Subhuman

ものすごく薄くて、ありえないほど浅いブログ。 Twitter → @Ritalin_203

タグ:ツエーゲン金沢


後編はこちら


いつものごとくこんばんは。これです。

寒くなったり暑くなったりと5月に入っても春先の三寒四温が続くこの頃。昨日5月12日私は松本はアルウィンへ明治安田生命J2リーグ第14節 松本山雅FC vs ツエーゲン金沢の試合を観に行ってました。今回はその観戦記になります。ではよろしくお願いいたします。




J2もはや13節を消化しここまで松本山雅FCは4勝6分け3敗の勝ち点18で10位。前節のFC岐阜戦で8試合ぶりの黒星を喫してしまった山雅は、J2昇格を目指すためにも連敗は許されません。そしてその対戦相手はツエーゲン金沢。ここまでは5勝3分け3敗のこちらも同じく勝ち点18で得失点差で8位につけています。山雅としてはこの試合に勝ってまずは金沢との順位を入れ替え、PO圏内に食い込みたいところです。

また、山雅は金沢とは北信越リーグ時代からのライバルですがJ2に昇格してからは4戦して4勝。そのうち4得点が3試合と相性が抜群にいい相手ではありますが、今年の金沢は上位チームにも白星を挙げていて、一度乗ってしまうと手が付けられないチームとなっており、今までのように上手くはいかないことが予想されます。

長野から電車に揺られること1時間半。途中地震で電車が止まったりもしましたが大事には至らず、11時松本駅に到着しました。

IMG_4023

松本駅を出て松本バスターミナルからバスに揺られること30分。アルウィンに到着です。

そしてバスを降りてアルウィンに向かう途中に配られていたのがこれ。

c9e5ae810ea6dd38e2f96d6577001923

JA全農長野さんが開発したセミドライりんごです。
食べるとリンゴの甘酸っぱさが口の中に広がり、生のリンゴを食べている感覚と飴を舐めているような感覚の中間ぐらいの食感でした。

IMG_4025

食べると感想をシールで答えるシステムになっています。評価高いですね。まあ私はど真ん中にシールを貼ったんですけど。


お次はこちら。


IMG_4026

ファンパークにて『adidas✕キャプテン翼 STADIUM COMIC』が行われていました。「キャプテン翼」のキャラクターが描かれた巨大横断幕にメッセージを書き込もうという企画です。書いた人には特製ステッカーが贈呈されてましたね。
何書こうと思って皮肉の意味も込めて「がんばれハリルジャパン!」って書こうとしたんですけどやっぱり止めました。そんな勇気は私にはなかった。

IMG_4027

IMG_4030

adidasによるキックターゲットもありましたね。空いてる時間帯だったので思わずやりました。1球目は①に当てて、2球目はadidasのロゴにぶち当てて合計スコアは1。2球目は失敗でしたけど、モヤモヤしてたので逆にちょうどよかったです。
子のキックターゲット12:30頃にはかなり混んでましたね。空いてる時間にできてよかった。

IMG_4031

#7前田大然選手の顔が...。くり抜くのは左上だけでいいでしょうに。それか高崎選手の横にもう一人作るかですね。


IMG_4032

今日は当日券を安く購入して...

IMG_4033

アルウィンに入場!そして荷物を置いてそそくさと外へ。


IMG_4034

先日の水戸戦でJ2通算500試合出場を達成した#3田中隼磨選手の記念ブースがホームゴール裏からメインスタンドへ向かう通路上に設置されていました。

IMG_4046

IMG_4045

IMG_4044

IMG_4043

IMG_4042

IMG_4041

IMG_4039

IMG_4038

IMG_4037

IMG_4036

IMG_4035

#3松田直樹のユニフォームやユース時代に所属していた横浜フリューゲルスのユニフォームが展示してあるのがグッときますよね。凄い人だかりで写真を撮るのにも結構苦労しました。

そして再びファンパークへ。

IMG_4050

元日本代表で新潟の監督を務めた黒崎久志さんのトークショーです。言っておきますが内容はほとんど覚えてません。マスコットの方に意識を集中させていたので。


そんなマスコット編はこちら。ショーがとても面白かったです。


IMG_4052

IMG_4053

この角度からの方が分かりやすいですよねー。どんなことをしても勝つ!!




☆本日のスタグルタイム☆

まず一品目はこちら

IMG_4201

スタジアム外バックスタンド側に出店している「肉のあづみ野屋」さんの

IMG_4203

「長野県産の牛串」(¥600)!能田先生の「ぺろり!スタグル旅」の最新話で牛串が出てきてまして、それでおいしそうだなって思い今回買った次第です。肉汁が溢れ出てきてとても美味しかった。私はお酒そんなに飲まないんですけどビールのつまみに合いそうだなって感じました。

続いて2品目。

IMG_4204

こちらもスタジアム外バックスタンド側。松本市を中心に展開するラーメン店「凌駕IDEA」さんの

IMG_E4205

「王様中華そば」(¥700)です。あっさりとして美味しいんですが見た目からも分かる通り結構胡椒が効いてるのでそこは気を付けた方がいいかもしれない。スープは全部飲まなくても大丈夫です。


ラーメンを食べながらゆっくりしているといつの間にか時刻は1:30。急いでスタジアムの中へ戻りました。




IMG_4210

選手はもうとっくにアップを始めています。

IMG_4211

IMG_E4208
今節のマッチデ―プログラム。古巣対戦の#13中美選手が表紙を飾りました。


IMG_4209

金沢サポーターも比較的近場ということで大勢来場してます。「傾奇御免!」の弾幕がかっこいい。


そんな金沢のスタメンがこちら。

IMG_4215

IMG_E4495

金沢のスタメンは前節から入れ替えはありません。

続いてリザーブメンバー

IMG_4216

#33梅鉢選手がケガから回復してベンチ入りをした以外はこちらも前節と変わりありません。

続いて山雅のスタメン発表!

