Subhuman

ものすごく薄くて、ありえないほど浅いブログ。 Twitter → @Ritalin_203

タグ:FC東京U-23



つい最近まで最下位に沈んでいましたが、ここ2試合は連勝と調子を取り戻しつつあるAC長野パルセイロ。ただ、前半戦で負けが込んだのが影響し、5勝6分8敗と未だ負け越し。勝ち点21で15位につけます。一つでも順位を上げるために勝利が必要な今節の相手はFC東京U-23。4勝6分9敗の勝ち点20で17位につけるチームです。U-18の選手の出場も多く、パルセイロとしてはプロの意地を見せたいところです。


では、観戦記を始めます。ずいぶん時間が空いてしまいましたが、今回もよろしくお願いいたします。













電車とバスを乗り継いで約1時間。15時ちょっと前に1週間ぶりの長野Uスタジアムに到着しました。バスから降りてイヤホンを外すと、打楽器のアンサンブルが聞こえてびっくりしましたね。


IMG_2549

この日は最高気温が35.7℃まで上がり、長野市は3日ぶりの猛暑日になったといいます。空も青空の横に入道雲が覗くなどTHE夏という陽気でした。


IMG_2551

一般入場開始ちょっと前にはライオーが外に出てきて、サポーターと触れ合っていました。熱いのにわざわざありがとうございます。


IMG_2553

ナーーーセバンニャー ババリンティワワー


IMG_2554

ナーーーセバンニャー ワガガギィーーティワワー

あ、映画『ライオン・キング』公開中です。私はあまり好きじゃなかったんですけどね。いや、映像は凄いんですよ。ただ、お話が完コピだったのが受け付けなかっただけで。


チケットゲートをくぐり、ホーム入場ゲートへ向かうと、そこには


IMG_2556

北沢マロwithリズムオーケストラの皆さんが演奏をしていました。去年も何回か演奏してくれましたが、今年は初めてで事前告知もなかったはず。サプライズ的にUスタを明るく盛り上げてくれました。初めて来たFC東京U-23サポーターも驚いたのではないでしょうか。


IMG_2559

確認できた限りでは16時20分ごろまで休憩を挟みながら演奏を続けてくれていました。退屈しない時間をどうもありがとうございました。また機会があれば。


IMG_2560

この日のゴール裏にも手書きの横断幕が貼られていました。応援団体がFrenteさんになってから毎試合掲出されていますね。


IMG_2563

この日は日陰からの観戦。やはりシーズンも半ばとだけあって芝生も所々剥げてきてしまっていますね。特にゴール前の一帯が明らかに違います。


IMG_E2564

この日のマッチデープログラム。サマーナイトZOOに興味がそそられます。


IMG_E2565

選手インタビューはルーキーの#31リュウ選手。水谷コーチのもとでどんどん学んで成長していってほしいですね。試合に出ていない#31リュウ選手よりもっと取り上げるべき選手がいるとは思わなくもありませんが。


IMG_2566

外ではたくさんのゲーフラが手に取ってもらえる時を待っていて、


IMG_2568

ライオーもサポーターのお出迎えをしています。


IMG_2570

IMG_2571

IMG_2572

両手を握ってサポーターと突き合わせる。これが本当のライオンのグータッチ。ナーーーセバンニャー。いつもより登場時間短かったですけど、それもしょうがないでしょう。暑い中お疲れ様です。






IMG_2573

IMG_2574

この日のラインナップです。


IMG_2575

二人、手を繋いでいるように見えるのがキュートですね。


この日はグッズ売り場で1000円以上の買い物をすると、その後のビンゴゲームに参加できるという催しがありました。なので、1000円分買い物をせねばと少し迷った結果、買ったものがこちら。


IMG_E2580

クリアファイル(300円)、マッキー2本(500円)、GAMBA BOYのキーチェーン(400円)で、計1200円です。実用性で選びました。事務職なので。東京ドロンパは売切れてましたけど、GAMBA BOYのキーチェーンがまだ残っていてラッキーでしたね。


IMG_2581

マスコットたちもだいぶ溜まってきました。ただ、逃してしまったマスコットも多いのでこれは半分くらいですね。


ビンゴ大会が始まるまでは15分ぐらい時間があり、この日出店していた須坂市のブースへ向かいます。

IMG_2582

観光パンフレットの配布ブースの隣にはタコス屋さんがあったので、遅めのお昼ご飯です。

IMG_2583

4種類あったメニューの中からチキンタコス(500円)を注文です。

IMG_2587

こぼれそうな大量のレタスはシャキシャキした食感。トマトソースはピリ辛く、トルティーヤの生地は歯ごたえがあります。チキンの存在感がやや薄かったのが気がかりでしたが、美味しくいただきました。












時刻は15時30分を過ぎました。外には23個の景品が並んでいます。


IMG_E2590

ぐったりとしていて暑そうです。

IMG_2597

サポーターもテントで涼んでいる方が多数でした。呼びかけでようやく数人が前に出ていく状況でしたね。


IMG_2589

IMG_2592

15時35分頃にビンゴ大会は開始。アプリで無作為に抽出された番号が読み上げられていきます。ビンゴマシーンを回すのではないのですね。


IMG_2595

番号が読まれてちょくちょく当選者も出始めた頃、私は並んでいた晴天さんのかき氷イチゴ味(500円)を手に入れました。他の人が食べているのを見て美味しそうに感じたので購入したんですが、どうですかこれ。イチゴシロップがたっぷりかかってさらにイチゴの果肉と練乳ものって。美味しくないわけがないですよね。実際期待を裏切らない味でしたし、機会があればまた食べたいです。


IMG_2598

IMG_2599

ビンゴゲームはFC東京U-23のサポーターが#13山口選手提供のバッグを当てたり、


IMG_2606

パルセイロサポーターの女性が#27竹下選手のスパイクを貰ったりしていました。わりとちゃんとした景品が揃っていましたね。


IMG_2605

ただ、私に景品が当たることなく、ビンゴ大会1回目は終了。リーチまでは行ったんですけど、あと一つが読まれず。惜しかったです。


IMG_E2607




ビンゴ大会も終わり、外ではやることがなくなったので、スタジアムの中に戻ります。


DSCN2375

パルセイロTVではこの日は須坂市がPR。市唯一のスキー場である峰の原高原リゾートの方が喋っていました。現在は峰の原高原リゾートではバーベキューを楽しめるそうです。昨シーズンからは日本で唯一のスノーボード施設も登場したようですね。

DSCN2376

DSCN2377

DSCN2378

パルセイロTVの最後はAC長野コールで締めますが、普段するコールをしないでみると、想定以上にスタジアムは静かでした。県民性ですかね。今日ちょっとやばいなと感じました。




中くらいの量のタコスとかき氷ではお腹は膨れず、この日はもう一品スタグルを追加することにしました。


IMG_2608

バックスタンドに出店しているスイーツオンスイーツさんの


IMG_2609

チョコバナナクレープ(500円)です。チョコチップがわんさか乗っていて、王道の味。スタジアムで食べるクレープはいいですよね。甘いものばかり食べて生きていたい。


クレープを食べ終わって少しした後、ピッチにGKが登場し、ウォーミングアップが開始されました。


DSCN2379


DSCN2383

DSCN2387

フィールドプレイヤーの選手も登場です。


DSCN2389

DSCN2391


DSCN2393

この日アップで感じたのですが、スタメンのCB3人が個別で練習するようになっていたんですよね。ロングボールの跳ね返しが主でしたが、初めてのことだったので新鮮でした。


DSCN2395

そうそう新鮮と言えば、前節からゴール裏にライオーの大旗が登場しているんですよね。他のクラブにもマスコットの大旗があるクラブはありますが、イラストではなく実写を採用したクラブは珍しいのではないでしょうか。和みますね。











一方、その頃スタジアムの外では#26遠藤選手のトークショーが行われていました。

IMG_2611

IMG_2612

憧れの選手はさんざん悩んだ挙句、元日本代表の長谷部誠選手だそうです。


IMG_2613

けっこう喋り慣れていて、他の選手に比べて軽快なトークを展開していましたね。なお、隣では#10宇野沢選手#31リュウ選手のサイン会が行われていましたが、私が行った時にはもう終わってしまっていました。


