Subhuman

ものすごく薄くて、ありえないほど浅いブログ。 Twitter → @Ritalin_203

タグ:新潟医療福祉大学



先々週の長野県予選決勝に勝利し、天皇杯本戦出場を決めたAC長野パルセイロ。直近のリーグ戦でも勝利し、公式戦3連勝と調子は上向きつつあります。そして、迎えた天皇杯本戦。パルセイロの1回戦の相手は新潟医療福祉大学サッカー部(以下、新福大)です。


新福大とは去年も対戦しており、その際はパルセイロが3-2で勝利
。とは言っても先制して、逆転して、追いつかれて最後のところで突き放してという苦しい試合展開でした。昨年と同じ顔合わせで、リベンジを狙う新福大相手にパルセイロはどう戦ったのでしょうか。


それでは、観戦記を始めたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。











IMG_1319

IMG_1320


長野駅からしなの鉄道と小海線を乗り継いで約2時間。11時頃に会場である佐久総合運動公園陸上競技場の最寄り駅、中込駅に到着しました。かつてよく通った中込駅。3年ぶりにもかかわらずさほど変わっていなくて、懐かしさがこみ上げてきます。ちょうど駅前を『北斗の拳』のラッピングバスが走っていたのが新鮮でした。原作者の武論尊先生は佐久市出身です。


さて、J3開催時には佐久陸までシャトルバスが出ていましたが、今回はありません。なので徒歩で行くしかなく、スマートフォンのナビを頼りにてくてく歩きます。5月とは思えない暑さの中、バイパスの階段の昇降が大変でした。道中に新しくファミリーマートができていましたね。


IMG_1325


中込駅から暑い暑いとのたまいながら歩くこと20分。入り待ちのチャントが聞こえる中、11時20分頃に佐久陸に到着しました。Uスタができた後もレディースの試合で来たことはありますが、それがいつかはもう忘れたほど久しぶりです。反対側には新たに野球場ができていて、大音量で校歌が流れていました。


IMG_1322

外にはパルセイロのグッズショップが出張していたり、


IMG_1323

IMG_1324


飲食店も2店出店していました。後で寄ることにして、まずはメインスタンドに入場です。


IMG_1326


青いトラックにポツンと浮かぶピッチに懐かしさを覚えますが、とにかく暑い。佐久陸は屋根がメインスタンドの一部しかなく、日陰部分の席も既に埋まっていたため、直射日光を浴びながら見るしかありません。全面が屋根に覆われているUスタの有難みを改めて感じます。


IMG_E1327

IMG_1328


入場時に貰ったリーフレット。その裏はトーナメント表になっていました。パルセイロのところが赤く囲まれています。


今日は解放されているのはメインスタンドのみかと思っていましたが、実際入ってみるとゴール裏の芝生席にもパルセイロサポータがいました。なので、こちらもゴール裏に移動です。


IMG_1329


ゴール裏へ向かう通路から見たピッチレベルでの佐久陸。選手目線が新鮮です。


IMG_1330

選手がストレッチをしているのも簡単に見ることができました。


IMG_E1331


昼食はコンビニでパンを買って食べていたのですが、なんか足りなかったので、外の売店で焼きそばを購入していただきました。オーソドックスなものもたまには食べたいなと思ったので。味は普通でした。


それと、この日は入り口近くの自動販売機が使えなかったんですよね。このファッキン暑い日には大打撃です。なので、飲み物は売店で買うしかありませんでした。ソフトドリンクは200円です。2回ほどお世話になりました。


IMG_1332


IMG_1334

オーバーヒートしそうなスマートフォンで、ツイッターを見て時間を潰すこと十数分。芝生席もじんわり暑いので脇汗はダラダラ。少し辛くなってきた12時10分頃。ピッチ内アップが開始されました。