IMG_4218

IMG_4219

IMG_4220

IMG_4221

IMG_4222

IMG_4226

IMG_4227

IMG_4229

IMG_4230

IMG_4233

IMG_E4494

山雅は前節からスタメン二人を入れ替え。警告の累積で出場停止の#14パウリーニョ選手に変わって#23岡本選手が今シーズン初スタメンです。また#13中美選手に代わって#9高崎選手がスタメン復帰し、前節1トップを務めていた#7前田大然選手はシャドーの位置に戻りました。

IMG_4235

古巣対戦の#13中美選手は今節もメンバー入りです。

IMG_4237

IMG_4239

また、#32安東AKIRA選手が今シーズン初のメンバー入りを果たしました。

IMG_4240


選手紹介も終わるといよいよ選手入場です。



IMG_4241

IMG_4242


IMG_4243

IMG_4244
THE・#31橋内選手

IMG_4246

IMG_4247

IMG_4249
ゲンゾーはマジで跡形もなくなってしまったんやな...


試合前には先日の水戸戦でJリーグ通算500試合出場を果たした#3田中選手の記念セレモニーが執り行われました。

IMG_4251

IMG_4252

#3田中選手の3人のお子さんがそれぞれ花束、ユニフォーム、記念フォトグラフを#3田中選手に送ります。

IMG_4253

IMG_4255

IMG_4256

IMG_4257

IMG_4259

そして記念撮影。ほっこりとするいいセレモニーでした。


IMG_4263

IMG_4264


円陣を組んで…

IMG_4265

IMG_4266

前半キックオフ!

IMG_4269



後編に続く





スタジアムに入場して、荷物を置いてすぐスタジアムを出た私。マスコットたちに会いにファンパークに向かいます。

IMG_4047

IMG_4048

途中噂の偽ガンズくんにも遭遇しつつファンパークに到着!


IMG_4051

ヤッさんだー!!!

ステージ裏で写真撮影会の開始です。

IMG_4057

IMG_4060

IMG_4065

ポーズを決めるヤッさん。


IMG_4062

IMG_4063

IMG_4064

ヤサガラス!ヤサガラス!


IMG_4056

握手に応じたり

IMG_4066

低姿勢でお土産を貰うChies Evil Officerヤッさん。カァイイです。


IMG_4067

IMG_4068

かと思えばヤンキー座りでやさぐれてみたり



このとき時刻は12:29。そろそろかなって一旦ヤッさん」から離れると...


IMG_4070

IMG_4073

自転車に乗ってガンズくんとゲンゾイヤーが登場!!!


IMG_4072

「やあ、少年」みたいな


IMG_4075

自転車から降りて...


IMG_4076

IMG_4077

IMG_4078

自転車から降りたガンズくん。


IMG_4097

キャプテン翼の巨大弾幕に何を書くか考えたり(カァイイ)


IMG_4099

「え?ボク?」


ステージの裏ではゲンゾイヤーとヤサガラスの小競り合いが。


IMG_4081

ゲンゾイヤーを蹴るヤサガラス。ヒールだー!!


IMG_4082

「ちょっと待て。袋を置かせろ」


IMG_4083

ドリルすな。
 

IMG_4084

ドリルされて怒ったゲンゾイヤーはヤッさんからステッキを奪い取ろうとします。


IMG_4086

取れませんでした。


IMG_4087

ここヒーロー感があってよくないですか。かっこいい構図ですよね。


IMG_4089

戦いを終えるとヤッさんはいずこへ去っていきました。


ここからはゲンゾイヤーピンでの撮影会。

IMG_4090

IMG_4092

IMG_4093

やだ...ゲンゾイヤーかっこいい…!!


IMG_4094

そんなゲンゾイヤーをよそに疲れて休むヤッさん。

IMG_4095

「ハハハ、ボーイ、大人をからかっちゃいけないよ」


ここで今一度ガンズくん。

IMG_4101


そしてステージ裏に戻るとそこでは魑魅魍魎が跋扈していました。

IMG_4102

ゲンゾイヤー✕偽ガンズくん


IMG_4104

何ですかこの画は。謎です。




IMG_4105

ガンズくんの裏ピース。


IMG_4106

カァイイなぁもう。


ステージ上で行われていた黒崎さんのトークショーが終わってしばらく時間が経った後…


IMG_4108

ステージ上にガンズくんとアテンドの久保さんが登壇!

IMG_4109

IMG_4110

「頑張るぞオー!!」......推せる


ここでダークな音楽が会場に流れます。


IMG_4111

ヤッさんの登場!!