DSCN2398

なお、ピッチ内ではまだアップが行われています。






DSCN2399

ゴール前のまだ養生中の芝生。寒冷地仕様の芝生は夏に弱いんですかね。


DSCN2400

選手のアップ終了後にはリスペクト宣言。前節はなく、この日もないと思われましたが、スタジアムにはいきなり高校サッカー選手権大会のテーマ曲が流れます。それに合わせて前後左右から人が飛び出し、ピッチの上へ。そして真ん中で踊り始めました。


DSCN2401

なお、この時乱入者と勘違いしたのか、それとも演出なのか分かりませんが、警備員の方が一人の男性を押さえつけていました。演出だったらいいんですけど、もしそうじゃなかったら打ち合わせちゃんとしとこうよ。


DSCN2403

IMG_2615

IMG_2617

人数はどうやって集めたのかと思うほどどんどん増えていき、50人ほどの集団に。フェアプレーフラッグとライオーも登場し活況を呈していきます。パルセイロってこういうことするクラブでしたっけ。


DSCN2404

DSCN2406

DSCN2408

そしてなんとそのままリスペクト宣言に突入。宣言自体はシンプルなものでしたが演出を加えた新しいリスペクト宣言でした。




どうやらこれはフラッシュモブだったようです。私はフラッシュモブ、クソだなと思っていたんですけど、恋愛が絡まなければ普通に楽しく見れますね。変化をつけていてよかったと思います。自分では絶対にやりませんけど。


DSCN2409


では、変化球のリスペクト宣言が終わったところで両チームのスターティングメンバーです。







002


パルセイロは前節からスタメンの変更はなし。連勝中の11人で挑みます。フォーメーションは3-4-2-1。


一方のFC東京U-23は前節からスタメン7人を変更。OA枠やここまで11得点を挙げている#24原選手などが不在で、U-18所属選手が9人と非常に若いチームです。パルセイロとしてはこれは負けられない。フォーメーションは4-2-3-1です。


ここでスタジアムもスタメン発表ですが、この日はスタジアムDJのポリさんがゴール裏まで来て発表してくれました。本当にやっているのかとゴール裏もいつもより盛り上がります。


DSCN2412

DSCN2411

DSCN2414

DSCN2415

DSCN2417


スタメン発表が終わった後はいつも通り、入場前の選手の様子が流れていよいよ選手入場です。

DSCN2418

DSCN2419

DSCN2422

この日のパルセイロサポーターは200人ほど。大きな声援で選手を鼓舞します。


DSCN2421

一方のFC東京U-23サポーターはこの日はトップチームの試合がなかったこともあり、100人ほどが来場していました。ばらばらに散らばって座っています。


DSCN2423

DSCN2424

DSCN2425

DSCN2427

DSCN2429

DSCN2430

円陣を組んで…


DSCN2431


前半キックオフ!


DSCN2432

DSCN2436


前半の立ち上がりはパルセイロがペースを握ります。サイドに3人4人と集めて密集を作って崩す、という基本方針はこの日も変わらず。サイドのCBにボールが入ったときには両WBがタッチライン際まで開き、ボールを引き出します。そして、シャドーや#39斎藤選手が裏に流れて、ボールを受けてクロスというのがパターンで、その流れからCKを多く獲得していました。


DSCN2437

DSCN2440


さらに、パルセイロはこの暑い中でも前線からのチェックを敢行。#39斎藤選手とシャドーの選手が相手のボランチへのパスコースを塞ぎ、CBから縦パスを入れさせません。ただ、パルセイロのボランチの選手までもが前線までプレッシャーをかけてしまうと、後ろにスペースが出来てしまうので、底は注意したいところですね。奪取することが出来れば大きなチャンスになるんですが。


DSCN2435

この日からCK等のチャンス時に画面には分かりやすくCHANCEと表示されるようになりました。山雅をはじめ多くのクラブが行っている取り組みがパルセイロでも導入されましたね。アリーナ様ありがとうございます。


DSCN2441

DSCN2445


また、この日のパルセイロは繋ぐ意識が高く、#1小澤選手もCBにパスをするシーンが多く見られました。前線へのロングボールもそこまでなかったように思えます。暑さで選手が走るよりボールを走らせた方が良いという考えでしょうか。ただ、FWの選手が裏へ動き出しているのにそこへボールを出すというシーンはあまり見られなかった印象です。涼しくなってくればもっと増えるのかな。


DSCN2447

また、前後半の中ごろに一回ずつ設けられる飲水タイムの表示もこの日が初登場。水色の爽やかなトーンを基調とし、サポーターへの呼びかけも行うなどかなりの好印象です。


DSCN2451

DSCN2452


パルセイロはサイドに重点を置いて攻撃しますが、FC東京U-23は中央突破を志向します。SHもSBも絞らせて、#52久保選手や2列目の選手が裏を狙ってきます。しかし、前半のパルセイロはボールの出どころであるボランチにきっちりと寄せることが出来ており、危険なシーンはほとんどなかった印象です。トップ下にいた#19宮崎選手もボランチが下りて見れていましたしね。


DSCN2457


IMG_2626


前半はほとんどパルセイロのペースで進むも、シュートが大きく枠外に飛んでいくなど最後のところの精度が不足し、ゴールには至りません。前半はそのまま0‐0で終了。特典が奪えなかった以外はおおむね良好な前半だったので、後半も同じように続けることが期待されます。




DSCN2461

この日のボランティア参加者数は31人でした。会場からは拍手も聞こえます。いつもありがとうございます。












DSCN2462

DSCN2463



両チーム選手交代のないまま後半キックオフ!


後半になるとFC東京U-23が盛り返します。スタミナで優位に立ち、前への圧力をかけてきました。パルセイロのプレスが弱まったことも関係し、ボランチからスルーパスが出るようになり、パルセイロは何度かあわやというシーンを迎えますが、#1小澤選手の好守もあり、すんでのところで耐えます。


DSCN2464

DSCN2467


一方、パルセイロは後半になって自陣左サイド、FC東京U-23の右サイドを中心に攻め続けます。ここで目立っていたのが#8堂安選手で、サポーターの目の前で突破を見せスタジアムを沸かせていました。突破した後の精度はあまり良くなかったですが。それにショートパスをつないでパルセイロは突破しようとするので、わずかなミスが命取りになりますし、ゴールライン際で1対1を仕掛けるのは分が悪めです。サイドに人数をかけるあまりゴール前にあまり人もいませんし。いつもピッチ内アップでクロスに対して2人入っていく練習をしてますけど、そのシーンは試合であまり見られることはないので、ここは改善してほしいところです。


DSCN2470

DSCN2473


後半19分に#39斎藤選手に替えて#9津田選手を、#8堂安選手に替えて#13山口選手を投入してゴールを奪いに行くパルセイロ。#13山口選手の投入により、#18内田選手が右サイドに#25有永選手がシャドーに移るのは最近よく見られるパターンです。しかし、パスを回していながらも、相手をあまり動かせていないため、チェックを受けてクロスの精度は下がり気味。力が入りすぎて中央を越してしまうシーンも多く見られました。シュートもそうです。フリーになれていないため、相手のチェックを受けてシュートコースを消され、打ったシュートは枠外に。攻めてシュートも打てていますが、得点の気配はあまり感じられませんでした。


DSCN2477

DSCN2478


ただ、FC東京U-23もユース所属選手が多かったため、技術的にやや劣り、こちらもゴールにまでは至りません。両チーム決め手に欠くジリジリとした試合展開の中、後半36分に#19三上選手に替えて#7妹尾選手が投入されます。相変わらず左サイドを攻めるパルセイロ。斜めの角度的に厳しいゾーンからシュートを打ち続けますが、ゴールをかすめるシーンが続きます。


