Subhuman

ものすごく薄くて、ありえないほど浅いブログ。 Twitter → @Ritalin_203

タグ:有永一生



こんにちは。これです。


では、2日連続の移籍ブログいってみましょう!




―今回のラインナップ―

・松原優吉選手が契約更新(パルセイロ)
・有永一生選手が契約更新(パルセイロ)
・ヴィッセル神戸から山口真司選手が完全移籍で加入(パルセイロ)
・坂本理保選手と望月ありさ選手がニッパツ横浜FCシーガルズに移籍(パルセイロレディース)
・西川明花選手が伊賀くノ一フットボールクラブに移籍(パルセイロレディース)
・本田美登里監督が続投(パルセイロレディース)
・堤喬也GKコーチが契約更新(パルセイロレディース)
・石原崇兆選手がベガルタ仙台に完全移籍(山雅)
・森本大貴選手がSC相模原への期限付き移籍期間を延長(山雅)
・塚川孝輝選手がファジアーノ岡山から完全移籍で加入(山雅)










AC長野パルセイロ

・松原優吉選手が契約更新

契約更新のお知らせ(長野公式)

1100185_l







今シーズン松原選手は昨シーズンのケガから復活を果たします。やや出遅れたものの第6節の沼津戦で今シーズン初出場を果たしさっそくアシストを記録すると、そこから先はほとんどの試合に出場。左SBとは思えない高い位置を取りクロスを何本も供給し、Football LabのクロスCBPはチーム1位の9.86。ロングスローも変わらずチームの武器となりました。主力として27試合に出場して3ゴール6アシストを挙げ、チームを左サイドから活気づけましたね。第30節の沼津戦で3アシストを記録したのが記憶に新しいところです。


ここ最近契約未更新の選手の移籍が相次いでいたので、松原選手ももしかしたら移籍かと思われましたが、今回ちゃんと契約を更新してくれました。しかし、それと同時に左ひざ半月板を損傷し全治6ヶ月であることも発表。来シーズンはリハビリからのスタートになりますが、まずはじっくり焦らずケガを治して、またピッチで元気な姿を見せてもらえればと思います。来年もよろしくお願いします。









・有永一生選手が契約更新


契約更新のお知らせ(長野公式)

member_25664_1


【長野 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:「勝つことだけを考えてやるだけ」。有永一生は走って走って走り倒す!(J's GOAL)







関東学院大学から加入して今シーズンで8年目を迎えた有永選手。浅野監督時代はボランチで出場していましたが、阪倉監督になってからは右サイドハーフでプレーしました。どのポジションでも持ち前の運動量で走り回り、攻撃も守備も精力的にこなしていましたね。昨シーズンは5ゴールを挙げてチーム得点王に輝きましたが、今シーズンはリーグ戦27試合に出場して2ゴール1アシスト。堂安選手らとの競争を繰り広げながら、昨年同様多くの試合に出場しました。Jリーグ通算150試合出場も成し遂げましたね。


松原選手と同様に移籍が危惧されましたが、無事に今シーズンも契約更新。「たくさん走って一生懸命頑張ります!!」というコメント通り、来シーズンも走り回ってチームを助けることを期待してます。引き続き活躍のほどをよろしくお願いいたします。












・山口真司選手がヴィッセル神戸から完全移籍で加入

山口 真司選手 ヴィッセル神戸より完全移籍加入のお知らせ
(長野公式)

DF山口真司選手 AC長野パルセイロへ完全移籍のお知らせ
(神戸公式)


山口真司選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ
(大分公式)

OT18_036


”貴重な”左利きのSB”としてクラブが大きな期待を寄せる下部組織育ちの左SB。左足から繰り出すクロスやパスの質は高く、好機を逃さないオーバラップも魅力だ”

”一昨季のルーキーイヤーは、出場機会こそ多くはなかったが、左足から前線に入れるクサビのパスの強度、精度の高さで魅了し、対人守備ではJトップクラスの外国籍アタッカーを聞止めるなど、何度も見せ場を作っている”


(2017エル・ゴラッソJリーグ選手名鑑)