IMG_4112

IMG_4114

「俺様は悪の化身ヤサガラス」

IMG_4115

「憎きツエーゲン金沢を叩きのめすため松本までやってきた。今日は松本山雅に手を貸そう」

IMG_4116

「あの赤きサポーターたちを絶望の淵に叩き落すのだ」

IMG_4120

「それが嫌ならあのゲンゾイヤーとやらをここに呼んでみるがいい」

IMG_4121

「何?俺がせーのと言うのか?どこまで甘ったれた奴らなんだ」
「せーの」

IMG_4123

「「「ゲンゾイヤーーーーー」」」

IMG_4124

ここで音楽が切り替わり...

IMG_4126

ゲンゾイヤー登場!!!

IMG_4127

「のこのこ現れたなゲンゾイヤー。今ここで決着をつけてやろう」

IMG_4128

久保さん「ちょっと待ったー!!」

IMG_4129

「ここはマスコット3番勝負で決着をつけましょうよ」

IMG_4130

「しょうがないな。その3番勝負とやら受けてやろう」

IMG_4131

ここで3番勝負が成立。

久保さん「今回はヤサガラスはガンズくんとのチームでいいですね」

IMG_4132

「よかろう」

久保さん「じゃ、ガンズくん例のモノ持ってきてください」

ガンズくん(はい、かしこまりました)

IMG_4133

ガンズくんが持ってきたのは相撲の軍配。

久保さん「1試合目は手押し相撲対決です」

IMG_4134

ゲンゾイヤーと対戦するのはダチョウ式相談の結果ガンズくんに。

IMG_4135

IMG_4136

IMG_4137

まさに押しつ押されつの勝負を制したのはゲンゾイヤー

IMG_4138

IMG_4139

負けたガンズくんを慰めるヤッさん。優しいよ。

IMG_4141

久保さん「2回戦はモモ上げ対決です」
「勝負のためには数える人が必要なので二人はカウントする人を探し出し来てください」

IMG_4142

客いじり入ったー!!

IMG_4143

IMG_4144

ヤッさんが子供に泣かれたりもしながらカウントしてくれる人を探す二人。
ゲンゾイヤーは金沢サポの男性を、ヤッさんは山雅サポの女性を指名しました。あとから考えるとこれがいけなかった。

IMG_4147

制限時間20秒の中で精一杯モモを上げ続ける二人。ヤッサンの方がペースは速かったかな。

IMG_4149

IMG_4150

IMG_4151

そして制限時間の20秒が経過。

「まずはゲンゾイヤーの方から。何回ですか?」

「65回です」

「65回」

「さてヤサガラスの方は?」


「…......」(聞き取れない小声)

「48回。48回!?」

「というわけで第2試合もゲンゾイヤーの勝利!」

IMG_4152

IMG_4154

3番勝負でまさかの2試合目にして勝敗が決まってしまうという悲劇。会場騒然。そこは多少多めに申告しといて1勝1敗で3試合目に持ち込むのが常道でしょう!何してんすかー!こんなこと言いたくないけど空気読めやーー!!!

でもパターンを外してきたのは面白くてツボだったのでそういう意味ではグッジョブです。あー笑った。

IMG_4155

ガンズくんに泣きつくヤッさん。

IMG_4156

久保さん「さ、次は3試合目です。本当は1勝1敗で迎えるはずだったんですけど、ここはこの試合に勝った方がこの3本勝負も勝ちということにしましょう。大丈夫ですよね?」

このウルトラクイズ的なぶっ飛び展開をなんとゲンゾイヤーは承諾。なんて心が広いんや。それでこそヒーローだよ。

そしてその3試合目の内容は…

IMG_4157

久保さん「3試合目は縄跳びです」

IMG_4159

対戦するのはガンズくんとゲンゾイヤー。

「こちらの勝負も数える人が必要なので二人ともカウントする人を探してきてください」

IMG_4160

先ほどの二の舞を避けるためにも慎重に探す二人。

IMG_4161

ゲンゾイヤーは今度は別の金沢サポを指名。一方ガンズくんは山雅サポの女の子を指名しました。


IMG_4162

「可愛いじゃないか」と山雅サポの女の子の頭をなでなでするヤッさん。アカンて。

そんなヤッさんをよそにガンズくんとゲンゾイヤーの縄跳び対決...

IMG_4163

ファイッ!!!!

IMG_4164

IMG_4166

IMG_4167

ここで驚いたのがガンズくんが想像以上に縄跳びが上手かったってことですね。リズミカルにポンポンと跳んでいき回数を重ねていきます。自転車にも乗れるしガンズくんて結構機動力のあるマスコットですよねー。Jマスコット界ではヴォルタくんや東京ドロンパに次ぐ機動力の高さです。

IMG_4168

ガンズくんがその運動能力の高さを見せつけたところで制限時間の20秒が終了。

IMG_4171

終わったと同時に力を使い果たして倒れ込むガンズくん。

IMG_4172

「はい、終わりました。ガンズくん大丈夫?」

「まずはゲンゾイヤーの方から。何回ですか?」

「47回」

「47回。そしてガンズくんは?」

「57回」

「57回!この勝負はガンズくんの勝利です!」

IMG_4173

ガッツポーズをするガンズくんとそれを称えるヤッさん。

IMG_4174

久保さん「この3番勝負はガンズくん&ヤサガラスの勝利です!!」

IMG_4176

健闘を称え合うガンズくんとヤッさん。

IMG_4178

IMG_4179

「あれガンズくん、ゲンゾイヤーの方に向かって、どうしたんですか?」

IMG_4180

「あーっとこれはーー!!!」

「ちょっとガンズくん、ゲンゾイヤー!!」

IMG_4182

「そこにヤサガラスまで加わって、、、結局仲良しか―――い!!!