DSCN2480

DSCN2481

この日の入場者数は3051人。なんとか3000人を越えました。もっと欲しいですけど。


DSCN2483

DSCN2488


このまま試合終了かと思われた後半44分。#24新井選手#9津田選手に縦パスを入れます。#9津田選手は相手選手を2人引き付けて、その間に#7妹尾選手が裏に抜け出す。#9津田選手#7妹尾選手にパスを出し、これをフリーになった#7妹尾選手が落ち着いて決めて、パルセイロが試合終了間際に先制しました。久しぶりに飛び上がって喜びたくなるほどうれしいゴールでしたね。#7妹尾選手はこれが待望の加入後初得点です。たくさんの選手に覆いかぶさられる様子からも、このゴールの価値と#7妹尾選手の苦労が計り知れました。





DSCN2486

DSCN2490


そして、そのままパルセイロは後半アディショナルタイム3分もしのぎ試合終了。パルセイロが1-0で3連勝を飾りました。3連勝は2016シーズン以来3シーズンぶりということで、10位に終わった2018シーズンはともかく、5位だった2017シーズンも達成していないのは意外です。ただ、試合内容はパスが繋がらないシーンも多く、あまり良いとは言えません。でも、もっと内容が良くても負けた試合も今シーズンにはあったわけで、シーズンを通してみるとトントンになるようにできているかもしれないですね。







DSCN2492

DSCN2493

DSCN2494

ヒーローインタビューは#7妹尾選手。歓喜の言葉にまだゴールの興奮冷めやらぬゴール裏も沸きます。


IMG_2630

IMG_2631


最後は全員で勝利のラインダンス・シャナナをして、この日はおしまい。選手にもゴール裏にも興奮と安堵の笑顔が広がります。課題は依然山積していますが、勝つのはやはり嬉しいですね。


IMG_2634


ありがとうございました!






〈ハイライト動画〉










選手コメント(Jリーグ公式)

J3順位表(Jリーグ公式)

2019 明治安田生命 J3リーグ 第20節 vs FC東京U-23|試合結果(長野公式)

試合結果(東京公式)

AC長野が3季ぶり3連勝(信濃毎日新聞)











これで3連勝を達成したパルセイロでしたが、順位は相変わらず15位のまま。しかし、第20節終了時点では7位の福島から15位のパルセイロまでが勝ち点3差の中にひしめいており、次節勝てば一気に順位を上げられる可能性があります。そんな次節の相手はザスパクサツ群馬。現在6試合負けなしで、10勝5分5敗の勝ち点35で自動昇格圏内の2位につける強敵です。さらに、




という絶好調ぶり。ふわふわした好調のパルセイロとは違いますね。ただ、仮にまだJ2昇格を諦めていないのならば、勝たなくてはならない相手です。8月31日(日)19:00~アウェイ・正田醤油スタジアム群馬での試合で、長野から近いこともあり、多くのパルセイロサポーターの来場が予想されます。強敵の群馬を倒して4連勝を達成したいですね。


また、次回のホームゲームは9月8日(日)17:00~。長野Uスタジアムで福島ユナイテッドFCとの対戦です。福島は現在8勝3分8敗の勝ち点27で7位。パルセイロとしてはここも勝って順位逆転と行きたいところ。私は現時点では行けるかどうか不透明ですが、都合のつく方はぜひとも応援のほどをよろしくお願いします。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


おしまい





☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆







前節カターレ富山に1-2で敗れてしまったAC長野パルセイロ。3勝3分4敗の勝ち点12で13位につけます。一つでも上の順位に行くために勝利が必要なパルセイロの今節の相手は、FC東京U-23。2勝1分7敗の勝ち点7で最下位に沈みますが、今節は代表戦の関係でJ1の試合はなし。多くのJ1を経験した選手が出場し、パルセイロにとっては厳しい戦いとなりました。








では、両チームのスタメンです。





002


パルセイロは前節からスタメンを1人変更。#1小澤選手に替えて#21立川選手がJリーグデビューです。フォーメーションは変わらず3-4-2-1。


一方のFC東京U-23は前節からスタメン8人を変更。特に4バックはJ1経験があるのが3人。残りの二人もトップチームの方でベンチ入りをしており、なかなか強力な布陣です。フォーメーションは4-4-2。






016




前半キックオフ!




立ち上がりからパルセイロは左サイドを中心に攻撃します。これは#6太田選手よりも#22中村選手の方が攻略しやすいといった判断でしょうが、#18内田選手はFC東京U-23のSHとSBの間にポジションを取り、ボールを引き出します。しかし、中にカットインする志向の強い#18内田選手に合わせて、FC東京U-23のSBは中を切って対応していたため、ここでいったん攻撃が止まってしまいます。そこからは#29山田選手に下げたり、シャドーの選手を裏に走らせたりして攻略しようとしていましたが、FC東京U-23も人数をかけて対応します。


パルセイロの前線は3枚に対し、FC東京U-23のディフェンスラインは4枚で噛み合っていません。ここでFC東京U-23は#27竹下選手#32渡辺選手をつけ、SBの選手を絞らせてシャドーにつけることで、中の人数を合わせるようにしていました。ここで、逆サイドの#25有永選手はフリーになれます。パルセイロとしてはこのファーでフリーになっていた#25有永選手を有効活用したいところでしたが、なかなかうまくいきません。


018


この時なんで#25有永選手がフリーになっていたかというと、#19宮崎選手があまり下がらないからなんですよね。#19宮崎選手は下がってまで守備をするシーンは少なく、カウンターに備えて高めの位置取りをしていました。実際前半3分にはカウンターで#19宮崎選手に持ち上がられ、結果#24原選手にフリーでシュートを許すというシーンがあり、#19宮崎選手はパルセイロの大きな脅威となっていました。


008


FC東京U-23は後方からパスをつないでくるチームです。ビルドアップの時にボランチが落ちることはあまりなく、4バックでビルドアップをしています。立ち上がり、パルセイロは主導権を握るために前から積極的にプレスに来ていました。前線の3人に加え、#29山田選手も前に出すことで、4対4の数的同数にする攻撃的なプレッシングです。


しかし、これはFC東京U-23の思惑通りで、#29山田選手が前に出て空いたスペースをボランチの選手が使い、プレッシャーの少ない状態でボールを受けられ、運ばれるというシーンが立ち上がりにはありました。ただ、前半15分からパルセイロは前線からのプレスを控え、#29山田選手もスペースを開けるということは少なくなっていましたけど。


019



一方のパルセイロも後方でパスを回します。パルセイロもボランチが落ちるということはあまりなく、主に3バックでビルドアップをしていました。FC東京U-23はあまり前線からプレスに来なかったので、CBがボールを持つ時間が長くなっていましたが、FC東京U-23が前線からプレスに来たときは、パルセイロの狙いが発動します。


FC東京U-23は前線からのプレスの時、2トップの一人がCBを、もう一人が中継点になろうとするボランチを、SHが自分のサイドのCBを見ています。このとき、パルセイロのWBにはFC東京U-23のSBがついており、WBを下げてSBを釣りだして、その裏のスペースをシャドーや#27竹下選手が突くというパターンが何度か見受けられました。パルセイロはサイドを使おうと、FC東京U-23は中央を使うと、相手を動かしていて、両チームのスタンスの違いが立ち上がりから現れています。


020


前半20分。#32辺選手が負傷してしまいます。そして、そのまま#47岡選手と交代。#32渡辺選手#27竹下選手のマークをして自由を与えていなかったので、FC東京U-23にとっては痛いアクシデントとなりました。


009


このあたりから両チームは前線でのプレスを控えていきます。両チームともディフェンスラインを高めにしコンパクトに設計しているため、スペースもあまり生まれず試合は膠着していきます。しかし、攻撃回数が多かったのはFC東京U-23。パルセイロは守備時に早い段階でWBを下げての5-4-1になります。ここで、SBを上げるなどして中盤で数的優位を作り、ボールを回します。


この日のFC東京U-23の攻撃で特徴的だったのが、#19宮崎選手が中に入る回数が多かったということ。#19宮崎選手が中に入り、FWの選手がサイドに流れるというのが、この日のFC東京U-23で最も多く視られた攻撃パターンで、パルセイロのマークの受け渡しのタイミング、CBとWBがスイッチするタイミングを狙っていて、実際この攻撃は上手くいっていました。パルセイロはディフェンスラインで誰が誰につくのかがわりと流動的で、そこをFC東京U-23に突かれていましたね。


