2日続けてこんばんは。これです。今日は天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会(以下、天皇杯)1回戦を観に行ってました。難しい試合でしたよ。

さて、試合前に書くことが特にない事もあり今日の観戦記は試合のみです。拙い文章ではありますが何卒よろしくお願いいたします。

では、スタートです。

































試合の前にまずは今日のスタメンです。


IMG_E4638

パルセイロはリーグ戦で出場機会の少ないメンバーを中心に起用してきました。

対する新潟医療福祉大学のスタメン
IMG_E4639

こちらもパルセイロと同じ4-4-2です。


IMG_4531

前半キックオフ! 



IMG_4532

IMG_4533

試合開始直後からパルセイロは新潟医療福祉大学の攻撃に押されます。

新潟医療福祉大学の2トップの#9矢村選手#16佐々木選手のどっちも空中戦が強いんですよね。2トップがヘディングして再度に流してそのボールを#23シマブク選手#14脇坂選手の両SHが拾って攻撃というパターンが確立していました。#2松原選手#4内野選手は今日は二人とも空中戦で後手を踏んでいました。




IMG_4534

IMG_4536

今日の試合はモロに#26遠藤選手のいる右サイドが狙われてました。新潟医療福祉大学はSHがボールをキープしてSBがオーバラップしたところに後ろ向きでパスを通す(ヒールとかで)、そしてフリーの状態でSBがクロス、もしくは中に切り込むといった攻撃が機能してましたね。パルセイロの右サイドで。#6吉川選手はSBのわりに突破力がありましたね。#26遠藤選手はそういった新潟医療福祉大学の攻撃にあまり対応できていませんでした。



IMG_4538

IMG_4542

そして前半14分に右サイドを崩されて新潟医療福祉大学に与えてしまったCKからパルセイロは先制されます。一旦は防いだ後の2度目のCK。#10上米良選手が上げたボールを#4橋本選手に頭で合わされあっさり失点。試合早々にパルセイロはビハインドを負ってしまいます。




IMG_4544

IMG_4546

先制をしてますます勢いに乗る新潟医療福祉大学。流動性が高く2列目から選手がどんどん飛び出してくる攻撃で何度もパルセイロゴールを脅かします。新潟医療福祉大学の選手の方が動きが段違いに良かったですもんね。あと球離れが早くて思い切りがよい。パルセイロの選手は新潟医療福祉大学の選手の動きについていけずやりたい放題やられます。



IMG_4550

パルセイロも球際の強さで相手からボールを奪い取って攻撃に出るんですけど、まったく推進力がないんです。ディフェンスラインでボールを回すだけで前にボールが入らない。せっかく前にボールが入っても球離れが悪く、出しどころを失って戻すだけ。たまに出るロングボールもラインを割ったりゴールキーパーへのダイレクトパスになったり全くチャンスにつながりません。ほとんど全員が良くなかったんですけど、その中でも#26遠藤選手はちょっと良くなかったですね。サイドチェンジでフリーでボールを受けて、前が空いてるんだから前に行けばいいのにボールを止めてパスコースを探してるうちに相手に寄って来られて戻してしまうということの繰り返し。前にボールを運ぶということが全くできていませんでした。守備では狙われ、攻撃では前にボールを運べない。正直前半で#19三上選手と交代あるかなって思ったぐらい。浅野監督へ与えた印象は相当悪く、評価を大きく下げてしまったと思います。おそらく大宮戦では#15西口選手が出るでしょう。#26遠藤選手は今シーズンもう一度出番があるかどうかだと思います。ここから巻き返すのは相当難しい。このままだと間違いなく今シーズン限りで契約を切られるので何とか巻き返してほしいんですけど。



IMG_4557

IMG_4558

でもディフェンスラインから前にボールが出ないのは出してだけの問題じゃなくて。前線が全然動かないんです。#13勝又選手以外全員が止まってボールを貰おうとしていました。パスコースが消されてるのに動かなかったらボールが出てくるわけないじゃないですか。インターセプトされる場面も多かったし。出し手と受け手の双方がイマイチでしたね。今日の攻撃の組み立ては。J3とはいえプロがこれかって悲しくなりました。



IMG_4559

そんな中でも#13勝又選手は何とかしようとしていましたね。まずSHの選手がボールを持ってる選手に近づいて自分がさっきまでいたスペースを空けます。その空いたスペースに#13勝又選手が飛び込んでボールを受けようとする場面が目立ちました。先制点になったCKも#13勝又選手がサイドに流れることで得たものですしね。