IMG_1336


IMG_1337

IMG_1338


後述しますが、この日のパルセイロはリーグ戦とほとんど変わらないメンバー。天皇杯も大事な大会。落とすことはできないというチームの意気込みを感じます。


IMG_1339

IMG_1340

IMG_1341

IMG_1342


では、ここで両チームのスタメンです。




023


パルセイロは先週のリーグ戦からメンバーを一人変更。#21立川選手が加入後初のスタメンを飾りました。フォーメーションは3-4-2-1です。


一方の新福大は4-4-2。去年の試合を経験したメンバーも4人残っています。アルビレックス新潟への加入が内定している#9矢本選手に注目が集まりますが、#11佐々木選手も去年の試合でゴールを決めており、他にも力のあるメンバーが揃っています。
















12時55分。選手入場に合わせて写真を撮るためにメインスタンドに移動です。


IMG_1344


この日のパルセイロサポーター。J3の時とは逆のスタンドに位置どっています。人数にして100人くらいでしょうか。


IMG_1345


逆側のゴール裏には分かりにくいですが、新福大の幟と弾幕が掲げられています。新福大の部員もこの日は佐久陸に来ていましたが、メインスタンドで観ていて、特に応援とかはしていませんでした。


IMG_1347


選手入場が始まる少し前だったんですけど、ベンチ外の選手が普通にスタンドを歩いてチーム関係者席に向かっていたんですよね。#6岩沼選手#7妹尾選手らが。素朴だなって思います。



IMG_1348

IMG_1349

IMG_1353

IMG_1355

IMG_E1356

IMG_E1357

IMG_E1358


IMG_1360


ゴール裏に戻っている最中に前半キックオフ!


IMG_1362

IMG_1365


前半立ち上がりは新福大がボールを握ります。新福大はビルドアップの際にSBが開くことが多く、パルセイロはシステムのかみ合わせ上、どうしてもSBを抑えきれない状況になっていました。新福大はSBにボールが入った時に、FWが動きだしたり、ボランチが寄っていったりとボールを引き出す動きができています。パルセイロの高めのディフェンスラインの裏を狙うボールを前半は多く使っていました。ペナルティエリアに侵入する回数もシュートも新福大の方が前半は多かったです。


IMG_1366

IMG_1367


一方のパルセイロはディフェンスラインでボールを回しこそしますが、なかなか前線に繋げられません。#29山田選手が落ちて打開しようとしますが、かえって中盤が空いてしまっています。また、熱さからか前線の動き出しも少なく、新福大のSHがしっかりとパルセイロのWBを見ていたため、サイドからの展開もあまり上手くいきません。新福大のSBの裏にボールを出そうとしますが、合わないシーンが続きます。


IMG_1369

前半中盤には、今シーズン初の飲水タイムも取られました。


IMG_1370

IMG_1371


また、新福大は陣形をコンパクトに保っていて、セカンドボールを拾う機会も多かったように感じます。ルーズボールの競り合いでもパルセイロは後手に回っていて、それが試合を難しくしていた印象を受けました。


IMG_1373

IMG_1377


前半は新福大に押し込まれながらも、パルセイロは終盤チャンスを迎えますが、決めきれず0-0のまま前半は終了。前半の途中から空には雲が出てきて、太陽を隠してくれて涼しくなってきていたので、運動量を増やしてゴールを奪うことが期待されますね。


IMG_1378



後半開始に当たって、新福大は選手を一人交代。#7東城選手に替えて#5吉岡選手を投入します。一方のパルセイロには選手交代はなく、後半キックオフ!


IMG_1379

IMG_1383


後半からパルセイロはシステムを少し変更してきました。#27竹下選手#19三上選手の2トップにし、その下に#14東選手#29山田選手が2シャドーで控える3-3-2-2のような陣形です。この陣形には中盤を2人から3人にして、相手の2人とギャップを作ることや、新福大のビルドアップの際にシャドーにSBを見させるという役割をはっきりさせ、SBからのボール出しを封じようとする狙いがあったでしょうか。


024


ただ、フォーメーション変更の効果は薄く、新福大に攻められるという展開は前半と変わりません。そこで横山監督は後半13分には#27竹下選手に替えて#23大城選手を、後半21分には#25有永選手に替えて#8堂安選手を投入して、自ら試合を動かそうとしてきていました。このあたりから流れはパルセイロに傾き始め、後半19分には#29山田選手が今戦からゴールに押し込みますが、これはオフサイドの判定を取られてしまいました。