021


さらに、#19宮崎選手が中に入ってサイドのスペースを開け、#6太田選手が上がるというパターンもあって、#6太田選手の高精度のクロスにパルセイロは手を焼いていました。


この#19宮崎選手の動きによって、パルセイロのディフェンスラインは中央によって行きます。ここでサイドにスペースが開き、#19宮崎選手はそれを逆手に取り、中からサイドに戻る動きも織り交ぜていました。これもまた効果的で、パルセイロはクロスを上げられますが、中で何とか跳ね返していました。


007


攻撃に出たいパルセイロでしたが、守備時に5-4-1のフォーメーションでシャドーがボランチの脇のスペースを埋めているため、攻撃の開始位置が下がってしまっています。前半の終盤はパルセイロはボールを奪ったら#27竹下選手めがけロングボールを蹴っていましたが、#27竹下選手にはCBの選手がついているため、なかなかポストプレーが成功しません。また、サポートも遅かったので、ボールを落とすこともままならず、奪われてしまうシーンが続きます。守→攻の切り替えの速度はパルセイロの課題ですね。


また、FC東京U-23はパルセイロのサイド攻撃に慣れてしまっています。WBにボールが入ったときに、ボランチをバイタルエリアに一人落とし、ボールを受けようと下がってくるシャドーをケア。さらに、右WBの#25有永選手は立ち上がりこそ、#6太田選手を抜き切る前にクロスを上げることができていましたが、#6太田選手が間合いを詰めてきたり、もう一方のボランチにハーフスペースを消されていたりと、攻撃の糸口を塞がれてしまいます。パルセイロは時間が経つにつれてシュートを打てなくなっていっていました。




その後もFC東京U-23がボールを握りますが、パルセイロも耐え、そのまま0-0で前半終了。両チームともあまりリスクを冒さなかったため、やや膠着した前半でした。パルセイロとしてはSBの裏を狙う攻撃が対応されてしまっているので、ボールを動かして、相手を動かして、ずれを発生させて攻撃したいところです。


011















後半開始にあたってFC東京U-23は選手交代。#19宮崎選手に替えて#38常盤選手を投入します。#19宮崎選手は悪くなかったどころか、FC東京U-23の一番の武器になっていたので、この交代はもったいない気がしますが、おそらく怪我開けということで、最初から前半45分のみのプレーの予定だったのでしょう。


パルセイロの方に選手交代はなく、後半キックオフ!




後半の立ち上がりもFC東京U-23がボールを握ります。パルセイロが引いて守ってきたこともありますが、ブロックの外ではボールを持てるようになります。後半になると#24原選手#52久保征選手がややサイドに寄って開けたスペースに、#36安部選手が飛び出す機会が増え、パルセイロは誰がつくか迷いチャンスを与えてしまっていました。後半になってFC東京U-23のボランチは#36安部選手が前目、#44品田選手が後ろ目と疑似的な縦関係になっていたと思われます。


重心が後ろ寄りになってしまい、ゴール前まで行けないパルセイロ。流れを変えようと後半15分に2枚替えを敢行します。#27竹下選手に替えて#7妹尾選手を、#17明神選手に替えて#6岩沼選手を投入しました。#6岩沼選手はそのままボランチに、#7妹尾選手はシャドーに入り#19三上選手がワントップに移動します。


012]


この交代を機にパルセイロは前線からのプレスを復活させます。今度は4対3で数的不利となるのですが、片方のサイドに追い込んで逆サイドのSBを無効化することで、3対3の数的優位を実現しています。また、ボランチの選手が落ちてこようとしても、パルセイロのボランチがついて行っています。ここで中が開いてしまいますが、FC東京U-23の中の人数も足りていないため、大きな問題には至っていませんでした。GKまで追いかけることで精度の低いロングボールを蹴らせ、それを回収することができており、ボールを握れるようになっていきます。


022


また、FC東京U-23も1点を奪いたいと前掛かりになってきていて、中盤とディフェンスラインの間が空くようになっています。そこにシャドーの選手が下がってボールを受けられるようになり、CBを釣りだしSBをカバーに走らせることで、WBをフリーにしてそこにパス。からのクロスがパルセイロは増えていきました。特に左サイドでは#2松原選手がリスクを取って上がる機会が増えていましたね。


013


後半37分。#18内田選手が敵陣中央でインターセプトをします。ここで右サイドで#19三上選手がフリーになっており、パスコースもありましたが、#18内田選手はパスを出さず。ボールを持ちすぎて奪われてしまいます#24原選手がボールを拾い、中央の#52久保征選手にパス。#52久保征選手の目の前手の空いてから逃げる斜めのドリブルのコース取りが上手く、自らシュートチャンスを創出します。#52久保征選手のシュートは#21立川選手がいったん防ぎますが、こぼれ球が#24原選手のもとに転がってしまい、#24原選手は無人のゴールにボールを流し込みました。ボールを握れていたパルセイロはショートカウンターで痛い失点を喫してしまいます。







その直後にパルセイロは選手交代。#14東選手に代わり、#9津田選手が入ります。この交代により#9津田選手はワントップに入り、#19三上選手がシャドーのポジションに戻ります。


後半42分。FC東京U-23が攻撃しますが、簡単にボールを失います。ここで#19三上選手が開いてボランチの脇のスペースを突き、ボールを引き出します。そしてこのとき、#9津田選手がマークの相手から逃げるように斜めに走って中間ポジションを取り、#19三上選手はそこに浮き球のパス。FC東京U-23のCBのプレスが来る前に#9津田選手はシュート。これがゴール右に決まり、パルセイロはすぐさま追いつきました。#9津田選手は2試合連続の今シーズン2ゴール目です。動きの質でつかんだゴールでしたね。


015





その後はパルセイロがチャンスを創出しますが、逆転ゴールには至らず。後半アディショナルタイム3分もFC東京U-23が#6太田選手に替えて#50沼田選手を投入しましたが、大きなチャンスにはつながらず試合終了。1-1で両チーム勝ち点1を分け合いました。パルセイロはリスクを冒した時間帯に失点しましたが、その後カウンターからすぐに追いつけたのは良かったですね。しかし、チャンスもあったので勝てた試合を落としたとも考えられます。連敗をしないのは良かったですが、やはり勝ちたかったですね。





017

















<ハイライト動画>









選手コメント(Jリーグ公式)

J3順位表(Jリーグ公式)

2019 明治安田生命 J3リーグ 第11節 vs FC東京U-23|試合結果(長野公式)

2019 明治安田生命 J3リーグ 第11節 vs FC東京U-23|フォトギャラリー(長野公式)

明治安田生命J3 第11節 vs AC長野パルセイロ|試合結果(東京公式)

AC長野、最下位とドロー(信濃毎日新聞)











この結果を受けて、パルセイロは3勝4分4敗の勝ち点13で順位は12位。なかなか上位に行けず歯がゆい日々が続きます。そんなパルセイロの次節の相手はザスパクサツ群馬。4勝3分4敗の勝ち点15で9位につけますが、直近の試合は連勝しており、調子を上げてきているチームです。パルセイロにとってはバトルオブ上信越の第2戦となるこの試合は何としてでも勝って、まずは一桁順位につけたいところですね。6月16日(日)17:00~、長野Uスタジアムでのホーム戦なので、ぜひとも応援のほどをよろしくお願いします。


頑張れ!AC長野パルセイロ!!


お読みいただきありがとうございました。


おしまい





☆よろしければフォロー&読者登録をお願いします☆






前節アウェイでガイナーレ鳥取に0-1で敗れたAC長野パルセイロ。5試合ぶりの敗戦で9勝11分10敗の勝ち点38で11位に後退したパルセイロの今節の相手は、ここまで10勝6分15敗の勝ち点36で13位につけるFC東京U-23。パルセイロは前半戦の対戦、ホーム開幕戦では1-0で勝っていますが(あのものすごく寒かった日)、FC東京U-23は来週の最終節に試合がないため、この日がシーズン最終戦で、最後は勝利で終えようとモチベーション高く向かってきました。先週中には阪倉監督や美濃部GM、小笠原強化ダイレクターの退任も発表され、揺れるパルセイロはどういった試合を展開していったのでしょうか。






まずは両チームのスタメンです。





IMG_E8376


パルセイロは前節からスタメン1人を入れ替え。右SBで#20都並選手が16試合ぶりの出場を果たしました。今季出場機会が少なく#20都並選手にとってはこの試合が来シーズンに向けた最終オーディションといえるでしょう。フォーメーションは変わらず4-4-2。


IMG_E8377


対するFC東京U-23は前節から#19平岡選手#22山田選手#28内田選手#40平川選手#44品田選手スタメン6人を入れ替え。オーバーエイジは#20前田選手#22山田選手、そしてなぜかベンチに控えている#17富樫選手の3人になります。





DSC04512






前半キックオフ!