IMG_4186

「どうもありがとうございましたー!!この後の試合もよろしくお願いします!!」

IMG_4185

観客からの声援にこたえるヤッさん

IMG_4187

最後に二人がそそくさと引き上げていきこれにてマスコットショーは終了しました。


あー面白かった。本当にいいものが見れた。もう満足や。思い残すこと何にもない。試合だけじゃないJリーグの魅力が詰まったショーでしたね。こういった試合外のイベントを充実させていけば試合に負けたとしても「試合は負けたけどマスコットショーは楽しかったねー」と満足感が得られるのでとてもいいですよね。なにもJリーグは試合だけじゃない。サッカーの試合以外にもグルメ、マスコット、イベントその他諸々を含めて「Jリーグ」と呼ぶんです。この考え方をもっと広めていきたいなって個人的には思う今日この頃です。


IMG_4200

ショー終わりのヤッさんのオフショット。



そして、マスコットショーを終えたガンズくんはキャプテン翼の巨大弾幕にメッセージを残すべくもう一度私たちの前に出てきてくれました。

IMG_4191

IMG_4192

白いペンを使って何かを書いていくガンズくん。

IMG_4194

「GANS」すなわち...

Go Ahead!!
(前へ進め)

No Surrender!!
(屈するな)

というガンズくんからの熱いメッセージです(今考えました)。「立ち止まった足元に 絶望しかない日々を いつかは潜り抜けて 元通り笑ってよ」という。ガンズくんは漢ですね。よく「ウフフ♪」って言ってますけど。


IMG_4199

応援メッセージを書くと貰えるステッカーを手に誇らしげなガンズくんでした。


この時点で時刻は12:10。そろそろスタジアムに戻らなきゃと思った私はこれにてファンパークを後にしたのでした。





マスコット編:完


PIED PIPER
the pillows
エイベックス・エンタテインメント
2008-06-25




前編はこちら


IMG_4269


前半キックオフ!



IMG_4270

IMG_4271

試合開始直後から金沢の狙いは明確でした。山雅の左サイドを執拗に狙ってくるんです。左WBの#20石原選手は元々攻撃的な選手で、左CBの#5岩間選手も本職ではないので、慣れてない2人の間にできるギャップを突こうとしてました。あと単純に#20石原選手#5岩間選手もそこまで身長高くないですし、空中戦で優位に立ちたかったんですかね。とにかく誰が見ても金沢が山雅の左サイドをターゲットにしてるのは明らかでした。



IMG_4272

IMG_4277

それと金沢の2トップの#19垣田選手#29マラニョン選手が結構サイドに流れてくるんですよね。トップの選手がWBとCBの間を狙って飛び出して裏で受けてそこからクロスっていうのが昨日の金沢の一番の攻撃パターンでした。で実際上手くいってた。#19垣田選手#29マラニョン選手もサイズがあるわりに結構スピード、機動力があるんですよね。特に#29マラニョン選手は怖かったなあ。体もゴツくていかにもゴールを決めそうだというオーラがあった。今日はゴールしなかったけど、再来年にはJ1にいそうなスケールの片鱗を感じさせました。怖かった。



IMG_4278

IMG_4279

さらにはこの2トップ守備も献身的にこなすんですよね。昨日の金沢はこの2人を中心にハイプレスをかけてきました。出足も鋭かったし、前半の序盤は金沢の積極的なプレスによって山雅はなかなか有効な攻撃をさせてもらえませんでした。特に#29マラニョン選手は守備しそうな見た目じゃないのに#1守田選手までちょくちょく行くことがあってビビった。それで#1守田選手のゴールキックが外に出ることも何度かありましたし。ハイプレスが効いて前半は概ね金沢ペースで進んでいきましたね。



IMG_4280

IMG_4283

対する山雅も昨日は左サイドを中心に攻撃します。ショートパスとロングボールを使い分け金沢ゴールに向かいますが、ショートパスは相手に引っ掛けられ、ロングボールは#3作田選手#39庄司選手に跳ね返され、最初のうちはなかなか攻撃に向かうことができません。



IMG_4287

IMG_4289

しかし、少しずつ金沢の出足も鈍り始め、山雅も盛り返してきた前半26分でした。左サイドでボールを受けた#20石原選手は中央の#9高崎選手にパス。#9高崎選手はボールを持って前を向くと少しキープしたのち、右サイドの#47岩上選手にパス。#47岩上選手はボールを持って持ち上がり、#10宮崎選手が付いているなかでクロスを上げます。このクロスが遠いサイドのゴールポストに当たり、ボールはゴールの中へ。山雅が半ばラッキーな形で先制に成功します。#47岩上選手も一瞬「え、入ったの?」という戸惑いの表情を見せていましたけどゴールはゴールです。押され気味の中先制点を取れたのは本当に大きかった。#47岩上選手はこれで今シーズン3点目です。いつの間にそんな取ってたんでしょうか。