IMG_1384

IMG_1388


新福大も後半25分に#22有田選手に替えて#28オナイウ選手を投入するなど動きますが、後半30分あたりから先に足が止まり始めます。プレスが遅くなり、パルセイロがボールを持てるようになります。パルセイロは敵陣中央ほどまで侵入することができるようになり、パスが短くなった分、FWがサイドの裏を狙う攻撃も成功するようになっていきます。ただ、新福大の選手がシュートコースを確実に塞いできていたため、パルセイロはなかなかシュートにまでつなげることはできません。


IMG_1390

IMG_1393


それでも後半38分。パルセイロは右サイドを突破し、クロスが入ります。これは流れてしまいますが、#18内田選手が左サイドで相手からボールを奪い、再びクロス。これに#19三上選手が合わせて、パルセイロは待望の先制点を挙げました。前半は負けがちだったデュエルに勝てたことで生まれた得点ですね。


IMG_1392

IMG_1394


それからは、パルセイロのディフェンスラインが下がり新福大に攻められる時間が長くなりますが、セットプレーも#21立川選手を中心に守ります。後半42分に#14東選手に替えて、#9津田選手を投入し、後半アディショナルタイム3分もコーナーフラッグ付近で上手く時間を使い、試合終了。パルセイロが苦戦しながらも1-0で勝利し、天皇杯2回戦へと駒を勧めました。


IMG_1395

IMG_1397

選手たちは喜びつつもやや厳しい表情です。


IMG_1398

IMG_1399

IMG_1402

IMG_1403


この日のシャナナの時には#21立川選手#30浦上選手が前に出てきていました。#30浦上選手は見かけによらずノリがいいタイプなんでしょうか。


IMG_1404


さらに試合後には去年と同様、新福大の選手たちが挨拶に来てくれました。


IMG_1405

IMG_1406


負けはしましたが、パルセイロにも引けを取らない戦いをしていました。来年はパルセイロ以外と当たって1回戦突破をしてほしいです。


IMG_1407


スタジアムを出て帰ろうとすると、ベンチ外の選手がその辺を普通に歩いていましたね。サポーターとも話していました。チーム全員でこれからも勝利を積み重ねていってほしいところです。


お疲れ様でした!

















公式記録(JFA)

監督コメント(Jリーグ公式)

選手コメント(Jリーグ公式)

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権 1回戦 vs 新潟医療福祉大学(長野公式)














天皇杯1回戦を突破したパルセイロ。2回戦はJ1の清水エスパルスと初対戦です。IAIスタジアム日本平で、7月3日(水)の19:00~という時間帯ですが可能な方は応援をよろしくお願いします。


そして、その前にJ3もあります。パルセイロの次戦は6月2日(日)14:00~。ホームの長野Uスタジアムでカターレ富山を迎え撃ちます。富山はここまで3勝5分1敗の勝ち点14で6位につけており、パルセイロとしては勝って順位を入れ替えたいところです。ぜひ長野Uスタジアムにお越しいただいて、一緒にリーグ戦3連勝の瞬間を見届けましょう。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


おしまい





☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆







2日続けてこんばんは。これです。今日は天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会(以下、天皇杯)1回戦を観に行ってました。難しい試合でしたよ。

さて、試合前に書くことが特にない事もあり今日の観戦記は試合のみです。拙い文章ではありますが何卒よろしくお願いいたします。

では、スタートです。

































試合の前にまずは今日のスタメンです。


IMG_E4638

パルセイロはリーグ戦で出場機会の少ないメンバーを中心に起用してきました。

対する新潟医療福祉大学のスタメン
IMG_E4639

こちらもパルセイロと同じ4-4-2です。


IMG_4531

前半キックオフ! 