IMG_4551

前半32分、パルセイロは#13勝又選手の仕掛けからCKを獲得します。#23堂安選手が上げたボールに合わせたのは#7佐藤選手。ヘディングシュートがゴールに突き刺さりパルセイロが同点に追いつきます。全然攻撃の形が作れていない中でこの同点弾はとても大きいものでした。#7佐藤選手は今シーズン公式戦初ゴールです。



IMG_4554

IMG_4555

ここからパルセイロが攻めたいところでしたが、状況変わらずなかなかゴール前までたどり着くことができません。新潟医療福祉大学の2人のCB#4橋本選手#2喜岡選手も空中戦が強いんですよね。2トップの#11岡本選手#13勝又選手にロングボールが入ってもこの二人に跳ね返され、なかなかボールキープすることができません。



IMG_4560

そして1-1のまま試合は進み前半アディショナルタイムは3分。#4橋本選手が試合序盤で痛め、試合が長らく中断したため長めのアディショナルタイムになっていたのでした。



IMG_4564

IMG_4565

前半アディショナルタイム2分。右サイド高い位置でスローインを獲得したパルセイロ。#2松原選手のロングスローに#4内野選手が合わせ、前半のうちにパルセイロが逆転に成功します。#4内野選手も今シーズン公式戦初得点。また天皇杯での得点は2年連続です。天皇杯マン。



IMG_4566

その後まもなくホイッスルが鳴り前半が終了。新潟医療福祉大学が攻めていた記憶しかありませんが、気づけばパルセイロがリードしていたそんな前半でした。後半このままだと相当ヤバい…。


IMG_4568

私の予想に反して両チーム選手交代はないまま後半がキックオフ!



IMG_4572

IMG_4573

後半も前半と変わらず新潟医療福祉大学がボールを持って攻め込みます。その要因はセカンドボールにありました。

とにかく新潟医療福祉大学の選手はよくセカンドボールを拾う。運動量が多くて、機動力があり、ボールがこぼれそうなところに常に顔を出している。セカンドボールの奪取によって攻撃を続けることができていましたしボール支配率は新潟医療福祉大学が60%ぐらいいってたんじゃないかな。なかなかボールを手にすることができずパルセイロは防戦一方でした。



IMG_4574

IMG_4577

今日のパルセイロの攻撃でしたが本当に良くなかったですね。とにかく攻撃のスピードが遅いんです。遅攻ばかりで速攻がない。加えて、選手の動きが少なくてコースが読まれやすいのでボールをカットされる回数が多い。新潟医療福祉大学のプレスが早くてパルセイロの選手がボールを持ってる間にあっという間に近づいてくる。あと単純に技術的に新潟医療福祉大学の選手の方が上手かった。前線になかなかボールを繫げず、パルセイロは後半25分に至るまでシュートがありませんでした。ひどい…。



IMG_4580

IMG_4582

IMG_4583

それと守備も同じくらいまずかったですよね。前からプレスに行かずリトリートする守備をパルセイロは今日も採用してたんですけど、今日は全然ブロックが作れてなかった。とにかく選手間の距離が遠いんですよね。そうなるとプレスに行くのも遅くなり、ボールは回され放題です。バイタルエリアでもスイスイボールを回される絶望感。新潟医療福祉大学は思い切った速攻が多く、ワンタッチ・ツータッチで面白いようにパスが繋がるので密度の濃い練習をしているんだろうなあ。パルセイロも見習ってほしいです。



IMG_4584

IMG_4587

それでも#21小澤選手のセーブや相手の決定力不足にも助けられながら、1-1のまま試合は進みます。
後半26分、29分、34分に新潟医療福祉大学は立て続けに選手交代。#8谷村選手#13野村選手#11林選手を投入して2点目を奪いに行きます。



IMG_4591

IMG_4596

対するパルセイロも後半29分に#13勝又選手に代えて#25有永選手を投入。#13勝又選手は一番動いていたので足が止まってきてたのかな。可能性を一番感じる選手を真っ先に後退されるのはなかなかキツイものがあります。代わって入った#25有永選手はボランチに入り、ボランチの#23堂安選手が左SHに、左SHの#28松村選手がトップにそれぞれ入りました。