松原選手の離脱、都並選手の契約満了によって手薄になった左SBに新戦力が加入しました。山口真司選手が神戸から完全移籍で加入です。イケメンですね。


神戸ユース出身の山口選手は2015年から神戸でプレー。天皇杯ではパルセイロとの試合にも出場していますね。2016年の後半には大分に育成型期限付き移籍をして、リーグ戦7試合に出場。短い出場時間ながら精度の高いクロスで3アシストを記録しています。ここでもUスタでの試合に出場していますね。そして、神戸に戻った昨シーズンはリーグ戦の出場はなし。大分に再び期限付き移籍をして迎えた今シーズンは右ひざの靱帯損傷の影響もあり、これまた出場はゼロ。そして、今回パルセイロへの完全移籍が発表されました。


パルセイロの左SBには現在負傷中の松原選手や遠藤選手、また今シーズンはボランチを務めた岩沼選手などがプレー可能ですが、山口選手には他の選手にはない左利きという大きな武器があります。左利きで左サイドのプレーだと、クロスを速いテンポで挙げられるという利点がありますしね。昨シーズンは2試合、今シーズンは出場と試合勘に不安を残す部分はありますが、パルセイロで再起を図ってほしい。パルセイロで2度目のJ2昇格を経験できるように頑張ってください。








2019AC長野パルセイロ(12月28日現在)


監督:横山雄次(新任)
ヘッドコーチ:大槻紘士(留任)

アシスタントコーチ:竹原靖和(新任)
フィジカルコーチ:中村圭介(留任)


契約更新

GK 阿部伸行 
GK 小澤章人

DF 松原優吉 ←New!!
DF 大島嵩弘
DF 内野貴志
DF 西口諒
DF 内田恭兵
DF 遠藤元一
MF 岩沼俊介

MF 東浩史
MF 明神智和 
MF 國領一平
MF 堂安憂
MF 新井純平
MF 有永一生 ←New!!
FW 津田知宏
FW 宇野沢祐次
FW 三上陽輔

FW 竹下玲王


IN

GK リュウ・ヌグラハ(←上田千曲高校
DF 吉村弦(←同志社大学
DF 池田樹雷人(←愛媛/育成型期限付き移籍
DF 山口真司(←神戸/完全移籍 ←New!!
MF 木村裕(←長崎/完全移籍
MF 妹尾直哉(←G大阪/完全移籍

FW 大城佑斗(←中京大学


GK:3人 DF:9人 MF:9人 FW:5人 計:26人


OUT

GK 田中謙吾(→松本/完全移籍 
DF 寺岡真弘(→北九州/完全移籍 
DF 都並優太(→契約満了/未定
MF 河合秀人(→琉球/完全移籍
MF 前田悠斗(→契約満了/未定 

FW 佐藤悠希(→契約満了/未定 
FW 岡本英也(→契約満了/未定 
FW 勝又慶典(→契約満了/未定 
FW 松村亮(→契約満了/未定 
FW 萬代宏樹(→契約満了/未定
















AC長野パルセイロレディース

・坂本理保選手、望月ありさ選手がニッパツ横浜FCシーガルズに移籍

移籍先決定のお知らせ(長野公式)

選手加入のお知らせ(横浜公式)

2396

2918


パルセイロレディースを退団した坂本選手と望月選手はなでしこリーグ2部のニッパツ横浜FCシーガルズに移籍。今シーズン坂本選手はCBでクレバーな守備を、望月選手はGKで何度もビッグセーブを見せていて、二人ともまだまだ1部でできると思っていただけにこの移籍は意外です。シーガルズの監督は元パルセイロ強化部長の神野さんなのでそのツテですかね。


移籍先のシーガルズは今シーズン2部で9勝4分5敗の勝ち点31で2位。日体大FIELDS横浜との入れ替え戦に進みましたが、惜しくも敗れて1部昇格とはなりませんでした。この度加入する二人には、新潟レディースから加入する小原由梨愛選手とともに後ろからシーガルズを支えて1部昇格に貢献することが求められます。齋藤あかね選手や木下栞選手、中村ゆしか選手が加入したちふれASエルフェン埼玉などとの激しい戦いが予想されます。来シーズンのなでしこ2部は注目ですね。