IMG_4312

IMG_4314

IMG_4315

ここは金沢の左サイド狙いが裏目に出ましたよね。左サイドに人数が集中していたので、右サイドにサイドチェンジされると反応が遅れるんですよね。ピッチを広く使った山雅の方が一枚上手でした。あとは#10宮崎選手。せっかくちゃんと付いてたのにあそこで簡単にクロスを上げさせてちゃいけないでしょう。ここも#47岩上選手の方が上手でしたね。



IMG_4292

IMG_4300

先制したあたりから徐々に山雅の攻撃は噛み合い始めます。#7前田大然選手#8セルジーニョ選手#9高崎選手の1トップ2シャドーの裏抜けという攻撃の形ができてきたんですね。まずWBの選手とボランチもしくは近いシャドーの選手でパスを交換し、攻撃のチャンスを伺います。そこでタイミングよく#9高崎選手か2シャドーのどちらかの選手が相手のSBの後ろのスペースを狙って走り出し、そこに主にボランチもしくはシャドーの選手がパスを出す。そのまま相手を置き去りにできればクロスやシュートに持ち込む。もし相手が付いてくればボールキープに切り替え。相手のサイド深くの位置でボールをキープしていれば相手のSBとCBが挟んで奪いに来ます。となると必然的にそのサイドのWBは空くわけです。WBの選手がオーバーラップをして相手のSHの反応が遅れたところをボールをキープしていた選手が横パス。相手は中と縦を切っているので外へのパスには対応できませんし、WBの選手はスピードを持って上がってきているので、なかなか追いつくことができません。そして相手が追いついてこないうちにフリーでクロスを上げることができるわけです。プレッシャーの少ない状態で上げられたクロスは当然精度もよく得点につながりやすくなってきます。昨日はクロスからの得点っていうのはなかったんですけどこういった山雅のサイド攻撃は間違いなく金沢の脅威になっていました。



IMG_4306

IMG_4307

山雅は先制はされたもののへこたれない金沢に惜しいシーンを作られますが、同点弾は許しません。逆に前半32分に山雅は追加点を奪います。



IMG_4310

IMG_4316


#20石原選手が素早いトランジションからボールを奪い返し、#4飯田選手#7前田大然選手#9高崎選手とバイタルエリアでパスを繋ぎ、#9高崎選手は再び右サイドに高い位置を取っていた#47岩上選手にパス。#47岩上選手の低い弾道のクロスは一度は相手に跳ね返されますが、運良く#8セルジーニョ選手の元にボールが溢れます。外をオーバーラップする#20石原選手をよそに#8セルジーニョ選手はペナルティエリア前左45度から巻いたシュートを放ちます。そのシュートは今度は右のポストを叩きゴールに吸い込まれました。コースが凄すぎる。これはキーパーの#1白井選手もノーチャンスです。今節のJ2ベスト5ゴールいけるんじゃないか。そして#8セルジーニョ選手はこのゴールで今シーズン5点目。チーム内トップの得点数を更に伸ばしました。頼もしい限りです。


IMG_4324

IMG_4327



ここで注目したいのは#20石原選手の素早いネガティヴトランジション、つまり攻→守への切り替えです。#31橋内選手がボールを奪われてすぐに猛然とダッシュし、スライディングでファウルなしでボールを奪い切りました。こういうプレーはチームの大きな助けになるのでとてもいいです。高い位置でボールを奪えば奪うほどゴールに近づきますもんね。練習から徹底的に植えつけられているんでしょう。じゃなきゃ本番の試合じゃとてもできないですよ。山雅加入当初は守備の問題でなかなか試合に出ることのできなかった#20石原選手の成長が窺えたシーンでした。


IMG_4328

IMG_4329

今シーズンの金沢って若い選手が多いんですよね。昨日のスタメンでも#6大橋選手は21歳、#10宮崎選手は20歳、#16毛利選手は23歳、#19垣田選手は20歳、#26藤村選手は24歳、#39庄司選手は20歳と6人もの若手がスタメンに名を連ねています。ベテランもいるんですけど金沢は全体的に若いチームということができますね。で、若いチームっていうのは一度勢いに乗ることができれば一気にガーッていけるんですが、逆に崩れる時も一気にズサーッて崩れてしまうものなんです。ズバリ諸刃の剣。今日はその若さが悪い方に出てしまいました。2点目の6分後の前半38分、山雅は3点目を奪います。

IMG_4330

IMG_4331

IMG_4332

CKを獲得した山雅。#47岩上選手の入れたボールは一旦は跳ね返されますが#5岩間選手が再び頭でゴール前に入れます。そのボールを受けた#9高崎選手は相手にボールを奪われず、なおかつ反転できるようにボールを持ちますが反転できないと見ると中に選手がいる予感を感じたのかオサレヒールパス。これに反応した#23岡本選手が体を反転させてワンタッチでシュート。ボールは#1白井選手の脇をすり抜け、ゴールに突き刺さりました。#23岡本選手は今シーズン初出場で初ゴール。見事抜擢された試合で結果を残しました。去年期待されて加入していながら怪我もありなかなかボランチでのポジション争いに参加できず、果てには専門外の右WBでプレーしていた#23岡本選手。この1年半決して腐らず努力を積み重ねてきたことが報われましたね。嬉しくて泣きそうになりました。正直金沢の攻撃に怖さがあったので2点じゃ全然安心できない。できれば前半のうちに3点目ほしいなーと思ってたところでのゴールはとても大きいものでした。
それと#9高崎選手の閃きですね。あそこでヒールパスを使うという意外性で金沢の選手たちの足が一瞬止まりましたからね。それが#23岡本選手のゴールに繋がったので、このゴールは半分はアシストした#9高崎選手の得点だと思います。