この日もパルセイロは前線から積極的にプレッシャーをかけに行きます。奪われたらすぐに奪い返しに行くという切り替えの速さを見せ、FC東京U-23のビルドアップを阻害します。また、一人がパスコースを切ってボールを出させる方向を限定し、他の選手が限定されたパスコースに立ってボールをカットするといった連携もきちんとなされていて、ボールをインターセプトする場面が目立っていました。また、前線の選手が献身的にプレスバックを行い時間をかけさせることで、後方で4-4のブロックを作ることにも寄与していて、守備に安定感を生むことにもつながっています。


パルセイロはこの日、プレスをかけ始める位置を敵陣ミドルゾーンに設定。前からプレスに行くに伴って、ディフェンスラインも連動して高い位置を保っています。FWと中盤、中盤とディフェンスラインの間もそれぞれ20m以内に保たれ、横幅もペナルティエリアの幅以内に収め、スペースを作らせません。FC東京U-23はこれを突破するために裏を狙う、ロングボールに競り勝つなどして、ディフェンスラインを下げさせ間延びさせることを狙うべきでした。しかし、この日のFC東京U-23の前線には裏を狙う意識はあまり見られず、ロングボールも#3大島選手#5寺岡選手が競り勝つ、複数人で囲んで次のプレーをさせずに奪うなど前線でタメを作ることを許さず、FC東京は攻撃の形がなかなか作れません。


また、FC東京U-23の選手たちは練習期間が短いためか、連携があまり整っておらず、特に攻撃ではポジションチェンジを織り交ぜた攻撃というのをあまりしてきませんでした。それを知ってか、パルセイロはこの日はマンマークディフェンスを主に使ってきます。FC東京U-23と同じ4-4-2のシステムを採用することで、それぞれの相手をはっきりとさせて迷いをなくし、素早いプレスを生んでいました。プレス自体の強度も上がっていて、相手を自由にさせていませんでした。


000_12


パルセイロは攻撃のときにはまずロングボールを狙います。この日のFC東京U-23の両SBは本職でない#31ジャキット選手と、二種登録で一種のスピード感になれていない#43鈴木智選手という比較的ナイーブな二人でした。帰陣の際にディフェンスラインがなかなか揃わなかったり、ポジショニングを中に絞り過ぎていてサイドを開けすぎるといった難点をパルセイロはSBの裏を狙うことで突いてきました。#14東選手#27竹下選手が斜めの動きでサイドに流れて、ボールを受けようとすることで、FC東京U-23のディフェンスラインは押し下げられていきます。


この日のFC東京U-23は前線がパルセイロほどではないにしろ前から守備をしてきます。パルセイロは3ライン間の距離をそれぞれ20m以内に保ってコンパクトな陣形を実現していましたが、FC東京U-23はディフェンスラインが下がり過ぎていたことで、3ラインの間がそれぞれ20m以上開いてしまって、試合開始から間延びをしてしまうという事態に陥っていました。これを積極的に利用しようとしていたのが#14東選手。少し下がって中盤とディフェンスラインの間でボールを貰うことで、簡単に前を向くことができ、前方に効果的なパスをいくつも供給していました。


また、この日のパルセイロは自陣からのロングボール一辺倒になるのではなく、きちんとビルドアップから前線にボールを繋いでいくという攻撃も織り交ぜてFC東京U-23守備を崩しにかかります。ビルドアップの際に#6岩沼選手#7佐藤選手が落ちて3バックを形成。FC東京U-23の前線からのプレスを躱しやすくするだけでなく、3-3-2-2のような形にすることで、ギャップを作りボールを受けやすい状況を作り出します。ディフェンスラインに入っていないボランチの選手が、FC東京U-23の前線と中盤の間でボールを受けると、相手の選手はプレスをかけてきます。するとその選手が元いた場所にスペースができるのでそこをまた使うといった連動性のある攻撃をパルセイロは繰り返し行えるようになります。


000_19


前線では、左SHの#8河合選手が中に絞って、その外を#2松原選手が上がる。ここまでは普段と同じですが、この日の前半は#43鈴木智選手が慎重になり守備偏重になっていたので、右SHの#23堂安選手を絞らせて、右SBの#20都並選手も上がります。両SBが高い位置を取ることで、パルセイロは攻撃時に、前線に厚みを生むことに成功していました。FC東京U-23は上がったパルセイロのSBに注意を引きつけられ、中の警戒がおろそかになって、前線の選手がプレッシャーの少ない状態でボールを持つことができるようになっています。また、パルセイロのSBが上がることでFC東京U-23のSHも下がりざるを得ず、攻撃の開始位置を下げる、FC東京U-23の2トップにボールが入ってもサポートが少なく、攻撃に移ることができないといった効果もパルセイロは得ていました。


サイド攻撃ではパルセイロは、中央とサイドの間のハーフスペースと呼ばれるスペースを有効に使って攻撃します。高い位置を取ったSBにボールが出たとき、#23堂安選手#8河合選手はサイドでSBのサポートに入る場合にも、中で待つ場合にもあらかじめハーフスペースを開けています。FC東京U-23のディフェンスはSBが中に絞り過ぎてハーフスペースを締めれてなかったため、そこに、SHやFWの選手が勢いよく入っていくことで比較的容易にボールを受けることができ、シュートやCKの獲得につなげることができています。また、中に絞り中央はおろか逆サイドまで出ていくこともある#23堂安選手#8河合選手の動きをFC東京U-23の守備陣は捕まえ切れていませんでした。


000_21


パルセイロがSBを狙うという明確な意図をもって攻撃をしていたのに対し、FC東京U-23の攻撃にはイマイチ明確な意図が見られません。FWのボールを引き出す動きも少なく、中央だと跳ね返されるからサイドを使って攻撃しようというぼんやりとしたイメージはあるのですが、どうやってサイドを崩すのか、SBを上げたり、ワンツーを使ったり、3人目の動きを使ったりという方法を選手同士が共通して持っておらず、判断が遅くなりその間に寄せられて上手くプレーできなくなってしまうというまずい状況に陥っていました。パルセイロがSBを絞らせてハーフスペースをしっかり塞ぎ、サイドにボールが入ったとしても守れるようにしていたということもありますが、FC東京U-23は前半は攻めあぐねる時間が続き、シュートはセットプレーからの1本に終わってしまいました。唯一サイドに留まらず中に入って勝負を仕掛ける#19平岡選手だけがFC東京U-23のなかで孤軍奮闘していましたね。


攻守の切り替えでもパルセイロは優位に立っています。先ほど触れた攻→守への切り替えだけでなく、ボールを奪って守→攻への切り替えも素早く、カウンターでもFC東京U-23に脅威を与えていました。ボールを奪ったら自らで少し持ち上がり、すぐにFWにつけようとします。FWがボールをキープしている間にもSHやもう一方のFWが長い距離を全力疾走し、ボールを持っている選手からパスを引き出そうとし、少ないパス数で手早くゴールに向かうシーンが前半は何度も見られました。ただ、ここで飛ばしたことで体力は早いペースで消費されて行ったんですけど。


000_22


前半36分。パルセイロは左サイドでのCKを獲得します。#6岩沼選手が蹴る少し前に、一番ニアサイドにいた#20都並選手が相手の後ろを回って中央でフリーになります。#43鈴木智選手のマークを外した#20都並選手にボールが入り、#20都並選手はヘディングシュートを打ちますが、これは#50波多野選手がセーブ。しかし、こぼれ球を#2松原選手が押し込んでパルセイロが先制に成功します。#2松原選手は今シーズン3点目です。パルセイロは前半8分にも同じようなファーサイドを突くCKを行っていて、そのときは#23堂安選手のシュートは外れましたが、今度は決めることができました。





そのままスコアは動かず前半は終了。パルセイロが前からのディフェンスと素早い攻守の切り替えで優位に立つことができた前半でした。ただ、スプリントの量が多かったので、後半どうやって最後まで体力を持たせるかですね。


後半開始からFC東京U-23は選手交代を行います。#20前田選手に代えて#17富樫選手を投入。前線の動き出しを増やして、主導権を奪い返しに来ます。


後半キックオフ!