・西川明花選手が伊賀フットボールクラブくノ一に移籍

移籍先決定のお知らせ(長野公式)

2019新加入選手のお知らせ(伊賀公式)

15_3


今シーズンFWとしてリーグ16試合に出場し2ゴールを挙げた西川選手は伊賀フットボールクラブくノ一に移籍となりました。伊賀は今シーズンなでしこ2部で14勝2分2敗の勝ち点44と圧倒的な強さを見せ1年でなでしこ1部復帰を成し遂げています。つまり来年はライバルとして戦うことになりますね。同時に加入が発表された道上彩花選手らとの競争を制して、またUスタのピッチに立ってほしいところです。伊賀もパルセイロレディースと同じく厳しい戦いになるとは思いますが、負けじと頑張ってください。


ところで、伊賀の公式で「ヘディングとセンタリングに飛び込むプレーが得意です!」とプレーの特長が説明されていますが、こういうのはいいですね。パルセイロでもぜひとも採用していただきたいです。












・本田美登里監督が続投

本田 美登里監督 続投のお知らせ(長野公式)

2017112265512


本田体制も今シーズンで6年目。新体制発表会では「5年間で築き上げたスタイルをベースに攻守において20UP!! 底力のある骨太のチームへ」リーグ、カップ、皇后杯3位以内を目指す」と宣言されていました。その結果は得点は昨シーズンの23得点から22得点に減少。守備は昨シーズンの16失点から27失点に増加。リーグ7位、カップ戦グループリーグ敗退、皇后杯準々決勝と何一つ成し遂げられず、攻撃的なサッカーの片りんは見せたものの、結果を残せず悔しいシーズンとなってしまいました。


不振に終わった成績を取ってもしかしたら退任するのかもしれないと考えていましたが、今回続投が正式決定。前々から続投するという報道は出ていましたが、実際に決まると安心します。今オフパルセイロレディースは多くの主力選手が退団し、来年はより一層若いチームになることが予想され、本田監督には難しいかじ取りが迫られますね。ただ、そこはチームの構築に定評のある本田監督。

大幅に選手が入れ替わりますが、この6年間積み上げてきた「らしさ」は貫き通しながらも、再度、選手の特性を可能な限り引き出し、磨き、まずは個で戦える選手を育てたいと考えています

というコメントを出しており、本田監督の下で若手が成長することを考えるとワクワク感が生まれてきますね。


さらに、コメントでは

チームが強くなることが大前提ですが、町クラブだからこそ身近に温かい関係が生まれ、個性的な価値観を生み出せるとも思っています。緑の芝のホームグラウンドで、パルセイロ・レディースの試合を見るだけでワクワクする高揚感を作り出せるよう、地域の皆様、ホームタウンを意識してこの職を継続させていただきます


とも宣言しています。今シーズンのパルセイロレディースのリーグ戦の観客動員数平均は2,350人。また、篠ノ井を中心にパルセイロレディースを応援しようという気運も生まれており、地域に根差してきているのを感じます。来年は結果・内容共に向上させてさらにパルセイロレディースを広めっていってほしいです。よろしくお願いします。











・堤喬也GKコーチが契約更新

コーチングスタッフ契約更新のお知らせ(長野公式)

tsutsumi


2013年に岡山湯郷Belleからやってきた堤コーチも来シーズンでもう6年目。今シーズンはなでしこリーグでも珍しいGK4人体制を下支えしてくれましたね。来年はGKも入れ替わりますが、堤コーチの指導でレベルアップさせて、失点を今シーズンの27失点から20失点以下にまで減らしてほしい。来年もよろしくお願いします。






2019AC長野パルセイロレディース(12月28日現在)

監督:本田美登里(留任)←New!!
GKコーチ:堤喬也(留任)←New!!