IMG_4334

IMG_4336

IMG_4338

IMG_4339

IMG_4341

IMG_4349


前半の残り時間は一進一退の攻防が繰り広げられ、金沢は前半40分#6大橋選手#33梅鉢選手を交代し、早くも動いてきましたがこれ以上スコアが動くことはなく、3-0、山雅の3点リードで前半は終了しました。前半は山雅が3点リードという望外の結果でしたけど、両チームに3点差ほどの大きな差はなくてどっちがリードしててもおかしくない試合でした。事実CKは金沢の方が多かったですしね。



IMG_4351


IMG_4352

両チームとも選手交代はなく後半キックオフ!



IMG_4354

IMG_4359

後半に入っても3点取られても心が折れない金沢がまず1点返そうと果敢に攻撃を仕掛けます。ボールを奪ったらすぐ前へという縦に速い攻撃で山雅の守備陣を崩そうとしますが、山雅は集中してこれに対応。選手同士の距離感を広がりすぎないように保ち、ボールホルダーにしつこく寄せ、最後のところではしっかり体を張ることで得点を許しません。先に書いたように金沢は1点取ると勢いに乗って2点3点と行く可能性が高いので無失点というのは何よりも大事でした。



IMG_4361

IMG_4363

IMG_4366

山雅の守備はこの日も前からプレスをかけていきます。前も書いた通り#7前田大然選手と#8セルジーニョ選手の2シャドーは山雅で最も機動力のある組み合わせなので、この二人の前プレスが今日も効いていました。特に#7前田大然選手のスピードは相手にとって相変わらず脅威でしたね。相手選手がプレスを避けようとボールを蹴ってきても空中戦に強い#4飯田選手#31橋内選手が跳ね返してくれますし。相手にロングボールを蹴らせることができれば山雅のモンです。セカンドボールを拾えることが前提ですけどね。



IMG_4369

IMG_4370

IMG_4372

点を取ろうとラインを上げて前のめりになってきた金沢に対して、山雅はカウンターで対抗します。ここで前半のようにショートパスを繋げて攻撃ができればよかったんですけど、後半最初のうちは山雅は金沢に対抗してロングボールを蹴ってきちゃったんですよね。ロングボールっていうのはやっぱりショートパスに比べて精度は下がるので、#7前田大然選手#8セルジーニョ選手のスピードをもってしても追いつけないボールが多くなかなかチャンスにつながりませんでした。



IMG_4374

IMG_4376

IMG_4382

攻めるも得点を奪えない金沢は早めに交代のカードを切ります。後半14分には#19垣田選手に代えてストライカー#9佐藤選手を、後半19分には#10宮崎選手に代えてドリブラー#17加藤選手を投入し局面の打開を図ります。あと25分以上残していながら早くも金沢は交代カードを使い切りました。


IMG_4383

IMG_4389

IMG_4393

2選手の投入によりさらに攻勢を強める金沢。後半24分には#29マラニョン選手にシュートを打たれ、ゴールネットを揺らされますが、これは直前に触った#9佐藤選手がオフサイドポジションにいたとしてノーゴールとなりました。



IMG_4485

どうなんでしょうねこれ。この角度から見ると#5岩間選手の方がわずかに外にいるように見えますけど微妙ですよね。こういう微妙な判定でも審判は毅然と判断しなければならないことを考えるとほんと審判って大変な職業だなと思います。もっと審判に対して優しくなりましょうよみんな。



IMG_4396

IMG_4397


そして金沢に攻められ、カウンターもそこまで機能しない状況を変えようと反町監督が動きます。後半27分ゴールも決めた#23岡本選手に代えて#33安川選手を投入。#33安川選手はこれが今シーズン初出場です。#33安川選手は左CBに入り、左CBにいた#5岩間選手が本職であるボランチに入りました。#23岡本選手は今シーズン初出場で初ゴールを決めたんですけど、まだ試合勘が戻り切っていない部分があって後半ばててきてたので(ボールホルダーに対するプレスも少し緩くなってその分相手に少し自由を与えてしまっていたところがあった)、これ以上そこを金沢に使われないよう早めに交代したのかもしれないですね。あと試合中にちょっと痛めてたとか。でも次の試合に出れなくなるほどではないでしょうし、#14パウリーニョ選手が戻ってくる次節もスタメンで出るんじゃないですかね。#6藤田選手との関係もお互いどっちがが行ったらそのカバーをするっていう基本的なことが概ねできていたのでよかったと思います。



IMG_4399

IMG_4400

IMG_4403

攻める金沢とカウンターでやり返す山雅という構図のまま進んだ後半30分でした。右サイドでボールを受けた#7前田大然選手がゴール前まで持ち上がります。対面についている#39庄司選手を切り返しで翻弄しシュートコースを開け、シュートを打ちます。これを体で止めようとした#39庄司選手。しかし、シュートボールが手に当たってしまい、山雅がPKを獲得します。