000_29


後半立ち上がりもパルセイロがペースを握ります。前半に引き続き、SBの裏にボールを蹴り。ハーフスペースを用いたサイド攻撃で、CKやFKを獲得。しかし、これを決め切れないでいるとペースは徐々にFC東京U-23に傾いていきます。


FC東京U-23は交代で入った#17富樫選手が精力的に裏を狙う動きやサイドに流れる動きを繰り返し、パルセイロのディフェンスラインを少しずつですが下げさせています。パルセイロはコンパクトな陣形を保つことを優先して、中盤や前線もポジションを前半よりも低く取らされ、FC東京U-23のディフェンスラインは前半よりもボールを持てるようになりました。


そしてFC東京U-23は横幅を前半よりも広げ、サイドを使う攻撃を見せます。#31ジャキット選手#43鈴木智選手の両SBがワイドに開いて高めのポジションを取れるようになり、パルセイロの4-4のブロックを横に延ばしにかかります。その狙い通りにパルセイロのディフェンスは広げられ、スペースを作られていました。


さらに守備でもFC東京U-23は変化を見せます。前線からプレスをかけるのは変わらずでしたが、ディフェンスラインを前半よりも上げコンパクトな形にしてきます。さらにボールを奪われた後も、前半はリトリートして守備陣形を整える傾向が見られたのですが、後半になると奪われたらすぐ奪い返しに行くプレッシングへと変化。攻→守への切り替えを速くし、高い位置で奪い攻撃につなげるシーンも何度か見られます。またSHのプレスバックも強化され、パルセイロは前半よりもSBやボランチがボールを持てなくなってきていました。


000_33


後半23分。パルセイロが最初の選手交代を行います。#23堂安選手に代えて#25有永選手を投入。この日の#23堂安選手は攻撃ではポジションにとらわれない動きで相手守備陣を惑わせ、守備でもプレスバックを精力的に行い、チームを助けていました。ただスプリントの繰り返しで少し足が止まってきていたので、阪倉監督は早めに#25有永選手との交代という手を打ってきました。#25有永選手はそのまま#23堂安選手のいた右サイドに入ります。


その直後の後半24分にはFC東京U-23も選手交代。#24原選手に代えてすでに今シーズン限りでの契約満了が発表されている#51リッピ・ヴェローゾ選手を投入。そしてこの交代に伴ってFC東京U-23は布陣を変更。#19平岡選手が2トップに入り、中盤はダイアモンドのような形で底に#40品田選手、SHに#44平川選手#28内田選手、トップ下に#51リッピ・ヴェローゾ選手という並びに変えてきました。


IMG_E8378


布陣変更の効果はさっそく現れます。#44品田選手がパルセイロのFWの間でボールを受けられるようになり、SHを少し下げた位置に置くことで中盤が厚くなって、ボールを保持できる時間が長くなっています。さらにトップ下に入った#51リッピ・ヴェローゾ選手は自由に動いて、疲れてきたパルセイロディフェンスは対応に追われて、他の選手を開けてしまうという場面も見受けられます。中盤のそれぞれのポジションで生まれたギャップをFC東京U-23は巧みに利用してきました。


パルセイロは後半29分に#6岩沼選手の惜しいシュートはあったものの、基本的には1点を守りきるために後ろで下がってブロックを形成するという試合運びに徐々に移行してきます。前線からのプレッシャーが減り、それがFC東京U-23のボール保持につながっていました。また、選手の足も前半のスピーディーな展開の影響からか少しずつ足が止まってきてしまって、ディフェンスラインと中盤の間が間延びしてしまったり、中を固める意識が強くてハーフスペースを開けてしまうといった事態が起こっていて、そこをFC東京U-23に使われ何度かシュートまで持っていかれてしまいます。


000_35


後半34分にはパルセイロが二人目の選手交代を行います。#14東選手に代えて#28松村選手を投入。#14東選手はこの日も下がって間でボールを受けることによりチャンスを作り、守備でも前線から献身的にボールを追いかけてコースを限定してくれていました。#28松村選手はそのまま2トップの一角に入ります。


後半38分にはパルセイロが最後の選手交代。#27竹下選手に代えて#10宇野沢選手を投入します。#27竹下選手はこの日はボールキープの機会はあまりなかったものの、裏への飛び出しを繰り返すことでFC東京U-23のディフェンスラインを押し下げて、パルセイロが攻撃しやすくしていました。#10宇野沢選手はそのまま2トップの一角に入ります。前線でボールを収めて上がる時間を作りたいというのと、前からのプレスを強化してボールを出させないようにしたいという考えですかね。


000_38


追いつきたいFC東京U-23は、前線にロングボールを入れてもパルセイロの守備陣に跳ね返されるので、後ろから丁寧にパスをつないでいきます。CB→ボランチ→SHと飛ばさずにつなぎ、高いポジションを取っているSBにボールを渡してサイドからの突破を図ろうとしますが、パルセイロのディフェンス陣もFC東京U-23が時間をかけてくれたおかげで、4-4のブロックをしっかりと作り、サイドにもしかるべき人数を当てて守ります。後半43分に#51リッピ・ヴェローゾ選手にシュートを打たれますが、それ以外はサイドでボールを奪って、ロングボールを蹴って相手陣内に入り込み、時計の針を進めます。


そして、後半アディショナルタイム4分もパルセイロは守り切り、1-0で試合終了。パルセイロが2試合ぶりの勝利を挙げるとともに11試合ぶりの無失点試合を達成しました。後半は盛り返される時間帯もありましたが、普段から同じチームで練習しているパルセイロと試合2,3日前になってようやくメンバーが決まるFC東京U-23との練度の差が勝敗を分けた。FC東京の守備組織がディフェンスラインも整っておらず、中盤との距離も空くなどといった欠点をパルセイロが上手く突いて勝利をものにした試合でした。縦に早い攻撃は見ていて面白いものでしたし、阪倉監督は別に辞める必要ないんじゃないでしょうか。決定はもう覆せませんが。


000_45




<ハイライト動画>






監督コメント(Jリーグ公式)

選手コメント(Jリーグ公式)

J3順位表(Jリーグ公式)

【11/23 F東23戦】監督・選手コメントをアップしました(長野公式)

2018明治安田生命J3リーグ第33節 vsFC東京U-23|フォトギャラリー|ファンゾーン(長野公式)

試合結果|U-23(FC東京公式)

AC長野守り切り勝利(信濃毎日新聞)














この結果を受けてパルセイロは10勝11分10敗の勝ち点41で9位に浮上。最終戦の結果次第では7位にまで上がる可能性があります。そしてその最終戦の相手は、ここまで11勝4分16敗の勝ち点37で13位につけるグルージャ盛岡。前回対戦のアウェイでの試合では、阪倉監督初戦ということもあり0-3で敗れており、そのリベンジを果たしたいところです。


キックオフは12月2日の13:00から。最終戦ということでイベントも盛りだくさんで、さらにはグルージャ盛岡のマスコットキャラクターきづーるも来場してライオーとPK対決をするというお楽しみも。ここを逃してしまうと来年3月まで試合はないので、皆さんぜひとも長野Uスタジアムにお越しください。


がんばれ!AC長野パルセイロ!!




The・完





勝てばよかろうなのだァァァァッ!!!!!!!!