契約更新

GK 池ヶ谷夏美

GK 風間優華 

DF 野口美也
DF 鈴木
里奈 
DF 小泉玲奈 
DF 五嶋京香

MF 滝川結女
FW 三谷沙也加
FW 古舘知都 



IN

DF 大河内友貴(←常盤木学園高校 
MF 原海七(←INAC神戸レオンチーナ
MF 瀧澤千聖(←十文字高校
FW 中村恵実(←常盤木学園高校
FW 山岸夢歩(←開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部


GK:2人 DF:5人 MF:3人 FW:4人 計:14人


OUT


GK 小髙愛理(→未定
GK 望月ありさ(→ニッパツ横浜FCシーガルズ ←New!!
DF 高橋奈々(→現役引退
DF 坂本理保(→ニッパツ横浜FCシーガルズ ←New!! 
DF 藤村茉由(→現役引退 
DF 池崎愛(→アンジュヴィオレ広島
MF 木下栞(→ちふれASエルフェン埼玉
MF 大宮玲央奈(→未定 

MF 齋藤あかね(→ちふれASエルフェン埼玉
MF 内田好美(→未定 
MF 神田若帆(→アンジュヴィオレ広島

MF 中村ゆしか(→ちふれASエルフェン埼玉
FW 西川明花(→伊賀フットボールクラブくノ一 ←New!!




去就未定

MF 國澤志乃
FW 中野真奈美
FW 横山久美
FW 鈴木陽

MF:1人 FW:3人 計:4人
















松本山雅FC

・石原崇兆選手がベガルタ仙台へ完全移籍

石原崇兆選手 ベガルタ仙台へ完全移籍のお知らせ(松本公式)

松本山雅FC 石原崇兆選手 完全移籍加入のお知らせ(仙台公式)

face_2018_201-481x640


【松本 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:サイドでも、シャドーでも。石原崇兆が終盤戦のキーマンになる!(J’s GOAL)







あああああああ。マジかよおおおおおおおおおおお。J1に昇格したこのタイミングで移籍って辛いですね。思えば前回のJ1昇格時にも仙台には多々良敦斗選手を引き抜かれていますし、2回連続ですね。自チームの強化とライバルの弱体化を同時に図る合理的な補強です。引き抜かれた方からしたらたまったもんじゃないんですけどね。サポ人気もあった選手ですし、SNSから多くのサポーターが悲しんでいる様子が見受けられます。


石原選手は今シーズンも左WBのポジションをがっちり確保しリーグ戦41試合に出場し2ゴール5アシスト。第7節の大宮戦で1ゴール1アシストを記録してチームをシーズン初勝利に導いたのが印象深いですね。縦にガンガン仕掛け続け、カットインからゴールを脅かすなど攻撃面で存在感を発揮しました。Football Labの攻撃CBP71.00、ドリブルCBP15.64はいずれも2位以下を大きく引き離しチーム1位。クロスCBPでも15.98で岩上選手に続きリーグ2位。左サイドから山雅の攻撃を活性化させました。また、守備でも着実な成長を示しリーグ最少の34失点に貢献。山雅の在籍4年間で攻守ともに大きくスケールアップ。通算で130試合出場13ゴール13アシストという成績を残しました。全部13ですね。


一方、移籍先の仙台ではWBの中野嘉大選手や古林将太選手が流出。WBは補強ポイントの一つとして上がっていましたが、山雅でチームMVP級の活躍を見せた石原選手を引き抜くことに成功しました。石原選手は仙台では関口訓充選手や永戸勝也選手との競争になりますが、何とかその競争を勝ち抜いて試合に出場してほしいところ。石原選手はコメントで「またアルウィンでみなさんに会えるのを楽しみにしてます」と語っていますが、こちらもまた会えることを楽しみにしています。同課その時はお手柔らかにお願いします。仙台でも変わらずがんばってください。









・森本大貴選手がSC相模原への期限付き移籍期間を延長

森本大貴選手 SC相模原への期限付き移籍期間延長のお知らせ(松本公式)

森本大貴選手 期限付き移籍期間延長のお知らせ(相模原公式)

face_morimoto_500x655-489x640


今シーズン関東学院大学から加入した森本選手。シーズン前に反町監督にさっそくカミナリを落とされ、前途多難な滑り出しでした。新加入選手会見で飯田選手に挑戦状をたたきつけたものの、山雅では試合に絡むことができず。シーズン途中で相模原への育成型期限付き移籍が発表されました。移籍先の相模原ではさっそくCBとして定着すると、14試合に出場。闘志を前面に押し出したプレーで相模原のゴール前に立ちはだかり、また右SBも経験してプレーの幅を広げました。しかし、終盤戦には出場機会を失ってしまったのは少し懸念材料ですね。