IMG_4532

IMG_4533

試合開始直後からパルセイロは新潟医療福祉大学の攻撃に押されます。

新潟医療福祉大学の2トップの#9矢村選手#16佐々木選手のどっちも空中戦が強いんですよね。2トップがヘディングして再度に流してそのボールを#23シマブク選手#14脇坂選手の両SHが拾って攻撃というパターンが確立していました。#2松原選手#4内野選手は今日は二人とも空中戦で後手を踏んでいました。




IMG_4534

IMG_4536

今日の試合はモロに#26遠藤選手のいる右サイドが狙われてました。新潟医療福祉大学はSHがボールをキープしてSBがオーバラップしたところに後ろ向きでパスを通す(ヒールとかで)、そしてフリーの状態でSBがクロス、もしくは中に切り込むといった攻撃が機能してましたね。パルセイロの右サイドで。#6吉川選手はSBのわりに突破力がありましたね。#26遠藤選手はそういった新潟医療福祉大学の攻撃にあまり対応できていませんでした。



IMG_4538

IMG_4542

そして前半14分に右サイドを崩されて新潟医療福祉大学に与えてしまったCKからパルセイロは先制されます。一旦は防いだ後の2度目のCK。#10上米良選手が上げたボールを#4橋本選手に頭で合わされあっさり失点。試合早々にパルセイロはビハインドを負ってしまいます。




IMG_4544

IMG_4546

先制をしてますます勢いに乗る新潟医療福祉大学。流動性が高く2列目から選手がどんどん飛び出してくる攻撃で何度もパルセイロゴールを脅かします。新潟医療福祉大学の選手の方が動きが段違いに良かったですもんね。あと球離れが早くて思い切りがよい。パルセイロの選手は新潟医療福祉大学の選手の動きについていけずやりたい放題やられます。



IMG_4550

パルセイロも球際の強さで相手からボールを奪い取って攻撃に出るんですけど、まったく推進力がないんです。ディフェンスラインでボールを回すだけで前にボールが入らない。せっかく前にボールが入っても球離れが悪く、出しどころを失って戻すだけ。たまに出るロングボールもラインを割ったりゴールキーパーへのダイレクトパスになったり全くチャンスにつながりません。ほとんど全員が良くなかったんですけど、その中でも#26遠藤選手はちょっと良くなかったですね。サイドチェンジでフリーでボールを受けて、前が空いてるんだから前に行けばいいのにボールを止めてパスコースを探してるうちに相手に寄って来られて戻してしまうということの繰り返し。前にボールを運ぶということが全くできていませんでした。守備では狙われ、攻撃では前にボールを運べない。正直前半で#19三上選手と交代あるかなって思ったぐらい。浅野監督へ与えた印象は相当悪く、評価を大きく下げてしまったと思います。おそらく大宮戦では#15西口選手が出るでしょう。#26遠藤選手は今シーズンもう一度出番があるかどうかだと思います。ここから巻き返すのは相当難しい。このままだと間違いなく今シーズン限りで契約を切られるので何とか巻き返してほしいんですけど。



IMG_4557

IMG_4558

でもディフェンスラインから前にボールが出ないのは出してだけの問題じゃなくて。前線が全然動かないんです。#13勝又選手以外全員が止まってボールを貰おうとしていました。パスコースが消されてるのに動かなかったらボールが出てくるわけないじゃないですか。インターセプトされる場面も多かったし。出し手と受け手の双方がイマイチでしたね。今日の攻撃の組み立ては。J3とはいえプロがこれかって悲しくなりました。



IMG_4559

そんな中でも#13勝又選手は何とかしようとしていましたね。まずSHの選手がボールを持ってる選手に近づいて自分がさっきまでいたスペースを空けます。その空いたスペースに#13勝又選手が飛び込んでボールを受けようとする場面が目立ちました。先制点になったCKも#13勝又選手がサイドに流れることで得たものですしね。



IMG_4551

前半32分、パルセイロは#13勝又選手の仕掛けからCKを獲得します。#23堂安選手が上げたボールに合わせたのは#7佐藤選手。ヘディングシュートがゴールに突き刺さりパルセイロが同点に追いつきます。全然攻撃の形が作れていない中でこの同点弾はとても大きいものでした。#7佐藤選手は今シーズン公式戦初ゴールです。



IMG_4554

IMG_4555

ここからパルセイロが攻めたいところでしたが、状況変わらずなかなかゴール前までたどり着くことができません。新潟医療福祉大学の2人のCB#4橋本選手#2喜岡選手も空中戦が強いんですよね。2トップの#11岡本選手#13勝又選手にロングボールが入ってもこの二人に跳ね返され、なかなかボールキープすることができません。