20150717220337

内容は良くなくても勝ち点3を獲得したという事実が大事!すべては事実によって構成される!どうもこんばんは。これです。
昨日はパルセイロのホーム開幕戦、対FC東京U-23戦を観に行ってました。
いやー寒かった。何につけても寒かった。でも試合は熱い!と思いきやそんなことはなかったぜ。
というわけで今回も観戦記スタートです。まずは前編から。よろしくお願いします。


後編はこちら







前節まで1分1敗で勝ち星のないパルセイロ。対するFC東京U-23も2敗でこちらも勝ち星がありません。不調からの脱出のきっかけとなる勝ち点3がどうしても欲しい両チーム。

そんな両チームの試合を観にUスタまで行ってきました。自転車で。




IMG_1740

IMG_1747

IMG_1748

IMG_1751

Uスタに着くと去年途中からお披露目された巨大バナーが今年はシーズン開始から登場。上のスポンサー枠も全選手埋まってます。


IMG_1754
あけましておめでとうございます。

外周でシーズンチケットとサポーターズクラブ会員証を引き換え、しばらく時間があったのでスタジアムの外をブラブラ。

IMG_1755

長野市の観光PRのためにリンゴが配られ、日本酒が振舞われてました。
(リンゴの味はもう旬が過ぎちゃってるのでお察し)


とにかく寒いので暖房のきいているグッズ売り場に避難避難。
オレンジ会員にはついてこなかったイヤーブックを1000円で購入。ちょっとだけ読んだ導入。時間があればもっと読みたかった胸中。


IMG_1757
入場ー。寒いので入場時間が5分早まったようだ。


IMG_1764
寒いのでJAグリーン長野さんの豚汁(200円)を飲んだ。豚汁は飲み物だ。温かい飲み物だ。


IMG_1759

IMG_1760

IMG_1761

IMG_1762
ホーム入場口には各選手の決意表明があった。

IMG_1763
選手プロデュース弁当。high price




入り待ちは去年終盤からアウェイゲート下に集合になったので注意がいるんですよね。なんか黄色と緑と青のオブジェがあるところ。


入り待ち会場に移動する際にライオーが、いた。彼は確かにそこにいたのだ。

予告されてましたんですけどね。ライオーがユニ着るってことは。


で、チャントを歌いながら入り待ちです。
IMG_1772

IMG_1776

IMG_1777






入り待ちが終わって出ると外にライオーが居ました。こういうのもっと告知したらいいと思うんですけど。まず内輪のファンをもっと増やさないとマスコット総選挙の順位は上がりませんですよ。でもってなんで3なんだぜ。今日が第3節からなのか。それともただ単に3ピースってやつなのか。


あのですね、今日はスポンサーのHOKTO様、長野都市ガス様、みすずコーポレーション様、八幡屋磯五郎様のコラボレーションによるキノコ汁の振る舞いっていう催しがあったんですよ。で、12時開始だったんですけど入り待ちが終わって20分くらいになってもフツーにありました。Fooooooo!!!!!!!!
IMG_1788
縦でごめんなさいね。横になって見てください。
これが本当に美味しいので皆さんにも食べていただきたい。できれば1万食位用意してほしい。そうしたら私が20食位食べるので。ふふふふふ。





本日のスタグルタイム

IMG_1795
①「なから」さんのスタジアムスパゲッティ。略して「スタスパ」。
今回食べたのはそのナポリタン味。ソースを絡めていただきます。
味は王道のナポリタンそのものです。麺もアルデンテで美味しいし。
チーズをかけていただいても美味しいと思うな―。


IMG_1791
②JAグリーン長野さんの「雪中貯蔵リンゴ」。
まあもう旬は過ぎてるから味もそれなりの味なんですけどね。たぶん来週か再来週で終わりかな。でもこのボリュームで200円はお得だと思います。

ていうか今年のスタグルにご飯もの少なくないですか。プロデュース弁当とおにぎりぐらいしかないじゃないですか。もっと丼物を開発してプリーズ。私たちは炭水化物が食べたいんだ。白いご飯が食べたいんだ。「まずは白米ありき」なんだ。伝えたいのはそれだけだ。




そして今年もありますパルセイロTV。まずはホーム開幕戦恒例の福男選び(ピッチを一周は知る)をしつつ(1位にはサイン入り2017公式球と#10宇野沢選手が書いた「福」の色紙が送られていた)、決起集会という名の応援練習へ。

IMG_1792
ラインダンスとかタオル回しなどした。


IMG_1798
その後ライオーがゴール裏にやってきてマスコット総選挙のお礼を。
YES/NO以外の意思表示ができるようになって、また一つ階段を上ったぞ。次はスケブだ。スケッチブックを活用しよう。


パルセイロTVも終わり、寒さに耐えながらしばらくボーッと過ごしているとGKのピッチ内アップが始まりました。


IMG_1802

IMG_1804

続いてフィールドプレーヤーの入場だー。

IMG_1806

IMG_1807

IMG_1811

IMG_1814

IMG_1816


IMG_1817

IMG_1818
FC東京U-23スタメン
今回はオーバーエイジ枠は#22山田選手だけですかね。今年で24になるからオーバーエイジ枠になったんですよね。正直もっとオーバーエイジで名の知れた選手が出てくると思ってたけどそんなことはなかった。それと#42佳史扶選手はカシーフって読むんですね。まあ言われてみればそうか。



ピッチ内アップも終了し、パルセイロのスタメン発表です。今シーズンのスタメン発表ムービーはどうなってるかなー。

IMG_1821 - コピー

IMG_1822 - コピー

IMG_1823 - コピー
今年のムービーはですね、選手たちがパスをつないでいって打ちっ放しのコンクリートをバックに腕組みをするといったものでした。なんか刑事っぽさがある。張り込みに臨む刑事みたいな感じ。きっと足元にはコンビニで買ったあんパンとパック牛乳があるのでしょう。


でそんな本日のスタメンがこちら

IMG_E1903

前節から5人を入れ替え、#26遠藤選手、#23堂安選手、#7佐藤選手、#27竹下選手の4人は今シーズン初スタメンです。#3大島選手も出場停止から戻ってきました。ここまで大幅な入れ替えは予想できなかったなぁ。抜擢された選手には結果を残してチャンスをつかんでほしいところです。いや、でした。



そしてホーム試合恒例のリスペクト宣言。写真はないですが「寒いけど熱い試合をしましょう」みたいなことだったと思う。このリスペクト宣言、Jリーグからもいい試みだって褒められてるらしいのでこれからも続けてほしいですね。

IMG_1830

IMG_1832

IMG_1835
選手入場。雪が寒い。
この間に長野市の加藤市長によるキックインセレモニー(始球式)がありました。今年もよろしくお願いします。


IMG_1836

IMG_1839
体冷やすなよぉぉぉぉ

IMG_1840
円陣からの...

IMG_1842
前半キックオフ!

試合内容は後編で!!


続く




2018明治安田生命J3リーグ第3節AC長野パルセイロ vsFC東京U-23観戦記後半スタートです!

前編はこちら
前編のあらすじ:寒かった





円陣も解けていよいよキックオフです

IMG_1842
前半キックオフ!

IMG_1844

IMG_1845
うーんこれは…。首を捻ってしまうような立ち上がり。とにかく前へ前へという効果的なパスが出ない。チャレンジングなプレーがない。ボールをもらっても後ろに下げてばかり。もっとアグレッシブでプログレッシヴに行かな点取れへんで。


IMG_1849
危険が危ない


パルセイロは結構前からプレスをかけてたんですけどあんまり効果出ませんでしたね。相手はU-23のチームとだけあって技術がしっかりしてて交わされていたというか。

全然シュートも何も起こらないまましょっぱい内容で前半30分くらいが経過。この間、#8河合選手がCKからのカウンターを止めようとして1枚イエローを受けてました。

IMG_1861

でも30分辺りから少しずつ形は見え始めてきてて。サイドでの連携からシュート1歩手前のところまで行くんですけど相変わらずシュートは全然打てない。サッカーはゴールを多く奪った方が勝つゲームなんだから、もっと積極的にシュート打ってほしかった。前半45分で両チームシュート1本ずつですよ。少ねぇ。

IMG_1863

そんなままシャキッとしない前半が終了しました。正直点取られんで折り返せただけで上出来みたいな。そんな感じの前半でした。33分ぐらいにバイタルエリアで横パス奪われて危ないってシーンもありましたもん。体をぶつけたおかげで相手のシュートが弱くなって助かりましたが。
正直、前半だけなら今シーズン最悪かもと思った前半でした。前節まであった推進力が影も形もなくなってたからね。もっと相手のゾーンが曖昧になっているところを突くクリティカルなパスを出さないと。