今オフ山雅のレギュラーCB3人は全員契約更新。さらには服部選手や米原選手、また加入選手の噂もまだあり、森本選手にとってはなかなか難しい状況に。なのでもう1シーズン相模原で経験を積むというのは妥当な判断のように思えます。相模原でシーズンを通して試合に出て、大きくなって山雅に帰ってきてください。活躍を応援してます。









・塚川孝輝選手がファジアーノ岡山から完全移籍で加入

塚川孝輝選手 完全移籍加入のお知らせ(松本公式)

塚川孝輝選手 松本山雅FCへ移籍のお知らせ(岡山公式)

face_tsukagawa-481x640


体の強さを生かしてボールを奪取し、正確に攻撃に繋げていくボランチ。最終ラインでもプレーできる

(2017エル・ゴラッソJリーグ選手名鑑)

前線で体を張って思い切りよくプレーし、ボランチでは相手とガツガツ体をぶつけてボールを奪取

(2018エル・ゴラッソJリーグ選手名鑑)









岡山が誇る潰し屋系大型ボランチがJ1を戦う山雅に加入です。岡山からの加入は前回昇格時に3選手を引き抜いて以来ですね。あいも変わらずいい選手いますね。


流通経済大学から2017年に岡山に加入した塚川選手はルーキーイヤーから34試合に出場。激しいフィジカルコンタクトでボールを奪い中盤に安定をもたらすと、体の強さを買われシャドーの位置でもプレー。2ゴール3アシストを記録しました。そして迎えた今シーズンも主力として試合に出続けます。ボランチとシャドーの他にCBもこなしユーティリティ性を見せつけました。今シーズンの山雅戦で決めたゴールに象徴されるようにミドルシュートも持っており、打点の高いヘディングシュートとともに攻撃面でも違いをもたらすことができる、まだ24歳の超有望選手です。こういう選手を引き抜けるのもJ1に昇格したからですね。


塚川選手が山雅でどのポジションで使われるかは分かりませんが、本職でのボランチでの出場だと考えると主な競争相手はパウリーニョ選手となりそうです。中盤に攻守に圧倒的な存在感を発揮するパウリーニョ選手の壁は高いですが、塚川選手には184㎝というパウリーニョ選手にはない高さがあります。


この世界は結果が全てだと思うので、その結果に応えられるように自分の全てをぶつけたいと思います」(松本側コメント)

生半可な気持ちで決めたわけではありません」(岡山側コメント)



というコメントが表すように強い決意を持って山雅に加入した塚川選手。道のりは険しいですが、練習からアピールしていってレベルの高いポジション争いを繰り広げてほしいです。そして、山雅のJ1残留に力を貸してください。よろしくお願いします。








2019松本山雅FC(12月28日現在)

監督:反町康治(留任)
コーチ:長島裕明



契約更新

GK 村山智彦
GK ゴ・ドンミン
DF 浦田延尚
DF 飯田真輝
DF 橋内優也

DF ジョ・ジヌ
MF セルジーニョ
MF 中美慶哉
MF パウリーニョ
MF 安東輝
FW 前田大然
FW 永井龍



IN

GK 田中謙吾(←長野/完全移籍
DF 山本龍平(←四日市中央工業高校
DF 大野佑哉(←阪南大学
DF 服部康平(←栃木/完全移籍
MF 米原秀亮(←熊本/完全移籍
MF 町田也真人(←千葉/完全移籍
MF 高橋諒(←湘南/完全移籍

MF 塚川孝輝(←岡山/完全移籍 ←New!!
FW 榎本樹(←前橋育英高校

GK:3人 DF:7人 MF:8人 FW:3人 計:21人


OUT

GK 鈴木智幸(→東京V/完全移籍
GK 永井堅梧(→徳島/期限付き移籍
DF 星原健太(→契約満了/未定

DF アンダース・アプリン(→ゲイラン・インターナショナルFC/期限付き移籍期間満了 
DF 安川有(→契約満了/未定 
DF 森本大貴(→相模原/期限付き移籍期間延長 ←New!!
MF 岩間雄大(→栃木/完全移籍
MF 志知孝明(→水戸/完全移籍
MF 石原崇兆(→仙台/完全移籍 ←New!!
MF 岡本知剛(→熊本/完全移籍 