IMG_4560

そして1-1のまま試合は進み前半アディショナルタイムは3分。#4橋本選手が試合序盤で痛め、試合が長らく中断したため長めのアディショナルタイムになっていたのでした。



IMG_4564

IMG_4565

前半アディショナルタイム2分。右サイド高い位置でスローインを獲得したパルセイロ。#2松原選手のロングスローに#4内野選手が合わせ、前半のうちにパルセイロが逆転に成功します。#4内野選手も今シーズン公式戦初得点。また天皇杯での得点は2年連続です。天皇杯マン。



IMG_4566

その後まもなくホイッスルが鳴り前半が終了。新潟医療福祉大学が攻めていた記憶しかありませんが、気づけばパルセイロがリードしていたそんな前半でした。後半このままだと相当ヤバい…。


IMG_4568

私の予想に反して両チーム選手交代はないまま後半がキックオフ!



IMG_4572

IMG_4573

後半も前半と変わらず新潟医療福祉大学がボールを持って攻め込みます。その要因はセカンドボールにありました。

とにかく新潟医療福祉大学の選手はよくセカンドボールを拾う。運動量が多くて、機動力があり、ボールがこぼれそうなところに常に顔を出している。セカンドボールの奪取によって攻撃を続けることができていましたしボール支配率は新潟医療福祉大学が60%ぐらいいってたんじゃないかな。なかなかボールを手にすることができずパルセイロは防戦一方でした。



IMG_4574

IMG_4577

今日のパルセイロの攻撃でしたが本当に良くなかったですね。とにかく攻撃のスピードが遅いんです。遅攻ばかりで速攻がない。加えて、選手の動きが少なくてコースが読まれやすいのでボールをカットされる回数が多い。新潟医療福祉大学のプレスが早くてパルセイロの選手がボールを持ってる間にあっという間に近づいてくる。あと単純に技術的に新潟医療福祉大学の選手の方が上手かった。前線になかなかボールを繫げず、パルセイロは後半25分に至るまでシュートがありませんでした。ひどい…。



IMG_4580

IMG_4582

IMG_4583

それと守備も同じくらいまずかったですよね。前からプレスに行かずリトリートする守備をパルセイロは今日も採用してたんですけど、今日は全然ブロックが作れてなかった。とにかく選手間の距離が遠いんですよね。そうなるとプレスに行くのも遅くなり、ボールは回され放題です。バイタルエリアでもスイスイボールを回される絶望感。新潟医療福祉大学は思い切った速攻が多く、ワンタッチ・ツータッチで面白いようにパスが繋がるので密度の濃い練習をしているんだろうなあ。パルセイロも見習ってほしいです。



IMG_4584

IMG_4587

それでも#21小澤選手のセーブや相手の決定力不足にも助けられながら、1-1のまま試合は進みます。
後半26分、29分、34分に新潟医療福祉大学は立て続けに選手交代。#8谷村選手#13野村選手#11林選手を投入して2点目を奪いに行きます。



IMG_4591

IMG_4596

対するパルセイロも後半29分に#13勝又選手に代えて#25有永選手を投入。#13勝又選手は一番動いていたので足が止まってきてたのかな。可能性を一番感じる選手を真っ先に後退されるのはなかなかキツイものがあります。代わって入った#25有永選手はボランチに入り、ボランチの#23堂安選手が左SHに、左SHの#28松村選手がトップにそれぞれ入りました。



IMG_4590

本日の入場者数は1,641人。まあこんなもんでしょう。もっと入ってほしかったですが。



IMG_4592

IMG_4599

IMG_4601

パルセイロが交代をしても新潟医療福祉大学の攻勢は続き、パルセイロは自陣に釘付け、いわゆるワンサイドゲームの様相は変わりません。そんな中後半38分浅野監督は攻撃の切り札である#8河合選手を投入します。交代相手は何とか割って入ったばかりの#25有永選手。どうやらプレー中に負傷したようで、そのまま足を引きずって退場。リーグ戦に影響が出ないことを祈ります。ここまで全試合フル出場の#25有永選手が出られないとなったらヤバいですからね。試合後の挨拶にも加わってませんでしたし、それなりのケガなのかな。つ鶴
そして代わりに入った#8河合選手は左SHに入り、#23堂安選手が再びボランチに戻ります。