IMG_4590

本日の入場者数は1,641人。まあこんなもんでしょう。もっと入ってほしかったですが。



IMG_4592

IMG_4599

IMG_4601

パルセイロが交代をしても新潟医療福祉大学の攻勢は続き、パルセイロは自陣に釘付け、いわゆるワンサイドゲームの様相は変わりません。そんな中後半38分浅野監督は攻撃の切り札である#8河合選手を投入します。交代相手は何とか割って入ったばかりの#25有永選手。どうやらプレー中に負傷したようで、そのまま足を引きずって退場。リーグ戦に影響が出ないことを祈ります。ここまで全試合フル出場の#25有永選手が出られないとなったらヤバいですからね。試合後の挨拶にも加わってませんでしたし、それなりのケガなのかな。つ鶴
そして代わりに入った#8河合選手は左SHに入り、#23堂安選手が再びボランチに戻ります。



IMG_4602

IMG_4603

IMG_4604

そして迎えた後半41分でした。パルセイロはバイタルエリアで新潟医療福祉大学にテンポよくパスを繋がれ(書いてて悲しくなってきた)、最後は#11林選手にシュートを決められて同点に追いつかれます。いつ追いつかれてもおかしくない雰囲気のままここまで粘ってきたのにここで決められるかってガックリ来ました。パルセイロがここまで攻撃の形を作られていないことも落胆に拍車を掛けます。どーすんだこれ。このまま3点目奪われて負けたら最悪だぞ...。



IMG_4606

IMG_4609

IMG_4610

ちなみにこの直後にパルセイロの最後の交代が行われました。#28松村選手に代えて#19三上選手#19三上選手は右WBに入り、#26遠藤選手がCBに移動しパルセイロは5バックとなりました。失点前にこうしたかったんでしょうけど追いつかれたあとじゃあ...。今日良くなかった#26遠藤選手を最後まで引っ張ったのも謎です。



IMG_4619

IMG_4612

しかし、ここからパルセイロは今シーズンの特徴であるしぶとさを見せます。後半アディショナルタイム3分に突入してからCKを得ると右から#23堂安選手が上げたボールはゴール前で混戦に。そんななかボールが#4橋本選手の手に当たり、パルセイロが土壇場でPKを獲得します。出た!今シーズンのパルセイロの必殺技「PK」!絶対PK獲るマンですね今シーズンのパルセイロは。



IMG_4613

IMG_4615

IMG_4617

キッカーはこの日同点弾を決めた#7佐藤選手。キーパーの逆を突いて左に決め見事パルセイロが勝ち越しに成功します。これで今シーズンのパルセイロのPK成功率100%は継続。絶対PK決めるマンです。



IMG_4620

IMG_4621

残り少ないアディショナルタイムもパルセイロは必至で守り切り、3-2で試合終了。パルセイロがなんとか勝ち切り2回戦進出を決めました。

IMG_4625

IMG_4627





試合後には新潟医療福祉大学の選手がパルセイロゴール裏に挨拶に来てくれました。

IMG_4628

IMG_4629

スピーディーで思い切りのいいサッカーでパルセイロを圧倒した新潟医療福祉大学。今日は負けてしまいましたが、いい経験になったことでしょう。陰ながら応援してます。頑張れ。



一方のパルセイロ。

IMG_4630

IMG_4631

内容が不甲斐ないものだっただけに勝ったにもかかわらず選手の表情はあまり芳しくありません。

IMG_4632

IMG_4633

ただ内容的には完敗でしたが、試合には勝ったわけで一番大切な勝利という結果を得ることができたのは良かったです。今日負けてたら再来週大宮と戦えないわけですしね。今日のことはしっかりと反省してまた次につなげてほしいと思います。



試合日程・結果|天皇杯JFA 第98回天皇杯全日本選手権大会
(NHKスポーツオンライン)

監督コメント(Jリーグ公式)

選手コメント(Jリーグ公式)

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦の結果
(長野公式)



さて、パルセイロの次の試合は6/2、J3第12節 vsFC琉球戦(18:00~ @沖縄県立総合運動公園陸上競技場)です。琉球は順位も上で強敵ですが、ここで勝ち点を落とすようなことがあるとJ2昇格がさらに遠ざかってしまうので、勝利は必須です。公式戦3連勝中という勢いを生かして勝ってほしいです。いや、勝ってください。

そして、中3日の6/6には天皇杯2回戦があります。19:00からJ2の大宮アルディージャとアウェイNACK5スタジアムで対戦。パルセイロと大宮は公式戦初対戦ですが、是非とも2年連続の番狂わせ、ジャイアントキリングを起こしていただきたい。今日のままなら間違いなく負けるので十分修正して挑んでほしいです。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


おしまい


耳鳴り
チャットモンチー
キューンレコード
2006-07-05