FW 三島康平(→熊本/完全移籍
FW ジネイ(→契約満了/未定




去就未定

GK 守田達弥
DF 田中隼磨
DF 當間建文
DF 下川陽太
DF 武藤友樹
DF 今井智基
MF 藤田息吹
MF 山田満夫
MF 岩上祐三
FW 高崎寛之
FW 山本大貴
FW 小松蓮


期限付き移籍中

DF 宮地元貴(沼津)

MF 宮阪政樹(大分)
FW 岡佳樹(沼津)



GK:1人 DF:6人 MF:4人 FW:4人 計:15人


お読みいただきありがとうございました。


おしまい


恋のディスクジョッキーMAKOIV+9(紙ジャケット仕様)
石野真子
ビクターエンタテインメント
2008-08-20


こんばんは。これです。今日は2部構成ですが第2部が長めです。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。


第1部

AC長野パルセイロ

トップチーム

・宇野沢祐次選手、阿部伸行選手、新井純平選手、有永一生選手が契約更新

契約更新選手のお知らせ
https://parceiro.co.jp/news/top/201712246643.html

2017122466432

2017122466433

2017122466434

2017122466435


きたあああああああああチームの核となる選手4人の更新じゃああああああああああああ


ウノさんは今シーズンはリーグ戦13試合出場で4得点。Football LabでもシュートCBP(チャンス・ビルディング・ポイント。選手(またはチーム)が試合を通じてどれだけチャンス機会を構築することができたかをFootball Lab独自のロジックにより数値化した指標)は6.06でチームトップ。今シーズンもその決定力の高さは健在であることを示してくれました。でもウノさんも来年で35歳。いつまでも頼ってばかりではいけません。求ム!新たな逸材!そして、ウノさんもそれに負けないように頑張ってください!

アベノブは今シーズンはリーグ戦30出場で21失点。その神セーブで数多くのピンチを救ってくれました。Football LabのセーブCBPは11.71。これはリーグの中でも3位の数字になります。とくにホーム琉球戦での獅子奮迅っぷりが印象的です。サポーター投票の今シーズン最優秀選手に選ばれたのも納得であります。なので残ってくれてよかった。来年も神セーブを連発してください

新井はボランチとして今シーズンリーグ戦30試合0得点。Football Labの攻撃CBPは60.89でチーム1位。パスCBPは55.48でこれまたチーム1位。守備CBPは169.36でチーム3位。文字通りチームの攻守の要として活躍してくれました。高校中退時にいったんサッカーを辞めたり、園芸会社に一般就職したりと実は苦労人の新井。上からの引き抜きがあるかと思ったけど残ってくれてありがとうございます。来年は移籍後初得点決めてくださいね。

アリは今シーズンは右SHやボランチなど複数のポジションをこなしリーグ戦29試合5得点。5ゴールは彼自身のキャリアハイであり、また今シーズンのチーム得点王であります(寂しい数字ではあるけれども)。Football LabのクロスCBPは11.26でチーム1位。攻撃CBPは50.13、パスCBPは35.64でどちらもチーム3位の数字。チームに必要不可欠な選手なので更新してくれて本当に助かった。来年もその無尽蔵のスタミナで走り回ってチームを勝利に導いてください


2018 AC長野パルセイロ(12月24日時点)

監督:浅野 哲也
ヘッドコーチ:阪倉 裕二
コーチ:大槻 紘士
GKコーチ:水谷 雄一

☆契約更新☆
GK 田中 謙吾
GK 阿部 伸行←New!!
DF 松原 優吉
DF 大島 嵩弘
DF 内野 貴志
DF 寺岡 真弘
DF 西口 諒
DF 都並 優太
DF 遠藤 元一
MF 岩沼 俊介
MF 明神 智和
MF 国領 一平
MF 新井 純平←New!!
MF 有永 一生←New!!
MF 前田 悠斗
FW 佐藤 悠希
FW 宇野沢 祐次←New!!
FW 勝又 慶典
FW 三上 陽輔