IMG_4602

IMG_4603

IMG_4604

そして迎えた後半41分でした。パルセイロはバイタルエリアで新潟医療福祉大学にテンポよくパスを繋がれ(書いてて悲しくなってきた)、最後は#11林選手にシュートを決められて同点に追いつかれます。いつ追いつかれてもおかしくない雰囲気のままここまで粘ってきたのにここで決められるかってガックリ来ました。パルセイロがここまで攻撃の形を作られていないことも落胆に拍車を掛けます。どーすんだこれ。このまま3点目奪われて負けたら最悪だぞ...。



IMG_4606

IMG_4609

IMG_4610

ちなみにこの直後にパルセイロの最後の交代が行われました。#28松村選手に代えて#19三上選手#19三上選手は右WBに入り、#26遠藤選手がCBに移動しパルセイロは5バックとなりました。失点前にこうしたかったんでしょうけど追いつかれたあとじゃあ...。今日良くなかった#26遠藤選手を最後まで引っ張ったのも謎です。



IMG_4619

IMG_4612

しかし、ここからパルセイロは今シーズンの特徴であるしぶとさを見せます。後半アディショナルタイム3分に突入してからCKを得ると右から#23堂安選手が上げたボールはゴール前で混戦に。そんななかボールが#4橋本選手の手に当たり、パルセイロが土壇場でPKを獲得します。出た!今シーズンのパルセイロの必殺技「PK」!絶対PK獲るマンですね今シーズンのパルセイロは。



IMG_4613

IMG_4615

IMG_4617

キッカーはこの日同点弾を決めた#7佐藤選手。キーパーの逆を突いて左に決め見事パルセイロが勝ち越しに成功します。これで今シーズンのパルセイロのPK成功率100%は継続。絶対PK決めるマンです。



IMG_4620

IMG_4621

残り少ないアディショナルタイムもパルセイロは必至で守り切り、3-2で試合終了。パルセイロがなんとか勝ち切り2回戦進出を決めました。

IMG_4625

IMG_4627





試合後には新潟医療福祉大学の選手がパルセイロゴール裏に挨拶に来てくれました。

IMG_4628

IMG_4629

スピーディーで思い切りのいいサッカーでパルセイロを圧倒した新潟医療福祉大学。今日は負けてしまいましたが、いい経験になったことでしょう。陰ながら応援してます。頑張れ。



一方のパルセイロ。

IMG_4630

IMG_4631

内容が不甲斐ないものだっただけに勝ったにもかかわらず選手の表情はあまり芳しくありません。

IMG_4632

IMG_4633

ただ内容的には完敗でしたが、試合には勝ったわけで一番大切な勝利という結果を得ることができたのは良かったです。今日負けてたら再来週大宮と戦えないわけですしね。今日のことはしっかりと反省してまた次につなげてほしいと思います。



試合日程・結果|天皇杯JFA 第98回天皇杯全日本選手権大会
(NHKスポーツオンライン)

監督コメント(Jリーグ公式)

選手コメント(Jリーグ公式)

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦の結果
(長野公式)



さて、パルセイロの次の試合は6/2、J3第12節 vsFC琉球戦(18:00~ @沖縄県立総合運動公園陸上競技場)です。琉球は順位も上で強敵ですが、ここで勝ち点を落とすようなことがあるとJ2昇格がさらに遠ざかってしまうので、勝利は必須です。公式戦3連勝中という勢いを生かして勝ってほしいです。いや、勝ってください。

そして、中3日の6/6には天皇杯2回戦があります。19:00からJ2の大宮アルディージャとアウェイNACK5スタジアムで対戦。パルセイロと大宮は公式戦初対戦ですが、是非とも2年連続の番狂わせ、ジャイアントキリングを起こしていただきたい。今日のままなら間違いなく負けるので十分修正して挑んでほしいです。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


おしまい


耳鳴り
チャットモンチー
キューンレコード
2006-07-05



このページのトップヘ