IMG_4486

この角度からだと一目瞭然ですね。ハンドしてます。


そして今回PKを蹴るのは#8セルジーニョ選手。いつもPKを蹴ってる#9高崎選手はこの前の山形戦で外してしまいましたもんね。というか#8セルジーニョ選手がボールを離さなかっただけなんですが。



IMG_4405

IMG_4406

IMG_4407

対するキーパーは古巣対戦となった#1白井選手#1白井選手#8セルジーニョ選手が蹴るよりも先に左に跳んでしまい、#8セルジーニョ選手はその逆を突いて右にシュート。ボールはまたもポストを叩きゴールに吸い込まれていきました。見事PK成功。この試合2得点目を挙げた#8セルジーニョ選手はこれで今シーズン6点目です。


IMG_4409

IMG_4411

IMG_4412

IMG_4413

山雅の勢いは止まりません。と、ここで問題のシーンです。後半32分#8セルジーニョ選手のパスを受けた#5岩間選手#7前田大然選手にパス。このパスは奥の#20石原選手まで流れ、#20石原選手は腿トラップからシュート。これがゴールに突き刺さります。#20石原選手はこれで今シーズン2ゴール目です。で、このゴールの何が問題かっていうと「#20石原選手オフサイドじゃない?」ってことなんです。副審は早い段階からフラッグを挙げてましたし、私も最初はオフサイドだなって思いました。でも村上主審がゴールを認めたんですよね。そしてこれに金沢の選手は当然ながら猛抗議。しかし判定は覆らず#20石原選手のゴールは認められました。


ここでちょっと確認してみたいと思います。まずはこちら。

IMG_4487

この時点では完全に#20石原選手はオフサイドポジションにいます。
でも次のシーンで

IMG_4488

ボールは#45沼田選手に当たってるんですよね。


IMG_4489

この角度から見ると触ってますね。ここで競技規則を見てみましょう。


第11条「オフサイド」

2.オフサイドの反則

ボールが味方競技者によってプレーされたか触れられた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっている場合にのみ罰せられる:

(中略)

・  その位置にいることによって、次の場合にボールをプレーして利益を得る、または、相手競技者を妨害する:

・  ボールが、ゴールポスト、クロスバー、審判員または相手競技者からはね返った、 あるいは、それらに当たって方向が変わってきた。
・  ボールが相手競技者によって意図的にセーブされた。

オフサイドポジションにいる競技者が相手競技者からボールを受けたとき、その相手競技者が意図的にボールをプレーした場合(相手競技者が意図的にセーブした場合を除いて)、利益を得ているとはみなされない。

「セーブ」とは、ゴールに入りそうな、または、ゴールに近づいたボールを、競技者(自分のペナルティーエリア内にいるゴールキーパーの場合を除く)が手または腕以外の体のいずれかの部分を用いて止める、あるいは、止めようとすることである。
(サッカー競技規則2017/18より)


今回のケースでは#45沼田選手がボールを「意図的にプレー」しているが「意図的にセーブ」していないとみなされたんでしょう。#5岩間選手が出したボールはゴール方向に向かっています。でもゴールに入りそうなボールではないです。ここでボールが#45沼田選手の足に当たった。これを村上主審はゴールに入りそうな、またはゴールに近づいたボールを競技者が体のいずれかの部分を用いて止めようとする」状況には該当しないと捉えたんですね。なぜならそれは#5岩間選手のパスがゴールに入りそうなボールではなかったから。大事なのはボールがどこに向かったかです。ここに意図的かどうかは関係がありません。

でも「#5岩間選手のパスはゴールに近づいたボールじゃないの」って疑問は浮かんできますよね。ここで重要なのは#45沼田選手がどういう思惑で足を出したのかどうか。シュートを止めるために足を出したわけではないですよね。パスをカットしてマイボールにするために足を出したと村上主審は判断したんでしょう。「セーブ」というものはもっと決定的にゴールに関わるプレーなんです。例えばGKがインスイングでGKに向かってくるボールをパンチングしたらこれは間違いなく「セーブ」です。でもGKがアウトスイングでGKから逃げていくボールをパンチングしたらどうでしょう。これはどちらかというと「セーブ」よりも「クリア」と言えるのではないでしょうか。違いはゴールに決定的・直接的に関わっているかどうかです。そして今回の#45沼田選手のプレーはゴールに決定的に関わっていない。だから「セーブ」には該当しないんです。

そしてこの場合、オフサイドポジションにいた#20石原選手は利益を得ているとはみなされない、つまりオフサイドにならないということです。とてもややこしいですね。「意図的」という言葉の持つ曖昧さが事態をよりややこしくしています。「意図的」かどうかは本人にしか分からない主観的なものですし、それを他人が判断するのは難しいです。あからさまな場合を除いて。

このややこしい状況を一瞬のうちに判断しなければならない審判という職業はやっぱり大変です。こういう審判の大変さを知ったら安易に審判に対するブーイングはできないですよね。



IMG_4418

この#20石原選手の得点で揉めてる隙に山雅は#7前田大然選手に代えて古巣対戦の#13中美選手を投入します。#13中美選手は昨日もシュート打ったのかな。古巣相手ということで気合入ってましたけど今シーズン初ゴールとは行きませんでした。次回に期待です。