☆新加入☆
GK 小澤 章人(←秋田
DF 内田 恭兵(←京都
MF 堂安 憂(←びわこ成蹊大
MF 河合 秀人(←鳥取
FW 竹下 玲生(←関西大
FW 萬代 宏樹(←水戸

GK:3人 DF:8人 MF:8人 FW:6人 計:25人




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第2部

皇后杯が終わって感じたこと

2017年の皇后杯が終わりました。結果は日テレ・ベレーザがノジマステラ神奈川相模原を3-0で下し、ベレーザは皇后杯3大会ぶり12回目の優勝です。優勝おめでとうございます。またベレーザはなでしこリーグも2位に勝ち点8差をつけて優勝。これでリーグ戦は3連覇になります。またFW田中美南選手は15得点で2年連続リーグ得点女王。なでしこリーグカップこそ準決勝敗退で優勝を逃しましたが、今シーズンも圧倒的な強さを見せつけました。

まさに今のなでしこリーグは「ベレーザ一強時代」「STOP! THE ベレーザ!!」って感じですが、ここで紹介したいものがあります。週刊少年ジャンプで連載中の漫画「火ノ丸相撲」から元横綱で主人公の師匠・駿海さんの長台詞です。



〝お前ら、今の大相撲をどう思うかね…?
モンゴル人横綱刃皇の一強…
一強なんだよ…
面白くねぇ…!
刃皇は悪くねぇんだ
むしろ相撲人気が低迷する中たった一人で大相撲を支えてきた偉大な横綱さ …
でも 一人じゃダメなんだよ…
一人じゃ盛り上がらねぇ
相撲は一人でとるもんじゃねえんだ…
ライバルがいて初めて熱が
名勝負が生まれるんだ!
久世がいる?天王寺がいる?
足りねぇな
もっともっと賑やかでいい!〟


(「火ノ丸相撲」 第157番 角出の時より)



まあこの刃皇ってキャラは火ノ丸相撲の世界では圧倒的・絶対的な横綱でありまして、幕内優勝44回を数える化物であります(白鵬でさえ40回)。この「刃皇一強時代」である大相撲を嘆いた駿海さんはこういったわけですね。

これって今のなでしこリーグでも同じようなことが言えると思うんです。
つまり



〝お前ら、今のなでしこリーグをどう思うかね…?
名門日テレ・ベレーザの一強…
一強なんだよ…
面白くねぇ…!
ベレーザは悪くねぇんだ
むしろなでしこリーグ人気が低迷する中たった一人でなでしこリーグを支えてきた偉大なチームさ …
でも 一チームじゃダメなんだよ…
一チームじゃ盛り上がらねぇ
サッカーは一チームでするもんじゃねえんだ…
ライバルがいて初めて熱が
名勝負が生まれるんだ!
INACがいる?レッズレディースがいる?
足りねぇな
もっともっと賑やかでいい!〟




ってことです。あくまで例えで出しただけで今のなでしこリーグが面白くないとは思ってないのでそこはご容赦を。

とにかく私としては早くベレーザ一強時代から脱してほしいなと思っています。それはベレーザが弱くなってほしいっていう意味じゃなくて、他のチームが強くなってほしいっていう意味です。他のチームがベレーザと争えるくらい強くなってそれに触発されてベレーザもさらに強くなる。それが理想なわけです。

で、そのためには何が要るかっていうとやっぱりお金なわけで。一昨日も書いたけど今のなでしこリーガーってほとんどアマチュア契約なんですよね。それを一人でもプロ化に移行することがまず第一歩で。あと施設とかユースとかも強化しないといけないし。その全ての基盤になるものっていうのはまず「なでしこリーグに対する愛情」。そしてお金です。マネーです。

というわけでなでしこチームを潤すためにも皆さんなでしこリーグを見に行ってください。お願いします。本当にお願いします。本当の本当にお願いします。


終わり





このページのトップヘ