゃないですか。どこか期待外れなところあるじゃないですか。たぶんこの映画が言いたかったのってそういうことだと思うんですよ。「なんでもかんでもお前の思い通りにいくと思うなよ」っていう。あえて突き放すんですよ。ちょっとのやるせなさを残すんですよ。


そりゃあ、空を参戦させて、「Butter-fly」をかけて、大いに盛り上げることは簡単ですよ。観客が気持ちよくなる方法が分かっているんだから、それをすればいいだけのことですよ。でも、この映画はあえて気持ちよくさせない道を選んだんですよ。それはなにもかも上手くいくことはないという現実に即した態度で、茨の道ではあるんですけど、私はこの映画がこの道を選んだことを称賛したいですね。それってとても誠実なことだと思うので。


要するに、この映画自体は物語的にも100%の救済を与えず、太一やヤマト、観客を完全に救わない。演出的にも気持ちよくさせすぎない。あえて少しのやるせなさを残していると思うんです。だって、「無限大の夢のあと」にあるのは「やるせない世の中」なんですから。そして、この映画が最後にとったのは観客の期待からは外れた、観客を最大限救済する常識とは違う「常識はずれも悪くはないかな」という展開なんです。


そして、100%の救済は与えない。完全な救いはないし、あるとしたらデジモンのいない現実にしかない。この映画が描いたことって「きっと飛べるさ」ということに集約されると思うんです。「絶対」ではなく、「きっと」なんです


あの終わり方は、デジモンと過ごした太一たちや観客をも救済するものだと私は思っているんですけど、飛べるかどうかは自分次第なんです。この映画は「きっと飛べるさ」と言ってくれるだけで、最後は自分。でも、私は思い出を胸に大切にしまったまま飛べると思いましたし、そう思わせてくれたこの映画はやっぱり名作なんだと思います。わざわざ松本まで来て観た甲斐がありました。本当にありがとうございます。



AB3415E3-3923-4181-B46A-1DFD4FF513C9











以上で感想は終了となります。映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』。観終わった後は少し消化不良な部分もあったのですが、こうして振り返ってみると凄い傑作だなと感じます。デジモンを知らなくても、かつて子供だった方にはぜひ観てほしいですね。オススメです。


お読みいただきありがとうございました。


おしまい 




 
☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