IMG_1867
そして、後半に突入。パルセイロは#26遠藤選手に替えて#20都並選手を投入。前半は#26遠藤選手の左サイドを狙われてましたし、そもそもポジションが外に開きすぎてたし、上がる回数も少なかった。#21小澤選手にもっと中絞れって怒られてたもんなぁ。多分次に出るとしたら天皇杯の県予選決勝だと思うので、その時は汚名返上目指してがんばってください。


IMG_1868
そして後半キックオフ。


IMG_1871

後半になるとパルセイロは見違えたようにグングン前に出るようになります。浅野監督のカミナリでも落ちたんですかね。前方向へのパスが増え、相手陣内の深いところまで侵入できるようになります。
後半9分には相手のパスをカットした#30萬代選手から中の#27竹下選手にクロスが送られましたが、#27竹下選手のシュートはブロックされるという惜しいシーンもありました。


IMG_1873


そんなこんなで攻勢を強めていった結果、それが得点に結びつきます。右サイドから#19三上選手のフリーの状態で送ったクロスが相手キーパー#30廣末選手の頭を超えてゴールに吸い込まれ、パルセイロが先制に成功します#19三上選手は試合後のインタビューで「狙い通りです」と言っていた。たぶん嘘だ)。まあ前半にはクロスの本数も少なかったですし、ゴール前にボールを送れば何かが起こるという事ですね。再現性は低そうだけど点は取れればいいんじゃ取れれば。

IMG_1874
キーパーの頭上を越えて...

IMG_1875
ゴール!!!

IMG_1878

このまま攻めて2点目を奪いに行きたいパルセイロでしたが後半19分#8河合選手が2枚目のイエローカードで退場。パルセイロは数的不利に陥りました。ここ遅らせることはできてたし、そんな急を要するシーンではなかったと思うんですけど、痛かったですね。この後大体攻められてばっかりでしたし。まさに”誰かがいない千葉"よろしく"誰かがいない長野"。もう反則ポイントは3試合目で早くも2桁言ってるんじゃないんですかね。とりあえずヒャッハーなカードコレクターぶりは早いとこ改めてほしいところです。シーズンが進むにつれてボディーブローのようにじわじわ効いてくるぞ...。

IMG_1880

そこからはもう防戦に次ぐ防戦。#8河合選手がいなくなった左サイドには#27竹下選手がスライドすることで対応していましたが、やはり1人少なくなるとセカンドボールが拾えなくなり、決定打こそ与えなかったもののだいぶ殴られました。#51リッピ・ヴェローゾ選手のドリブル突破は脅威でした。後半もアディショナルタイムを入れると30分近く残っていたので、いつ失点するかとハラハラしてました。「早く終われ」ってばっかり思ってましたね。学校の授業みたいに。

IMG_1882

でもチャンスもいくつかありまして。#30萬代選手がCKを獲得したり、そのCKから#30萬代選手がニアサイドから枠内にヘディングシュートを放つも#30廣末選手のファインセーブにあったり。終了間際にも#30萬代選手がロングシュートを放って、一瞬入ったかと思ったけどキャッチされたり。


IMG_1883
入場者数は3,839人。この悪天候でアホみたいに寒い中じゃ割と入ってる方かな。
入場者数3000人の要件がJ2昇格要件から削除されるのって今年からでしたっけ。だとしたら入場者数を気にする必要はなくなりますね。3000人は一つの目安という事に。
でも、今年は平均5000人を目指したいなと思うところではあります。



まあチャンスがあったとはいえ、基本的には殴られ続けてたんですけど。浅野監督は中盤を安定させるために#27竹下選手に代えて#22國領選手を投入。#22國領選手は今シーズン初出場ですね。#22國領選手はボランチの位置に入り、左サイドには#23堂安選手がスライドしました。#22國領選手の投入によりセカンドボールが拾えるようになってボールポゼッションも少しですが回復したのかな。そんなに長くは続かなかったですが。

シュートをバンバン撃たれるんですけど、枠の外か#21小澤選手の正面で。今日は#21小澤選手の目に見えるようなファインセーブはほとんどなかったんじゃないかな。DFがちゃんとコースを切ってたからですね。あとは相手の問題も少しはありますが。


IMG_1890
炎上

IMG_1894
そのまま追いつかれないまま何とか#19三上選手の挙げた1点を守り切って試合終了。今シーズン初勝利となり、勝ち点4で順位は7位まで上がりました。FC東京U-23は3連敗で変わらず最下位のままです。

IMG_1897

IMG_1898
#19三上選手と浅野監督のヒーローインタビュー
#19三上選手の時はインタビュアーのマイクが入ってなかった。
浅野監督はインタビューの時に目に光るものが見えた。


写真は撮ってないですけど、今年からボランティアの人数がビジョンに発表されるようになったみたいです。今節は62人だったかな。いつもありがとうございます。



勝ったとはいえ反省の余地の大きい試合でしたね。最初から前半はゆっくり入って後半勝負ってプランがあったとしてもあの前半は正直ない。相手陣内に入ってパスを受けた選手が軒並み足を止めて、周りを見てからパスを出してるから、その間に相手の陣形も整っちゃって、結果的に出すところがなくなり下げてしまうの繰り返し。もっとサポートを早くして球離れをよくしてほしいです。雪だから寒くて体が動かないってこともあったとは思いますけど、それでももうちょっと早く攻撃してほしかったなあ。特に前半は。

でも、後半の#8河合選手が退場するまでは割といい攻撃をしてたかなと。前半にはあまりなかった追い越す動きが後半にはあった。そうやって後ろからどんどん人が出てくると相手も混乱するので、これは次節も継続してほしいです。勿論リスクマネージメントを万全にした上で。

あとはやっぱり不用意なカードを貰わないこと。#8河合選手の2枚目のイエローは防げたと思いますし、#30萬代選手も審判への異議でカードをもらって早くも3試合で累積2枚目。異議は本当にやめてくれ。異議でカードが出ると反則ポイントが通常イエローの1ポイントに加えてもう1ポイント反則ポイントが加算されるし、反則ポイントが溜まりすぎるとクラブに罰金が科されるんだ。自分の感情をコントロールできればこの手のカードは防げると思うので、マジによろしくお願いします。


他の会場では盛岡が今シーズン初勝利を上げたり、2連勝同士の琉球と鳥取が引き分けたり、昨年優勝の秋田が早くも2敗目を喫していたり、相模原と沼津との試合が雪で中止になったりしていました。J3第4節は早くも今週末の25日に開催。パルセイロは休み番で試合はありません。3連戦の最後で疲れてるこのタイミングでの試合なしは嬉しいところですが、正直、中日の今節に試合がない方がよかったと思わないでもないです。今節の休み番は群馬でしたね。うらやましい。

パルセイロの次の試合は現在勝ち点3で9位のギラヴァンツ北九州が相手。ホームUスタでの開催で、去年の最終節に対戦した時は1-1のドローだったのでその借りを返したいところです。#8河合選手が出場停止なのは痛いですが、たぶん#9津田選手をはじめけが人も複数人復帰してくるんじゃないかと。1週空きますしね。北九州もJ2昇格のためには負けられないという高いモチベーションを持って臨んでくるので、それを跳ね返してやりましょう。目指せ連勝。











選手コメント(Jリーグ公式)

監督コメント(Jリーグ公式)

2018明治安田生命J3リーグ 第3節の結果(長野公式)

AC長野、幸運な決勝点 ホーム開幕戦(信濃毎日新聞)


最後に、パルセイロレディースはなでしこリーグ開幕戦、アルビレックス新潟レディースに2-1で逆転勝ち。開幕戦を白星で飾りました。やった。来節は女王ベレーザが相手ですけど、ホーム開幕戦ですし、サポーターの声援という後押しを受けて頑張ってほしいです。こちらも目指せ連勝。



おしまい


FLCL Original Sound Track No. 03
the pillows
キングレコード
2005-06-08

このページのトップヘ