IMG_4419

本日の入場者数は11,333人。田植えの影響か平均よりは少ないですが、それでもJ2では多い方であることには変わりありません。



IMG_4420

IMG_4424

そして後半39分にはGWの連戦でも出ずっぱりだった#6藤田選手に代えて今シーズン初出場の#32安東AKIRA選手を投入します。#6藤田選手は今日も素早いプレスでピンチの芽を摘んでましたね。また前見た時よりも攻撃に出てくシーンが昨日は多かった。この辺はコンビの相方が#23岡本選手#14パウリーニョ選手かの違いなんですかね。#14パウリーニョ選手結構前に出ていきますから、その分#6藤田選手は後ろでバランスを取る役割を担いますよね。でも昨日は#6藤田選手#23岡本選手のどちらもが同じくらいの割合で前に出ていってましたね。
そして交代で入った#32安東AKIRA選手もかつて金沢に所属していたことがあり、こちらも古巣対戦となります。金沢に得点を許すことなく無失点で終えられたので#32安東AKIRA選手にとってもちょっとアピールになったのではないでしょうか。



IMG_4426

IMG_4428

IMG_4430

5点差がついても選手もサポーターもまだまだ諦めない金沢は1点でも返そうと必死の攻撃を仕掛けてきますが、山雅はすんでのところでその攻撃を跳ね返し続けます。そして確実に無失点で試合を終わらせるために山雅はボールを奪ってのカウンターでもシュートまではいかずコーナーフラッグ付近で時間を使います。これをJリーグ界隈では俗に”鹿島る”という。

IMG_4437

IMG_4439

IMG_4443

IMG_4435

IMG_4442

そして3分というアディショナルタイムも乗り切り試合終了。5‐0で山雅が勝利を手にしました。金沢の攻撃の機会も多かったので5得点よりも0で抑えられたのが個人的には嬉しいですね。









IMG_4444

IMG_4447

IMG_4448

勝った後は恒例”勝利の街”の大合唱です。

からの..."アルプス一万尺"!山雅の勢い止められない!!

IMG_4450

IMG_4454

IMG_4455



その後は勝利監督である反さんのインタビュー。
IMG_4456

「ゴールポストが味方してくれました」

IMG_4457

確かに昨日の5点中3点はゴールポストに当たって入ったものですもんね。いつもはゴールポストに跳ね返されることが多いんですが、今日は入れてくれた。もしかしたらヤッさんのおかげかもしれない。「憎きツエーゲン金沢を叩きのめすため今日は松本山雅に手を貸そう」(参照:【ご加護】2018明治安田生命J2リーグ第14節 松本山雅FC vs ツエーゲン金沢【マスコット編】)て言ってたので、ポストに金沢のサポータを絶望の淵に叩き落したいヤッさんの魂が乗り移ったのかも。そんなヤッさんのご加護もあって今日のゴールラッシュが生まれたのかもしれないですね。まあ5点取られても金沢サポは絶望しなかったんですけど。最後まで応援を続けてましたし。そういった愚直な姿勢は心に訴えかけてくるものがありますよね。昨日はありがとうございました。



IMG_4460

続いて本日のヒーローインタビューは2得点の#8セルジーニョ選手。なんか前来た山形戦もヒロインは#8セルジーニョ選手だったよなあ。



IMG_4459

IMG_4461

昨日はお子さんの誕生日だったそうで。そしてブラジルでも日本と同じ日が母の日になっているそうで。「子供と全ての母親にこのゴールを捧げたい」と語っていました。
また次節の抱負については「まずは明日子供の誕生日パーティがあるのでそこは楽しんで(笑)、その翌日からはまた切り替えていい準備をして臨みたいと思います」とのこと。子供思いのいいお父さんですね。

IMG_4464

IMG_4466

IMG_4467

また、#8セルジーニョ選手は再び今節のMVPにも選出。

IMG_4468

IMG_4469

IMG_4470

ステーキとお米を貰って...

IMG_4472

最後にはカメラへのサインで締めました。また次節からもよろしくお願いします。

そして敢闘賞は#1守田選手が受賞しました。今日はファインセーブというのは少なかったですけど(ないとは言ってない)、無失点で終えた以上GKにはそれなりの評価が与えられてしかるべきなのかなって。個人的には#9高崎選手でもよかったような気もしますが。

IMG_4474


そして一昨年まで山雅に在籍してくれた#1白井選手が挨拶に来てくれました。


IMG_4477

IMG_4476

IMG_4478

IMG_4479
ガンズくんとハイタッチ。





<ハイライト動画>




監督コメント(Jリーグ公式)

選手コメント(Jリーグ公式)

2018 明治安田生命J2リーグ 第14節 松本山雅FC vs ツエーゲン金沢戦の結果(松本公式)

試合速報(金沢公式)

【J2第14節 松本×金沢】松本が5得点のゴールラッシュで大勝!金沢を下しホーム3連勝(ドメサカブログ)

松本山雅、5―0大勝 7位に浮上(信濃毎日新聞)







最後は和むヤサガラスでお別れです。

IMG_4482

IMG_4483



お疲れ様でした!!
これからもがんばれ松本山雅FC!!!!




おしまい


サッカー競技規則〈2015/2016〉
日本サッカー協会審判委員会
日本サッカー協会
2015-10-01


このページのトップヘ